金曜夜間教室・土曜夜間教室は受講者募集中です。

2019年09月19日

没骨法で描く葡萄


9月27日(金) 金曜夜間教室
10月6日(日) 徳島阿南教室


は葡萄の後半です。

先月は「線」で実を描きました。
今月は「面」で実を描きます。


皆さんは伊藤若冲が描いた葡萄の作品を見たことがありますか?
若冲は葡萄を何種類も描いていますが、その中に「筋目画き」を用いいて実を描いているものがあります。



grapejakucyu.jpg
<若冲筆作品の一部分>


今月はこの筋目画きの練習もしたいと思いますので、ぜひ出席してください。



そして、早いもので2019年もあと3ヶ月余りとなりました。
2020年の国際墨画会展に出品したいと考えている方は、積極的にご相談ください。






タグ:水墨画教室
【京都烏丸金曜夜間教室の最新記事】
posted by MASUI at 08:56| 京都烏丸金曜夜間教室

2019年09月18日

10月のワークショップ


MASUI×GACCOH 水墨画ワークショップ
第五十八回「柿と雀」



parsimon2.jpg



ようやく秋の風が吹くようになりました。
もう直ぐ柿が店頭に並ぶ季節になりますね。


スズメは一番身近な小鳥です。
どんな画題とも相性がいいのでトライしてみましょう。



【日時】2019年10月12日(土)14:00〜16:00

 
【会場】京都出町柳 GACCOH
(京阪電車「出町柳駅」2番出口より徒歩5分)
【参加費】各回一般:2,500円 / 高校生以下:1,500円 
(材料費込み。道具もこちらでご用意しております。)
【定員】10名
【お申込み】チケットご購入はこちらからお願いします。

【今後の予定】
11/16(土)、12/21(土)



ご参加お待ちしています。





posted by MASUI at 19:33| 出町柳GACCOHワークショップ

2019年09月15日

『短冊に描く・葡萄』


9月14日のワークショップは「短冊に描く・葡萄」でした。

今月は、麻水水墨画教室とワークショップ、すべての教室の画題が葡萄でした。

ワークショップを開催している「GACCOH」は相国寺から徒歩15分ほどの場所にあります。
相国寺といえば伊藤若冲ゆかりのお寺で、ここにはかつて金閣寺で使われていた、若冲による葡萄が描かれた襖が常設されています。

というわけで、葡萄はGACCOHでのワークショップで定番の画題。
毎年必ず「筋目画きで描く葡萄」をテーマに取り上げています。

今年は短冊にも描いていただきました。
幅が狭く細長い紙面なので、構図が難しかったかもしれませんが
書画洋品屋さんで、そのまま飾れる短冊掛け(掛け軸)販売されているので、ぜひご自分の作品を飾って楽しんでほしいと思います。


grapwtanzaku2.jpg


grapwtanzaku1.jpg


grapwtanzaku3.jpg


grapwtanzaku4.jpg



来月は10月12日(土曜日)で「柿」です。
芸術の秋、ぜひ皆様の参加をお待ちしています。





posted by MASUI at 18:17| 出町柳GACCOHワークショップ

2019年09月13日

秋の果物

夜は秋の風が吹くようになりましたね。
食品売り場には、すでに秋の果物がたくさん並んでいます。

葡萄は品種が増えました。
聞いたことない名前の葡萄が、いつの間にかスーパーの品揃えに加わっていたり。


budou2.jpg


さて、9月22日(第4日曜日)の烏丸日曜教室は「葡萄」です。
ちょうど、金曜夜間教室も「葡萄」のカリキュラムですので
先月お休みして、今月も来れそうにない方は、よろしければ日曜日の教室にお越しください。
座席の都合もあるので、参加したい方はメールをくださいね。



季節の変わり目、夏の疲れが出る頃なので、どなたさまもご自愛くださいませ。



タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 15:02| 京都烏丸日曜教室

2019年09月10日

若冲忌2019

9月10日は伊藤若冲の命日です。
若冲のお墓がある伏見の石峰寺さんで行われる、恒例行事の若冲忌法要に参列してきました。

この時期には、石峰寺さん所蔵の若冲の掛け軸が特別公開されます。
今季は「虎図」をはじめ、鶏、梅、山鳥などの絵10点が公開されていました。

法要のお供えは「果蔬涅槃図」に描かれた野菜たち。


jakucyuki1.jpg


jakucyuki2.jpg


jakucyuki3.jpg


竹林の五百羅漢石仏は、9月3日の落雷による倒木があり、道がふさがっているそうで拝観中止になっています。
復旧状況については、石峰寺さんのサイトで確認してくださいとのことでした。


jakucyuki4.jpg



次回の若冲特別公開は春季になります。





posted by MASUI at 15:39| トピックス

2019年09月09日

徳島阿南教室より「葡萄」


9月8日の徳島阿南教室は、実を鉤勒法で描く「葡萄」の練習でした。
今月と来月で、2種類の葉と実の描き方を学びます。

葡萄はとても古くから栽培されている果物です。
wikipediaによると、なんと新石器時代ごろから野生のブドウを栽培し、それからワインを作っているとの証拠があるのだとか。
日本では鎌倉時代から栽培が始まったそうです。



みなさん、葉の形のバランスをとるのに苦戦していたようですが・・・・


葉は葡萄の品種によって葉の大きさや形状も違うので、作品を制作する時は品種を決めてから描くと、イメージが湧きやすかもしれませんね。



grapeanan1.jpg


grapeanan3.jpg


grapeanan4.jpg


巻きひげの先端に筆記体のお名前が、、、、オモシロイ!!(^_^)

grapeanan2.jpg








来月は10月6日(第一日曜日)です。
時間が13時からに変更になりました。お間違えのないようよろしくお願いいたします。







posted by MASUI at 22:30| 京都烏丸日曜教室

2019年09月04日

動物パラダイス


京都市美術館所蔵品展 『動物パラダイス』

美術館 えき KYOTO JR京都伊勢丹

2019年8月29日(木)〜9月16日(月・祝)

午前10時〜午後8時


animal.jpg


竹内栖鳳、(六代)清水六兵衞、山口華楊、木島櫻谷、今尾景年、皆川月華ら、日本画、洋画、工芸作品46点を展示。


癒されます。  オススメ。





タグ:展覧会
posted by MASUI at 18:18| トピックス

2019年09月03日

水墨画夜間教室


麻水水墨画教室 土曜日夜間教室・金曜日夜間教室の受講募集中!

国際墨画会の認定教室が土曜日の夜間に新しく開講します。


基礎コースなので、初めて水墨画を経験される方がほとんどです。
四君子、花、鳥、山水など24のカリキュラムを学びながら、基本的な筆の使い方、墨や水、和紙の扱いを習得できます。
講師資格取得も可能、年一度の国際公募国際墨画会展への出展もサポートします。


第1回目の9月28日(第4土曜日)はテキスト「基礎」を参照しながら
水墨画の用具について、基本の技法について、学びます。



text.jpg



各教室ともカリキュラムの途中から入会されても支障はありませんが
カリキュラムの最初からスタートできる機会は2年に一度なので
興味のある方はぜひこの機会をお見逃しなく。


【日時】 毎月第4土曜日 午後18時00分〜20時 00分
       ※事情により曜日が変更になる場合があります。

【場所】 ウィングス京都
       京都市中京区東洞院通六角下る御射山町262
       ※ウィングス京都への教室のお問い合わせはご遠慮ください。

【交通】 地下鉄烏丸御池、地下鉄四条駅、阪急烏丸駅より徒歩5分

【費用】 入会金:3,000円、月謝:3,000円



お問い合わせは、当ブログヘッダーの「お問い合わせはこちら」のリンクから

もしくは麻水のサイトの「お問い合わせ」からお気軽にどうぞ。



なお、今まで満席で新規募集を保留していた金曜夜間教室に空席ができました。
こちらも随時募集中です。
金曜教室(第4金曜日18:30−20:30)は9月からカリキュラム「葡萄」になります。




タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 11:25| 京都烏丸土曜夜間教室

2019年09月02日

ICOM京都大会開催記念 特別企画 京博寄託の名宝


幾分暑さが和らいできました。
さすがにもう9月ですものね。
先日の日曜日は、真夏のあいだ足が遠のいていた、京都国立博物館に行ってきました。

icom_kyohaku.jpg

現在京都国立博物館の名品ギャラリーでは、『ICOM京都大会開催記念 特別企画 京博寄託の名宝』が9月16日まで特別陳列されています。

水墨関連では、初期狩野派の名作と称して、狩野正信・狩野元信、そして狩野永徳の『花鳥図襖』の一部(4面のみ)も公開されています。

永徳の『花鳥図襖』は、大徳寺聚光院には複製の襖がはめられているのですが、室内には立ち入ることができず、入り口から斜めのアングルでしか拝観できないため、奥の方などは暗いしよく見えません。
あるべき場所で名作の歴史を感じるのは醍醐味ですけど、照明のある場所で真正面から見ることができるいい機会です。


他には俵屋宗達の『風神雷神図屏風』など。

『花鳥図襖』も『風神雷神図屏風』も国宝です。

京博の名品ギャラリーには、特別展の時期以外でもサラリと国宝や重要文化財が陳列されていることがあります。
入館料も520円ですし、特別企画展よりも混雑していないので、気持ちよく拝観できることが多いです。

ちなみにICOM京都大会開催を祝して、2019年9月7日(土)は無料観覧になるそうです。
チェックしてみてください。





タグ:展覧会
posted by MASUI at 10:15| トピックス

2019年08月29日

8月31日(土)水墨画1日体験

 
土曜日夜間教室 受講者募集中!


受講をご検討中の方に向けて8月31日に体験教室(無料)を予定しています。

まだ若干お席に余裕があります。
用具はこちらですべて用意していますので、手ぶらで大丈夫です。
どうぞお気軽にお越しください。


<日時> 8月31日(第5土曜日) 18時30分より2時間程度

<場所> ウィングス京都 地下会議室11

<内容> 講座の内容や教室の詳細・受講の仕方についての説明、および「竹」を描いていただきます。

<持ち物)筆記用具や、体験で描いた絵を持ち帰るバッグなど
(用具はこちらで簡易的なものをご用意します。)

<対象者>高校生以上

<申し込み>お名前と土曜日夜間教室の1日体験希望とお書き添えの上、メールでお申し込みください。
※ヘッダーの「お問い合わせはこちらから」からどうぞ






saturdauDM.jpg



タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 08:51| 京都烏丸土曜夜間教室