2016年08月29日

テキスト「基礎」より

8月28日の京都烏丸教室は、カリキュラム1に戻って
テキスト「基礎」の中から、主に、筆・紙・墨など道具について、
そして、水墨画に用いられる主だった技法についてご説明致しました。

kisotext.jpg

テキスト1の冒頭は『水墨画とは』という文章から始まりますが
水墨画を学ぶことは、この『水墨画とは』とはなんぞや?
そのことを作品にどう表現できるかを、全カリキュラムを通して、、、
というより一生かかって勉強することなのかもしれません。

授業の前半では、基本の蔵鋒・露鋒の運筆と三墨法でグラデーションを作る練習、
二層画仙紙・中国単宣・楮紙・麻紙などのサンプルをお配りし、
墨色や効果の違いを確かめていただきました。

botansample.jpg


後半では、線描きの練習として「鳥獣人物戯画」の模写にトライしていただきました。
短い時間内では十分練習できなかったと思います。
ぜひご自宅でも練習してみてください。

choujutext.jpg


本日からは、新しく3人の方がメンバーに加わり、体験に来られた方も早速来月から参加したいとのご意向がありました。最初のカリキュラムに戻りましたので、気持ちも新たに、お互いに楽しく精進してまいりましょう。

どうぞよろしくお願い申し上げます。


<追記>

道具やテキストをまとめ買いされる際には、国際墨画会の通販サイトをご利用になることができます。
チェックしてみてください。




タグ:水墨画教室

2016年08月23日

9月・10月の日程

毎日暑い日が続いておりますが皆様お変わりありませんか?

9月10月の教室の日程は通常の通りです。

9月25日(第4日曜日)会議室11
10月23日(第4日曜日)会議室11


今月8月28日(第4日曜日)は、カリキュラム1「基礎」です。
2年かけて24カリキュラムが一巡しました。

日曜日の天気予報は「曇り」で最高温度32度となっています。
刺すような日差しからは逃れられそうですが、どうぞお気をつけてお越しください。

kamogawa7.jpg


2016年08月21日

若冲の「烏賊」に挑戦しました。

2016年若冲生誕300年企画、MASUI×GACCOH水墨画ワークショップ第5弾は「若冲の烏賊」でした。

ikaws1.jpg

お手本にした若冲の「烏賊図」は、とてもシンプルで短時間で完成できる画題だったこと
そして、今月8月は夏休み中ということで、これまでで最年少のかわいいお客様が来てくださいました。

ikaws5.jpg

5歳の彼女はとても「吸盤」にご執心だったみたいです。(笑)
お手本などには目もくれず、ご自分の路線を貫き楽しそうに描かれる姿はさすがです。

ikaws2.jpg

ikaws3.jpg

本日は、「三墨法」と「筋目画き」がメインの技法でしたが、皆さん紋甲イカとスルメイカはあっという間に仕上げられたので、後半で三墨法を使った竹の竿、葉、朝顔なども練習しました。

ikaws4.jpg

この日の京都は37度近くまで気温が上がるという猛暑の日曜日。
バルセロナから京都入りされているお客様が2組参加されるという偶然もあり、
通訳の方や見学の方も合わせて賑やかなワークショップになりました。
暑い中お越しいただき、楽しんでいただきまして有難うございました。

さて、来月は9月18日(日)で画題は「ブドウ」です。
次回も「筋目画き」がメインの画題です。


posted by MASUI at 08:35| Comment(0) | GACCOHワークショップ

2016年08月17日

『京都・美の系譜』

『きらめきを伝える 京都・美の系譜』
ー京都市美術館コレクション展ー

平成29年から、京都市美術館は再整備工事を控えており、各回テーマを設け公開されてきたコレクション展は、今回の50回をもって一旦終了となるそうです。

今年、竹内栖鳳の「絵になる最初」という作品が国指定重要文化財に指定されるのを記念し、特別に公開されています。
他、3000点を超える収蔵品の中から、100点余りが選抜されています。

今週末8月21日(日曜日)までです。

museumkyoto.jpg


タグ:展覧会
posted by MASUI at 15:18| Comment(0) | トピックス

2016年08月09日

若冲の「烏賊」を水墨画で

MASUI×GACCOH 水墨画ワークショップ 第二十三回「若冲の烏賊(イカ)」

若冲の水墨画には、とてもユーモラスでかわいい作品があります。
そんなモチーフのひとつが「イカ」。

イカを描くことで、基本の「三墨法」(グラデーションを作る方法)や、若冲の技巧として高名な「筋目画き」を学びます。
簡単に描けるモチーフなので、お子様にも楽しんでいただけます。
ぜひ親子で挑戦してみてください。

jakucyu-ika.jpg



◆日時:2016年8月20日(土 )14:00-16:00

◆場所:京都出町柳 GACCOH(京阪電車「出町柳駅」2番出口・市バス『出町柳駅前」より徒歩5分)

◆参加費:一般:2,500円 / 高校生以下:1,500円  ※夏休み特別価格!(画材費込み 道具はすべてこちらで用意)
小学校低学年・小学生以下のお子様は、親御様とのご同伴をお願いします。

◆参加方法:こちら専用HPの「お申込みフォーム」からエントリーをお願いします。


gaccohmap.jpg





posted by MASUI at 15:40| Comment(0) | GACCOHワークショップ

2016年08月08日

水墨画のための紙

暑い日が続いておりますが、今週から夏休み、という方もいらっしゃるでしょうか?
昨日7日の京都は最高気温が37℃だったそうですが、本日8日は38℃の予報が出ています。

まだまだ暑い日が続きそうですが、夏休みだけど、こうも暑くちゃ外出なんぞしていられない!という方は、ぜひ涼しいお部屋で水墨の練習を!
そして、そろそろ来年の展覧会のための題材を決めても良い時期になってきました。

いや、まだまだ、テーマ選び、、、いまひとつ絞りきれない、、、という方は
今まで描いたことのない様々な紙に描いてみるのも良いかと思います。
教室で学んだ画題でも、紙を変えることによって、まったく違った雰囲気になることがあります。


botan_gasen.jpg

上は画仙紙ですが、教室の和画仙とは違うタイプのもので、筋目は出なく、墨と墨が重なった部分が重色として残ってしまうというクセがあります。
重色部分をうまく活かせるような描き方ができれば効果的ですが、滲みにくいので、少し硬い印象になりやすいです。
逆に、線描きや繊細な描き込みをするモチーフには向いています。

botan_toshi.jpg

次は「唐紙」といって竹の繊維でできている紙です。
デリケートなので破れやすく扱いづらいですが、同じように描いたのに全然違う結果になります。
滲みをうまくコントロールできれば、水墨らしい柔らかな印象になります。

水墨画のための紙は無数にありますので、この夏休みは、自分の感性や描きたいモチーフに合った紙を探してみるのはいかがでしょうか。

さて、次の教室の予定は 8月28日(第4日曜日) 9月25日(第4日曜日)です。

8月からカリキュラム1「基礎」に戻ります。
8月28日前半は、テキストに沿って、紙や道具、基本的な技法の名称などのお話をします。
後半は、線描きの練習として「鳥獣戯画」の一部分を模写します。

タグ:水墨画教室

2016年08月01日

若冲生誕300年 京都市展覧会

2016年 京都市内で開催される伊藤若冲関連の展覧会です。

<細見美術館>平成28年6月25日(土)〜9月4日(日)
<相国寺承天閣美術館>平成28年7月1日(金)〜12月4日(日)
<京都市美術館>平成28年10月4日(火)〜12月4日(日)
<京都国立博物館>平成28年12月13日(火)〜1月15日(日)

flyer1.jpg


flyer2.jpg


相国寺承天閣美術館では、京都便利堂さんによるコロタイプ印刷の複製で「動植綵絵」30幅と、相国寺所蔵の「釈迦三尊像」が展示されると話題になっていますが、私が行った時はちょうど、観光バス2台分の団体とぶつかってしまいました。
そういうことがなければ、ゆったり拝見することができると思います。

12月まで開催していますが、紅葉の季節は混雑するかもしれませんね。




タグ:展覧会
posted by MASUI at 13:06| Comment(0) | トピックス

2016年07月25日

自由な風景画を描く


7月24日の京都烏丸教室は、24カリキュラムの最終「自由な風景画」を描くでした。
半年かけて、風景画のための様々な表現を学びましたが、7月で総括ということになります。

それぞれが描きたい風景のスケッチや写真を持ち寄り、自由に描いていただきました。

石、草、木、砂、建物、季節感、乾・湿、など、様々な要素を一枚の作品にまとめ上げるためには、調和、あるいはコントラストが必要になってきます。

また、絵の中で何を一番表現したいのか?
ただ目の前の風景を写すだけではなく、「魅力ある見せ方」の工夫が必要になってきます。

スケッチに出かけるには、時間や場所のやりくりが大変ですが
普段から、外出先では、絵にしたらどうなるか?と想像しながら撮影すると良いと思います。

fukei1.jpg

fukei3.jpg

fukei4.jpg

fukei2.jpg


さて、来月は8月28日(第4日曜日)会議室11です。
カリキュラム1に戻り「基礎」から再スタートです。

タグ:水墨画教室

2016年07月22日

正統派朝顔

7月20日の東京千代田教室は「朝顔」でした。
先月は、中国式の洒脱な表現の朝顔でしたが、今月は日本的な正統派表現の書き方です。

chiyoda2016.7_1.jpg


没骨法で描く場合は、穂に水を多く含ませ、水分で滑りを良くして描いてみてください。
力みすぎたり、水分が少なかったりすると、筆が割れてしまって綺麗な花弁が描けません。

chiyoda2016.7_2.jpg


花をたくさん描く時は、横からのアングルのものや蕾も効果的に使いましょう。
テキストのように竹竿を2本描く場合は、長さをアンバランスにしたり、クロスする部分を花でうまく隠すと、全体的な印象は柔らかくなります。


朝顔は、半切や短冊にも無理なく描ける、この季節のオススメ画題です。
暑中見舞いにもいいですね。


タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 09:06| Comment(0) | 東京千代田教室

2016年07月17日

若冲の「鶏」に挑戦しました。

2016年若冲生誕300年企画、MASUI×GACCOH水墨画ワークショップ第4弾は「若冲の鶏」でした。

若冲といえば「ニワトリ」、ニワトリといえば若冲、というくらい代表的なモチーフです。
ニワトリは動植綵絵のような色彩豊かな細密画の方が有名かもしれませんが、
水墨画のニワトリもたくさん作品が残っています。

モノトーンの水墨で描く「若冲の鶏」は、羽根の部位や模様などを、色彩ではなく技法や運筆によって描き分けています。
今回は、水墨画の基本の運筆「蔵鋒・露鋒」、毛羽の表現「破筆法」、「筋目画き」を用いて描いていただきました。

niwatoriws3.jpg

一番の見せ場は、濃墨のアクセントになる「尾」のスピード感ある筆致です。
若冲の水墨画は、淡・中墨の中に、強い濃墨でアクセントやリズムをつけて描かれています。
ただスピードを出せばいいというのではなく、筆の角度、スピードを出すタイミングなども、何回か練習していくうちに、感覚を捉えていただけたのではないかと思います。

「破筆法」は、動物の毛並みを描く時にも使える技です。
ぜひ応用してみてください。

niwatoriws2.jpg

niwatoriws1.jpg


今回も、奈良や兵庫など遠方からもご参加いただきまして、誠に有難うございました。

次回は8月20日(土)、夏休み特別企画として、大人から子供まで簡単に描けて楽しめる「イカ」にしました。
若冲はこんな可愛いゆるキャラ作品も残しています。
親子でのご参加も歓迎です。

posted by MASUI at 12:09| Comment(0) | GACCOHワークショップ