2019年05月24日

5月夜間教室より「朝顔」


5月24日の夜間教室は朝顔の後半で、抽象的な表現を学びました。

「円」で描いた朝顔は、琳派のアーティストらの作品にも見ることができます。
「写実」ではなく、装飾化、図案化した表現です。

水墨画で描いた「円」の朝顔は、それをさらに単純化した究極のシンプル。
例えば、骨組みの凹凸のある団扇に描く時に、最も成功率の高い花かもしれません。

asagao0.jpg



テキストのお手本は、幾筆かで楕円を形作る描き方です。
抽象化した表現は、筆勢や強弱などが絵の躍動感を生み出します。

特にツルの動きは、躊躇せずに大胆に描けたら、絵が生き生きしてきましたね。

ただ、やりすぎてうるさくならないように注意しましょう。

asagao4.jpg

asagao3.jpg

asagao2.jpg

asagao1.jpg



来月は通常通り6月28日で、教科書「いろいろな花を描く」の最後の画題「薔薇」です。





タグ:水墨画教室
【京都烏丸夜間教室の最新記事】
posted by MASUI at 23:30| 京都烏丸夜間教室

2019年05月23日

GREEN


新緑が美しい季節になりましたね。


green2.jpg


green1.jpg


green6.jpg


green5.jpg


green7.jpg


green4.jpg



ちょうど今、京都、徳島、すべての教室でテキスト「いろいろな花を描く」を学んでいます。

テキストには、カリキュラムにない藤・蓮・アザミ・睡蓮などが参考として紹介されています。(藤・蓮は上級クラスで)

アザミは葉に特徴がありますが、花の部分は比較的シンプルな描き方ができるので、初心者向きの画題とされています。
テキストには描き順の画像も掲載されています。

花が咲き始めていますので、見かけたら観察してみてください。




タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 12:03| トピックス

2019年05月19日

「椿」を水墨画で

5月26日の烏丸日曜教室は「椿」です。

先月の花菖蒲よりは身近で見ることができる花ですし、お花の構造も葉の形状もシンプルです。

すでに椿の季節は終わっていますが、京都の知る人ぞ知る椿の名所で「椿寺」とも言われる「地蔵院」には『五色八重散椿』という名木があります。

この木は、安土桃山時代に朝鮮に出兵した加藤清正が持ち帰ったのを豊臣秀吉に献上し、それを北野大茶湯の際に秀吉が地蔵院に献木した、という歴史があり、京都市の指定天然記念物に指定されているそうです。



ところで、写真は椿ではなく山茶花なのですが

みなさん椿との見分け方はわかりますか?


sazanka.jpg





タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 21:12| 京都烏丸日曜教室

2019年05月18日

黄菖蒲


智積院の黄菖蒲です。

もうそろそろ見頃が終わりに近づいてきました。

kishoubu1.jpg

kishoubu4.jpg

kishoubu3.jpg


若い花が寿命を終え、新しい蕾に交代している様が観察できます。

ちょうど2センチ以上もあるあ秋なクマバチが蜜を吸いにやってきてました。



もうすぐ花菖蒲、紫陽花の季節に移りますね。




posted by MASUI at 12:29| トピックス

2019年05月17日

第19回国際墨画会展


『第19回 国際公募 国際墨画会展』

DMが届きました。今月の各教室で配布します。

2019DM.jpg


会期:2019年6月12日(水)〜6月24日(月)
   10:00am〜18:00pm
(入館は17:30まで。最終日の入館16:30まで)火曜日休館


会場:国立新美術館 展示室3A (地下鉄乃木坂駅直結) 入場無料


主催:一般社団法人 国際墨画会


後援:外務省・文化庁・東京都・朝日新聞社
   フジサンケイビジネスアイ
   国立中国美術学院・新華江南詩書画院・中国西泠印社



会場内で水墨画の無料体験コーナーがあります。
どなたでもお気軽にご参加できます。

13:30ー14:14 / 14:30ー15:15 /
15:30ー16:30(15,16,23日のみ)
※最終日は初回のみ


日本、アジア、ヨーロッパ、オーストラリア、南北アメリカ、アフリカ、、、世界中から集結した作品は大変見応えがあります。
ぜひお運びくださいませ。



タグ:展覧会
posted by MASUI at 14:30| トピックス

2019年05月16日

朝顔を抽象的な描き方で


5月24日の夜間教室は「朝顔」の後半です。

花を円や楕円などで、葉を極限まで簡略化した抽象的な表現で描く方法を紹介します。

写真は円で描かれた朝顔で、尾形光琳の弟、尾形乾山によるもの。
陶芸作品の数多くは重要文化財に指定されています。


asagao_kenzan.jpg


先月の没骨法はみなさん苦戦してましたが、今月の描き方はシンプルで、描いてても楽しいです。
凹凸のある扇子や団扇にも簡単に描けるので、ぜひオリジナルの扇子や団扇を制作するときの参考にして欲しいです。






タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 13:17| 京都烏丸夜間教室

2019年05月15日

お問い合わせをくださる皆様へ


教室の見学・1日体験を希望され、メールをくださる皆様


2019年5月現在、麻水水墨画教室は3箇所で開講しております。

<京都市>
・烏丸教室 
ウィングス京都 第4日曜日13:00〜17:00

・烏丸夜間教室 
ウィングス京都 第4金曜日18:30〜20:30

<徳島県阿南市>
・徳島阿南教室 
阿南市文化会館(夢ホール)第1日曜日 14:00〜16:00


どの教室で見学・1日体験を希望かをお書き添えください。




烏丸・烏丸夜間教室は、現在満席になってしまい新規募集を一時保留していますが、状況は変化しますので随時お問い合わせください。


タイミングによっては1日体験、または入会のご案内ができるまでお待ちいただくことになりますが、状況が変わり次第メールをいただいた順番にご案内を差し上げています。




皆様からメールをいただいたら、必ず現状をお知らせする返信をしています。
1週間以上経ってもこちらからのメールが届かない場合は、お手数ですがお電話番号をお書き添えの上、再メールをお願いします。


その他の詳細は、カテゴリーの「教室の見学・体験について」の記事をご覧ください。


なお、土曜日の夜間に新しく教室を開設するかどうか検討中です。
ご興味のある方はメールいただけるとありがたいです。





よろしくお願いいたします。


bamboo.jpg











タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 19:35| 教室の見学・体験について

2019年05月14日

6月のワークショップ


MASUI×GACCOH 水墨画ワークショップ 第五十四回
「うちわに描く・朝顔」


蒸し暑い梅雨が近づきつつあります。
キンキンの冷房が苦手な方、今年はオリジナルのうちわを作ってみてはいかがでしょう。

骨組みの凹凸がある紙面に描くので、円で描くシンプルな朝顔をピックアップしました。
初心者の方も安心してご参加ください。


asagao_fan1.jpg


asagao_fan2.jpg


【日時】2019年6月1日(土)

前半 12:30〜14:30
後半 15:00〜17:00
※前半、後半、ご希望の時間帯にご参加ください。



【会場】京都出町柳 GACCOH(京阪電車「出町柳駅」2番出口より徒歩5分)
【参加費】各回一般:2,500円 / 高校生以下:1,500円 
(材料費込み。道具もこちらでご用意しておりますので特に必要な道具はございません。)

参加ご希望の方は、こちら申し込み専用のサイトからチケットを購入してください。


gaccohmap.jpg





posted by MASUI at 14:49| GACCOHワークショップ

2019年05月11日

「円窓に描く・燕子花」


5月11日のワークショップは「円窓に描く」の第2弾で、画題はカキツバタでした。

iris_ws1.jpg


今月も、水墨画初体験の方が5名も来てくださいました。
初めて描く画題にしては、カキツバタはややハードルが高いかもしれない、と心配しましたが、お世辞抜きに本当に素敵に仕上がっていました。


iris_ws2.jpg

iris_ws4.jpg

(写真ピンボケでごめんなさい)



しかし、やはり、立弁・雌しべ・花弁の構造的なバランス、サイズ感などを迷っていた方がいらっしゃったように思います。

今、カキツバタは真っ盛りです。
是非とも観察しに行ってみてください。


さて来月は6月1日で「団扇に描く・朝顔」です。
今年の夏のお供に、オリジナルの団扇を作ってみてはいかがでしょうか?




posted by MASUI at 21:18| GACCOHワークショップ

2019年05月10日

氷室の池


勧修寺の氷室の池に咲く燕子花・黄菖蒲が見頃となっています。

氷室の池は、平安時代に1月2日にここに張った氷を宮中に献上してその厚さによって五穀豊穣を占ったと言われています。
人の手によってデザインされた景観というよりは、自然の雰囲気をそのまま残しているのが居心地よく、あちこちから野鳥のさえずりが聞こえてきます。

私は冬にしか行ったことがなかったのですが、今の時期もとてもいい感じ。
燕子花や黄菖蒲が、手の届く距離で観察できます。
今週末にお時間のある方は、まさに今がピークだと思いますのでお勧めします。


kajyuji1.jpg

kajyuji2.jpg

kajyuji3.jpg

kajyuji4.jpg

kajyuji5.jpg

kajyuji6.jpg

kajyuji7.jpg







posted by MASUI at 16:52| トピックス