2019年03月19日

展覧会作品の発送について


三寒四温、、、たまに季節が逆行するとガッカリしてしまいますが
春はもう目前ですね。

ハクモクレンが満開になっています。

さて、17日の烏丸日曜教室では8名の出品予定の方々の作品がほぼ出そろいました。

これから最後の落款を押す方も数名いらっしゃいましたが
発送の際は印泥が色移りしないように、じゅうぶん乾かしてから発送してください。
折りたたんだ時も、紙を挟んで梱包すれば安心です。

23日から25日の間に本部に到着する便を考えて、各自発送をお願いいたします。


mokurensuzume.jpg




タグ:水墨画教室
【京都烏丸日曜教室の最新記事】
posted by MASUI at 08:54| 京都烏丸日曜教室

2019年03月18日

3月烏丸日曜教室より「菊」

 3月17日の烏丸日曜教室は「菊」でした。

kikullesson1.jpg


以上で四君子のカリキュラムをすべて終えました。
四君子を学ぶことによって基本運筆を学ぶことができるとされ、
クラシックかつ一番ポピュラーな画題でありますが、
それぞれに奥が深く、大変難しい画題でもあります。
講義を受けただけに終わらず、引き続き自宅でも練習していただきたいです。

kikullesson2.jpg

kikullesson3.jpg

kikullesson4.jpg



後半では「円」で葉を描く表現を紹介しました。
菊の葉を五つのパーツに分けて、五つの円で一つの葉にする、という捉え方です。
抽象化、簡略化の仕方が面白いです。

この、「五つの円で葉を描く」という表現は、伊藤若冲が水墨画で菊を描く時にも用いられています。
チェックしてみてください。


来月は通常通り第4日曜日の4月28日で、新しい教科書「いろいろな花を描く」に入ります。
ちょうど季節のお花「花菖蒲」です。







タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 11:07| Comment(0) | 京都烏丸日曜教室

2019年03月17日

「扇面に描く・鶴」

3月16日のワークショップは「扇面に描く」の第2弾で
先月とはまた違った形の扇面に鶴を描きました。

senmenclane1.jpg


今回の鶴は、琳派の大御所、俵屋宗達と本阿弥光悦の共作
「鶴図下絵和歌巻」の、宗達画の鶴がモデルになっています。

宗達の鶴は、金泥・銀泥で描かれていますが
ワークショップではこれを墨で、直筆で頭から胴体を、
翼の部分は左右それぞれ側筆で描いてみました。

説明的なラインを削ぎ落としたシルエットで描かれた宗達の鶴を
ちょうどいいバランスになるように再現するのは至難の技でしたが
練習の甲斐あって、皆さん最後は仕上げることができました。

senmenclane2.jpg


この墨で描く宗達の鶴に挑戦するのは3度目になります。
MASUI×GACCOH水墨画ワークショップならではの、とても京都らしい画題です。
また来年度も登場するかもしれません。


後半、少しだけ余った時間で、山田玉雲先生のお手本を参考に
もう少しリアル寄りの鶴も描いてみました。

senmenclane3.jpg



せっかくなので、ぜひオリジナルの扇子を作ってみてくださいね。



来月は4月13日土曜日、「円窓」に菊の花を描きます。
詳細はこちらからどうぞ。



posted by MASUI at 19:37| Comment(0) | GACCOHワークショップ

2019年03月15日

抽象的な表現の紫陽花


3月22日の烏丸夜間教室は、紫陽花の後半で、
花弁をまる・さんかく・しかくで描く抽象的な表現をご紹介します。

ぎっしり詰まった紫陽花の花弁の一枚一枚のアウトラインを抽出し、その集合体と想像してみると、たしかに四角や三角で表現できそうな気がします。

子供の頃のお絵描きで、蝶々の翅を「さんかく」に変換して描いた感覚に似てるかもしれません。
楽しめると思います。

ところで、「まる・さんかく・しかく」といえば、禅寺で見かける図形の画(画と言えばいいの?それとも書?)があります。
これは禅の教えを表しているのだそうです。


sengai.jpg




タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 17:42| Comment(0) | 京都烏丸夜間教室

2019年03月12日

灯籠絵


毎年3月11日に宮城県名取市で行われる追悼セレモニー、
国際墨画会では、そこで使われる灯籠を形作る絵の制作に協力しています。

なとり復興プロジェクト


ご協力いただいた方、ありがとうございました。
直接名取に送っていただいたそうで、感謝申し上げます。

名取市サイドでの募集要項はこちらをご参照ください。
国際墨画会では、毎年1月末を締め切りとし、取りまとめて本部から発送しております。

また来年もよろしくお願いいたします。



sakura2.jpg




posted by MASUI at 11:27| Comment(0) | トピックス

2019年03月11日

3月阿南教室より「紫陽花」

3月10日の徳島阿南教室は「紫陽花」でした。

徳島市よりさらに南に位置する阿南市は、もう春が目前です。
阿南市文化会館の玄関先にあるハクモクレンの蕾が、目一杯膨らんでおりました。

ajisai6.jpg


紫陽花は、やはり彩色した彩墨画に仕上げると綺麗です。
梅雨時の花なので、花弁は滲ませて描くと柔らかい雰囲気にるし
湿度のある空気感を感じさせることができます。

ピンク、パープル、ブルー、と様々な色味を試してみても楽しいと思います。

葉の形を整えながら幾筆かで描く方法は苦戦されていたようですが、
まずは紫陽花の季節になったら、葉の形や付き方を確認してみてください。


ajisai8.jpg

ajisai7.jpg

ajisai9.jpg


次回は通常通り第一日曜日の4月7日です。
紫陽花の後半で、抽象的な表現で描く方法を紹介します。




タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 20:47| Comment(0) | 徳島阿南教室

2019年03月08日

四君子「菊」


今月の烏丸日曜教室は第3日曜日に変更になっています。
3月17日は四君子のカリキュラムより「菊」です。




菊の花は生薬として、中国で2000年以上前から栽培されていたそうです。
中国では日常的に菊の花のお茶を飲まれますが、
菊花茶は、眼精疲労・風邪対策・鎮静(リラックス)・アンチエイジングなどの効用があり、特に「目の疲れ解消と言えば菊花茶」というのが定番なのだとか。
日本へは奈良時代に中国から、やはり薬草として輸入されたそうです。


さて、17日は、展覧会出品作品の最終チェックの日になります。
多分この週末あたりは、集中して仕上げにかかる方が多いと思うので、絵の合間に菊花茶をいただき、目の疲れを癒し、リラックスしながら、、、
というのもいいかもしれませんね。

日曜教室からは、今のところ8人の方が締め切りに向けて作品を製作中です。
17日に完成した作品を見せていただくのを楽しみにしています。
(落款の位置を迷っている方は、落款を押さずに持ってきてください)


kiku.jpg


タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 16:47| Comment(0) | 京都烏丸日曜教室

2019年03月01日

紫陽花の大きな葉


3月になりました。
2月とさほど変わらない気温だとしても気分はもう春です。

これから梅、桜を筆頭に、水墨画の題材に使える花々が咲き始め、やっと撮影やスケッチに出かけるのが楽しくなる気候になりますね。



さて、3月の徳島阿南教室は第2日曜日の3月10日に変更になっています
画題は「紫陽花」の前半です。

紫陽花の開花は6月、とまだ先ですが、花が咲いていなくとも茎の様子や葉の付き方を観察することはできます。

徳島の紫陽花の名所は大川原高原が有名で、高原一帯に3万本のあじさいが咲きみだれるそうです。
高原なので、視界一面が「空と紫陽花」という感じで圧巻ですね。(リンク先)

下の画像は智積院の紫陽花です。

ajisai5.jpg


春になるのはいいけれど、花粉症の方には辛い時期です。
どうぞご自愛ください。

posted by MASUI at 09:20| Comment(0) | 徳島阿南教室

2019年02月25日

講師資格


烏丸日曜教室に在籍の下司さんが、この度全ての課題の審査に合格し、講師資格を取得されました。

下司さんは国際墨画会展にオリジナリティの高い作品を出品し、入賞も経験されています。

今後のますますの活躍を楽しみにしています。

geshi.jpg






タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 13:38| Comment(0) | 京都烏丸日曜教室

2019年02月24日

2月烏丸日曜教室より「梅」

 
2月24日の烏丸日曜教室は「梅」でした。

梅は線描きで花弁を塗らず白抜きで残せば「白梅」、
面画きで花弁に墨色や色を加えれば「紅梅」です。

花弁以外で梅を梅らしく見せるには、枝ぶりのデザインや幹の表現も重要で、古木を描く時には「たらし込み」という描法を用います。

plum4.jpg

plum5.jpg

このムラムラ模様は、紙によって効果の出方が様々なので、面白い紙を発掘してみてください。
教室で皆さんに配布した加工紙は滲まないので、線描きの白梅に向いています。

plum7.jpg

plum9.jpg

plum8.jpg

plum10.jpg




来月は、「菊」の練習をします。

日程が3月17日(第3日曜日)に変更になっていますので、お間違えのないようにお願いいたします。








タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 21:33| Comment(0) | 京都烏丸日曜教室