2018年02月20日

2月の烏丸日曜教室

烏丸日曜教室は2月25日(第4日曜日)から『山水』のカリキュラムに入ります。

山水画とは風景画のことで、今月は代表的な樹木や草の描き方を、
来月からは、山、岩、滝、建物、雪景色、、、と続き
風景画によく使われる、様々な表現方法を学びます。

pinetree.jpg


さて、3月25日が締め切りの展覧会作品の相談は、今月の教室が最終になります。
今月欠席で相談のある方は、23日(金曜日)の夜間教室に、20時頃にお越しください。



タグ:水墨画教室

2018年02月19日

2月の夜間教室

2月23日(金曜日)の夜間教室は「風竹」です。
葉を露鋒(側筆)で描く練習もします。

風竹とは、竹(の葉)が風になびいている様子を表現する竹の画題で
風にあおられた変化のある葉を描くことによって、絵に躍動感も生まれます。

風竹といえば、円山応挙の「雨竹風竹図」。

oukyofuchiku.jpg

これは京都圓光寺の竹林をモデルに描かれたそうです。
圓光寺さんのサイトには「円山応挙がよく訪れた竹林である」とあります。

春になったら応挙竹林の散策もいいですね。






posted by MASUI at 09:06| Comment(0) | 京都烏丸夜間教室

2018年02月18日

黄鶯睍v

2018年度のMASUI×GACCOH水墨画ワークショップが2月17日から始まりました。

今年のテーマは「歳時記(七十二候)」です。
2月は『黄鶯睍v』。里山で鶯が鳴き始める頃を言い、今年は2月9日から13日になります。

というわけで、梅の枝にとまる鶯を描きました。

uguisu3.jpg

水墨画では対象物を簡略化して描く場合、いかにその特徴を捉えるかがポイントになります。
梅は、幹はうねうねしていますが、枝は直線的です。
鶯は他の小鳥と比べると頭から背中のラインが平らで、目の両脇に影のようなラインが見えます。


常連の小学生お二人の作品です。
二人とも、「かすれ」を使って枝のカサカサした感じを表現してくださいました。

uguisu2.jpg

生き物を描くと、女子が描かれる絵はやはり女性っぽい可愛らしい顔になりますね。
梅のふっくらした感じを、とても美しく描いてくださった方もいらっしゃいました。

uguisu5.jpg

uguisu4.jpg

梅は、とても難しい画題です。
短時間では満足に練習できなかったかもしれません。
そろそろ梅が咲き始めますので、ぜひ枝ぶりなどを観察しご自宅でも練習してみてください。

そして、東京から見学に来られたお客様も、2時間お付き合いいただきありがとうございました。



来月は3月17日、桜を描きます。




posted by MASUI at 09:55| Comment(0) | GACCOHワークショップ

2018年02月15日

水墨画から彫刻へ

烏丸三条の京都伝統工芸館で京都伝統工芸大学校 卒業・修了作品展が開催中です。

京都伝統工芸大学校は、陶芸・木彫刻・仏像彫刻・木工芸・漆工芸・蒔絵・金属工芸・竹工芸・石彫刻・和紙工芸・京手描き友禅といった伝統工芸の専門知識と技術を学べる大学です。

烏丸日曜教室の佐藤誠也さんは、東京の渋谷教室に通っておられましたが、木彫刻を学ぶために京都伝統工芸大学校に入学し、それを機に水墨画も京都の教室に移籍されました。


佐藤さんの作品は「雲龍」。
水墨画の雲龍図を彫刻で表現するという試みをされています。

sato1.jpg


sato2.jpg

「京都商工会議所 会頭賞」受賞
イタリア出展作品に選抜


素晴らしいですね!
卒業後は、彫刻のお仕事に携わられるそうです。
ご活躍が今から楽しみです。


また、佐藤さんの作品の他にも、たくさんの学生さんたちの力作を拝見することができますので、お時間ある方は是非お運びください。

2月18日までです。


posted by MASUI at 09:38| Comment(0) | トピックス

2018年02月14日

阿南教室より「刷毛で描く竹」

徳島阿南教室、2月11日はうっすらと雪が積もった寒い朝でした。

snow_anan.jpg


今月の阿南教室は、竹のバリエーションの中から、刷毛で描く練習です。

没骨筆での三墨法と考え方は同じですが
刷毛の場合は、もう少しテクニックを加えるポイントがあります。


今月は皆さんの紙の消費具合がいつもより多かったようにお見受けしました。
紙にびっしり練習されてましたね。


hake_anan3.jpg


かなり集中して練習し、お稽古の終わりころには半切2分の1サイズに仕上げられた方もいらっしゃいました。

hake_anan1.jpg

hake_anan2.jpg



jiku_sakai.jpg

上の画像は、昨年の授業で習った「野菜」の作品をご自分で表装された、と
生徒さんが持ってきてくださいました。

裂地は着物の帯を利用されたのだとか。
ご自分で表装もやられるなんて素敵ですね。


さて、来月は「風竹」の練習をします。
第2日曜日3月11日なので、お間違えのないようにお願いいたします。




タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 10:40| Comment(0) | 徳島阿南教室

2018年02月02日

2月の徳島阿南教室

2018年になり、はや1ヶ月が経ちました。
今年は全国的な寒波に見舞われ、暖かい徳島でも雪が降り寒い日が続いているようですが、みなさまお変わりございませんか?

snowcameria2.jpg


阿南教室では烏丸夜間教室と同じく、新年から「竹」の授業が続いております。
今月は第一ではなく、第2日曜日の2月11日なので
お間違えのないようにお願いします。

先月は、筆を使っての基本的な「竹」の描法を練習しました。
体験イベントで描いていただいた描き方の復習、そしてさらに詳しく、、、
といった内容でした。

今月は、刷毛を使って竿を描く練習をします。
忘れずに刷毛をお持ちください。


ちなみに、2016年に鳴門の渦潮を描いたのですが、これもほぼ刷毛で描いています。

naruto.jpg


刷毛は、今月の授業のほかにも、大きな紙に描く際にいろいろな使い方ができますので
ひとつ持っておくと便利です。


タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 15:37| Comment(0) | 徳島阿南教室

2018年01月29日

京都伝統工芸大学校第22回卒業修了制作展

烏丸日曜教室に在籍し、京都伝統工芸大学で彫刻を学んでおられる佐藤さんより告知です。

DMkougei.jpg


『京都伝統工芸大学校第22回卒業修了制作展』

2018年2月10日(土)〜18日(日)
時間:10:00〜18:00 ※10日(土)・16日(金)・17日(土)は20:00まで開館!
会場:京都伝統工芸館 入場無料
   京都市中京区烏丸通三条上ル 
   京都市営地下鉄烏丸線「烏丸御池」駅下車E番出口すぐ

さらに詳細はこちら京都伝統工芸大学のサイトをご覧ください。


佐藤さんは水墨の雲龍図を木工彫刻作品で表現するそうです。
お時間ある方は是非お運びください。


posted by MASUI at 09:50| Comment(0) | トピックス

1月日曜教室「カニ・エビ・イカ」

1月28日の烏丸日曜教室は魚介類の後編でした。

tenaga1.jpg

iseebi.jpg


前半でカニ、イカを、後半でエビ3種類の練習をしました。
どれも簡単に描くことができ、お子様にも親しみを持っていただける画題です。
自宅で水墨画家族教室を開催しても楽しいのではないでしょうか。

しかし、シンプルであればあるほどバランスが難しかったりします。
伊勢海老が食卓に上がることがあったら、ぜひ食す前にスケッチをしておきたいものです。(笑)


イカ、、、柔らかい墨色とにじみで、海中を漂っている雰囲気に描いてくださいました。

ika1.jpg


やはり生き物なので、描き手のキャラクターが反映されているようなのもいいですね。

ika2.jpg


さて、来月2月25日からは新しいカリキュラム「山水」に入ります。
山水の授業の最後には、ご自分のスケッチをもとに作品を仕上げていただくので
今のうちに冬景色を写真に収めておくのも良いかと思います。



タグ:水墨画教室

2018年01月28日

夜間教室「刷毛で描く竹」

1月26日の烏丸夜間教室は、刷毛で描く「晴竹」の練習をしました。

bamboohake.jpg


刷毛の両端を濃く、内側に向かって徐々に薄くなるように墨色を仕込むことで
描いた時に両側が濃くなる、「両隈」の竿を描くことができます。

刷毛にキレイなグラデーションを仕込むのは、慣れるまでは難しいですが
そこさえクリアできれば、大きな竹でもどんどん描けます。

bamboohake2.jpg


bamboohake4.jpg


「もっと描きたい〜」

とおっしゃってたTさん。

時間内に作品を仕上げてくださいました。

bamboohake3.jpg

そう、この「刷毛で描く竹」はクセになります。

描き始めると、面白くてやめられなくなります。


次はぜひ、ご自宅で半切などの大きな紙に描いてみてください。






タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 20:24| Comment(0) | 京都烏丸夜間教室

2018年01月26日

宝蔵寺寺宝展 & 若冲生誕会


宝蔵寺寺宝展 & 若冲生誕会

平成30年2月3日(土)〜2月8日(木)
参拝料: 500円(中高生300円)
拝観: 午前10時〜午後4時まで(受付は午後3時30分まで)
お問い合わせ: 075-221-2076 (受付時間:午前10時から午後4時)


伊藤若冲の誕生日に当たる2月8日に合わせ、「生誕会」と「寺宝展」が開催されます。
宝蔵寺さんは、伊藤家の菩提寺で若冲が建立したお墓が残っており
現在は一般の方が参拝しやすい場所に移され整備されています。
若冲の「髑髏図」や若冲の弟・白歳、弟子の若演の作品など15点が公開されるそうです。

hozoji.jpg




posted by MASUI at 09:04| Comment(0) | トピックス