2019年07月19日

薔薇の花_後半


rose3.jpg



今月の金曜夜間教室 7月26日
来月の徳島阿南教室 8月4日


ともにカリキュラム「いろいろな花を描く」のラスト、薔薇の後半です。

前回よりも更にシンプルにデザイン化された描き方を練習します。
ポストカードや小さな色紙などにも似合う描き方なので、ぜひ覚えて活用してください。



ところで、今週は強烈な湿気でしたね、体調を崩されてませんか?
来週の週末頃は梅雨明け間近かもしれませんね。




タグ:水墨画教室
【京都烏丸夜間教室の最新記事】
posted by MASUI at 22:00| 京都烏丸夜間教室

2019年07月18日

横山華山展


『横山華山展』

京都文化博物館 2019年7月2日(火)〜8月17日(土)

kazan.jpg


横山華山は、江戸時代後期に京都で活躍した絵師で,幼少の頃から曾我蕭白の絵に触れて独学したそうで、同じテーマの蕭白の絵と並べて陳列されていた作品がありました。
また岸駒に入門したこともあり、虎の絵も展示されていました。
全体的には風俗画・人物画・山水画が多かったです。

ポスターになっているのは、30mにおよぶ晩年の大作《祇園祭礼図巻》。


華山の多彩な画業を系統立てて紹介する初めての回顧展だそうです。


タグ:展覧会
posted by MASUI at 17:44| トピックス

2019年07月16日

7月21日の補講


祇園さんの前祭の山鉾巡行が明日ですね。明日は暑くなりそうです。

私はまだ山鉾の絵は描いたことがありませんが、祇園祭をテーマに水墨画を描くのも京都らしくていいですね。


naginataboko2.jpg


さて、今週の日曜日7月21日の補講ですが、まだ2名分お席が空いているので受講希望の方はご連絡ください。

7月21日(第3日曜日) 13時から17時 4階 会議室7

・13時から「葡萄」鉤勒法・没骨法の説明
・14時から「野菜1」椎茸・蓮根・唐辛子・蕪・大根・ラディッシュ・麦の説明


金曜夜間教室は8月、9月に「葡萄」の授業があります。
過去に「野菜」の授業を欠席された方や、葡萄の授業に出席できそうにない方、この機会をご活用ください。

日曜教室で授業を取り逃がした方だけでなく、受講済みだけどもう一度復習したいという方もどうぞ。


国際墨画会の講師資格規定は、1カリキュラムにつき3時間以上の受講が必須になっています。
したがって、補講で2カリキュラム同時開催の場合は、どちらか一つが「受講済み」となります。

2度目の受講の方はすでに単位をクリアできているので、補講では2カリキュラムとも自由にお稽古してください。

通常の教室では、自宅で描いてきたものを見せていただければ、いつでも添削しますので遠慮なくお申し出ください。











タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 13:13| 京都烏丸日曜教室

2019年07月14日

[団扇に描く・カニ」


7月13日のワークショップは、「団扇に描く」のパート2でカニを描きました。

utiwakani1.jpg

カニの甲羅は三墨法で筆を倒して、脚は筆を立てて描く練習です。


甲羅の描き方は何通りかありますが、今回の描き方は団扇の骨の凹凸にも比較的対応しやすい描き方でした。
初参加の3名の方たちもすぐに筆の使い方に慣れたようで、時間内に団扇を仕上げてくださいまいした。



utiwakani2.jpg


utiwakani3.jpg


ここ数日はやや梅雨寒の気温が続いてますが
ぜひ、ご自分の団扇でこの夏を楽しんでくださいね。


さて、次回8月18日(日曜日)は「色紙に描く・金魚」で、色紙の練習帳に仕上げたいと思います。

いつもと違って日曜日になります。
時間も14時から16時の1回のみの予定です。




posted by MASUI at 10:31| GACCOHワークショップ

2019年07月09日

土曜日夜間教室の受講者募集


土曜日に夜間教室を新たに開講する準備をしています。


wings.jpg

現在夜間の教室は毎月1回、第4金曜日の夜間(18時30分〜20時30分)に講座を行っておりますが、新たに土曜日の夜間(月一回18時〜20時)講座を開設したいと考えております。




・金曜日の夜は仕事が忙しい

・昼間に用事を済ませ、余裕を持って夜のクラスに参加したい

・昼間は京都の文化財や美術館などを巡り、夜は講座を受けたい

・土曜日に仕事が終わってから参加したい


など、土曜の夜の2時間を有効的に使いたいとお考えの方もいらっしゃると思います。


会議室をお借りしているウィングス京都は、阪急烏丸駅、地下鉄四条駅、御池駅からも徒歩5分〜7分で、
京都市のほぼ中心に位置することから「へそ石」なるものがある『六角堂』のすぐ近くです。
また近年では次々にスイーツショップやパン屋さんなどがオープンし、話題のエリアにもなっています。

この機会に水墨画を習ってみたい方は、ぜひ1日体験と説明会にご参加ください。





<日時> 8月31日(第5土曜日) 18時30分より2時間程度
<場所> ウィングス京都 地下会議室11
<内容> 講座の内容や教室の詳細・受講の仕方についての説明、および「竹」を描いていただきます。
<持ち物)筆記用具や、体験で描いた絵を持ち帰るバッグなど
(用具はこちらで簡易的なものをご用意します。)
<対象者>高校生以上



room11.jpg

定員に達し次第、受付を締切ります。
(受講希望者の人数如何によっては、日程を延期する可能性があります。)



皆様のご参加をお待ちしています。








タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 12:05| 教室の見学・体験について

2019年07月08日

7月阿南教室より「薔薇」


7月7日の徳島阿南教室は「薔薇」の前半で、穂先を中心に向けの運筆や葉の描き方を練習しました。

rose3-6.jpg


テキストのお手本を練習した後、薔薇の花や蕾の数・構図をアレンジして小作品を仕上げてくださった方もいました。

rose3-7.jpg

rose3-8.jpg

rose3-9.jpg


rose3-10.jpg



薔薇の種類には、黄色、オレンジ、ピンク、と様々なものがあるので、顔彩を使う場合は色々と試して楽しんでみてください。



先月に練習した「円で描く朝顔」を団扇に描いてきてくださった方、おうちで使うだけではなく、外出先にも持ち出してぜひお披露目してくださいね。 (^_^)V


asabaofananan2.jpg


asabaofananan1.jpg


徳島阿南教室はまだお席がありますので、随時受講生を募集中です。
今月はお一人が体験にお越しになり、来月から入会されることになりました。
ご興味のある方はどうぞお気軽にお問い合わせください。


来月は8月4日(第一日曜日)で、薔薇の後半です。
今月より更にシンプルな描き方を練習します。





posted by MASUI at 19:55| 徳島阿南教室

2019年07月03日

アジサイいろいろ


雨が続きますね。
梅雨入りしてからものすごい湿気で、体調を崩している方もいるので
どうぞみなさんご自愛ください。


今日は京都府立植物園で撮影してきたアジサイの写真をアップします。






アジサイは柔らかい中間色のイメージがありましたが、
濃く鮮やかなピンクの紫陽花もありました。


ajisai23.jpg


ajisai25.jpg





ガクアジサイにも、いろいろな種類があります。


ajisai24.jpg


ajisai22.jpg


ajisai21.jpg


ajisai27.jpg



アジサイはボリューム感のある花なので作品映えします。
6月24日に閉幕した国際墨画会展にも、アジサイの作品が数展出品されていました。


ちなみに今年の展覧会の入場者数は11133人、特設会場での水墨画無料体験イベントは約500名が参加されたそうです。


来年は2020年、東京オリンピックの年、そして国際墨画会展は20回目の開催となります。
2020年もますます盛り上がりそうな予感がします。(^_^)


タグ:季節の花
posted by MASUI at 08:34| トピックス

2019年06月30日

花の女王「薔薇」を


7月7日(第一日曜日)の徳島阿南教室は薔薇の前半です。


rose2.jpg


薔薇は現在では何万種というバリエーションがあり、とても人気のあるお花です。

身の回りのものを思い浮かべても、雑貨、お洋服、インテリア、、、とあらゆるものに薔薇のパターンが使われているし、香水、アロマなど香りを楽しむ物にも「薔薇」は鉄板アイテムです。
某百貨店の包装紙にも使われていますね。

歴史的には、万葉集に「うまら」(茨いばら)という名前で登場し、「いばら」が「ばら」になっていったのだそう。
お花屋さんでも初夏の薔薇がたくさん並んでいますが、現在のような外国品種の薔薇が輸入され人気を博し始めたのは、明治の文明開化の頃だったそうです。


薔薇の代名詞「赤い薔薇」は、やはり顔彩で描くと華やかです。
授業には顔彩をお持ちください。










タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 09:57| 徳島阿南教室

2019年06月29日

6月烏丸夜間教室より「薔薇」

 6月28日の烏丸夜間教室は薔薇の前半でした。

薔薇のようにたくさん花弁があり、中心に密度のある花は、中心から描き始め濃くすると花が引き締まって見えます。


教科書のお手本はシンプルでわかりやすく、まず穂先を花の中心に向けて花弁を描く方法が紹介されています。

お手本の練習の後は、アレンジに挑戦していただい方もいました。


rose3-3.jpg

rose3-5.jpg

rose3-4.jpg

rose3-2.jpg



ところで、今週閉幕した国際墨画会展には、教科書の表現方法と同じ薔薇の作品が出品されており奨励賞を受賞されていましたね。

展覧会に挑戦してみたいけど、何を描いたらいいかわからないと悩んでいる方がいらっしゃるかもしれませんが、教室で習った画題を一生懸命練習したら立派な作品が出来上がります。
何も特別な画題を選ぶ必要はありません。
描きたい画題を見つけるためには、普段から自然の観察や写真撮影をする習慣をつけましょう。




rose3-1.jpg





次回7月26日(金)は、薔薇の後半で、さらにシンプルに、抽象的な表現になります。

7月21日(日)の補講を希望の方は、まだ3名のお席があります。
夜間教室は、8月から「葡萄」ですが、野菜のカリキュラムが次に回ってくるのは2年先です。
前日の申し込みでも大丈夫ですが、定員に達し次第締め切りとなります。








タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 09:41| 京都烏丸夜間教室

2019年06月23日

6月烏丸日曜教室より『あじさい」


6月23日の烏丸日曜教室は「あじさい」でした。

ajisai1.jpg

前半で没骨法、後半で鈎勒法と、花弁を円や四角や三角で描く抽象的な表現を練習しました。

ajisai2.jpg

ajisai6.jpg

ajisai4.jpg

ajisai5.jpg




ちょうど見ごろなので、名所や植物園に鑑賞に行かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
花と葉の大きさのバランスや葉の付き方などは、必ず実物を見て確認するようにしたいものです。

紫陽花はボリュームのある花なので、作品にした時も映えますね。
国際墨画会展にも紫陽花の作品がありました。




来月7月28日第4日曜日)は『朝顔』です

7月21日(第3日曜日)の補講は「葡萄」と「野菜1」です。
あと4名のお席がありますので、受講希望者は事前にメールでお申し込みください。




タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 21:24| 京都烏丸日曜教室