2017年11月19日

松林図を描きました。

京都国立博物館で開催中の「国宝展」は、市内の紅葉が見頃に近づくにつれ、日増しに入場者数が増えているような感じです。

私は長谷川等伯の松林図屏風の公開初日に拝観しましたが
ラッキーなことに、さほど混雑していない時間帯にタイミングが合い
十分に全画面を堪能することができました。

さて、今月のMASUI×GACCOH水墨画ワークショップは、その等伯の松林図をお手本にして「松」を描きました。

11pinetreework6.jpg



まずは最初にベーシックな松の練習から。

等伯のは遠くから松林を眺めた抽象的な表現ですが、円山応挙「雪松図屏風」のように、ある程度クローズアップし、松葉の形状がわかるような描き方です。

(円山応挙「雪松図屏風」も国宝展で現在展示中)

11pinetreework5.jpg


そして、後半からはいよいよ等伯風の松の練習へ。

松林図屏風の松葉は、1本1本を丁寧に描いているのではなく、紙に感情をぶつけるように、激しく強い筆致で描かれており、所蔵先の東京国立博物館のサイトで、解説には「藁を束ねた筆や、竹を細かく裂いた筆を使っていると思われる」と書かれていました。

・・・が、ワークショップで使用した紙はお稽古用の小さなサイズということもあり、皆さんがいつも使っている没骨筆でトライしてみました。

穂の水分量を少なくし、穂先をバラバラに割って一度に何本かの線が描けるように、そして先端がシャープ且つ強い線になるように、紙に叩きつけるように筆を運びました。

水墨画初体験という方もいらっしゃいましたが、皆さんいつも、短い時間内に雰囲気を掴んで描いてくだるのには脱帽します。


11pinetreework2.jpg

11pinetreework3.jpg

11pinetreework4.jpg

この日はドバイから京都旅行に来られた方と、日本語を勉強中の台湾の方が参加してくださいました。

そして、終始素晴らしい通訳をしてくださったSさん、有難うございました。



11pinetreeworkshop.jpg



来月は12月9日です。例年通り「年賀状」をテーマに狛犬を書きます。

2017年11月17日

11月の烏丸日曜教室

今月の烏丸日曜教室は11月26日(第4日曜日)です。
お部屋が2階ビデオシアターに変更になってますのでご注意ください。

カリキュラムは「鳥・虫」です。
スズメ・ウグイス・蝶・蜂・トンボ・カマキリ・セミの練習をします。
鳥や虫は花鳥図には欠かせないモチーフです。
やはり描き加えると格段に絵の世界観が広がります。
まずは教科書の、シンプルにアレンジされた描き方から練習してみましょう。

suzume1.jpg
鴨川べりのスズメ君です。



タグ:水墨画教室

2017年11月16日

11月の夜間教室

寒くなってきましたね。
今週の冷え込みで紅葉も赤味を増していくでしょうか。
駅の紅葉情報のポスターには、ちらほら「見頃」の欄に印が付き始めました。

leaf.jpg


今月の夜間教室は通常どおり11月24日(第4金曜日)18時30分からです。

カリキュラム「野菜」の最終で『とうもろこし』の練習をします。
とうもろこしは世界中で栽培されている世界三大穀物の一つですね。


では、寒さ対策を万全に。


タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 09:08| Comment(0) | 京都烏丸夜間教室

2017年11月15日

お知らせ


昭和美術会 同人選抜展』

寺町御池下ル ギャラリーカト 1F・2F
2017年11月14日〜19日
AM11:00〜PM18:00(最終日は17:00まで)

烏丸日曜教室在籍の寺田和美さんが出品されてます。
お近くに行かれた際は立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

terada.jpg
<寺田和美さん 30号の作品>

日本画、油絵、水墨画、切り絵など、40名の作品が展示されています。





タグ:展覧会
posted by MASUI at 20:49| Comment(0) | トピックス

2017年11月14日

阿南教室は「野菜2」

阿南教室も11月12日で3回目の野菜の授業を終えました。

daikon1.jpg

これまでいろいろな野菜を描いてきて、レパートリーも増えましたね。

今回は、カリキュラムの大根・蕪・ラディッシュを練習し、それぞれをレイアウトして小作品としてまとめる練習もしていただきました。

画面にたくさんのモチーフを並べる場合は、どれから、どのくらいの墨色で配置するかなど、あらかじめ考えてから描き始めましょう。

daikon2.jpg

daikon3.jpg

お稽古サイズのF5だと小さくて描きづらかったかもしれませんが
F6だと、もっと伸び伸びと描けると思うので試してみてください。

麦のように同じモチーフをたくさん描く場合は、濃淡の差をつけて遠近感が出るようにすると、画面がうるさくなりません。
横長の紙に麦をたくさん描いて、麦畑のように仕上げてもいいと思います。

mugi1.jpg


来月12月3日(第1日曜日)は、野菜2の後半で「とうもろこし」の練習をします。
来月で野菜のカリキュラムが終了し、新年から「四君子」に入ります。



posted by MASUI at 22:15| Comment(0) | 徳島阿南教室

2017年11月02日

11月の徳島阿南教室

11月の徳島阿南教室は、第2日曜日の11月12日です。

引き続き「野菜」のカリキュラムから、大根・蕪・ラディッシュと麦です。
大根・蕪は線で形を捉え、葉の描き方を練習します。
麦も葉と、芒(穂の針状の部分)のシャープな線がポイントになります。

寒くなり、鍋料理が恋しくなってきたので、大根を買い求める機会も増えてきたかもしれません。
スーパーで葉付きの葉大根や蕪を買われたら、お料理する前に観察してみてください。

sosaizu.jpg
<若冲>



2017年10月31日

寒くなってきました

木枯らし1号が吹き、いよいよ冬の到来ですね。
風邪をひいている方もいらっしゃるようなので
暖かくしてお過ごしください。

halloween.jpg



posted by MASUI at 08:03| Comment(0) | トピックス

2017年10月28日

夜間教室『野菜2』

10月27日の烏丸夜間教室は「大根・蕪・ラディッシュ・麦」でした。

これまで野菜の画題では、主に没骨法での描き方を練習してきましたが
大根・蕪は根の部分を線で描きます。
特に大根は他の野菜と比べてサイズが大きいので
存在感を出すために、どういう線で表現するか、も大切なポイントとなります。

mugi.jpg

野菜の授業では常に話題にしていますが
若冲の『果蔬涅槃図』では大根が主役になってますから
特徴ある形や強弱がある線など、参考になる部分がたくさんあります。
チェックしてみましょう。

麦では、葉の描き方や、鋭くしなやかに見える細い線の描き方や
遠近感を出すための墨色・描く順番などのお話もしました。

daikon.jpg

mugi2.jpg


来月11月24日は最後の野菜「トウモロコシ」です。
教科書を注文された方は代金をご用意願います。




posted by MASUI at 17:09| Comment(0) | 京都烏丸夜間教室

2017年10月24日

10月烏丸夜間教室

週末の台風はすごい大荒れでしたね。
みなさまの環境は、大事はなかったでしょうか??

台風一過、、、今日は急に寒くなって、気持ちの良い秋晴れを堪能する間もなく
一気に冬へジャンプしたような感じです。
北海道ではもう初雪が降ったとか。。。

ibukisusuki.jpg

さて、10月27日金曜日の夜間教室は、引き続き『野菜』から
大根・かぶ・ラディッシュと麦の練習をします。
それぞれ仲間の野菜で、葉の描き方がこれまでとは少し違った運筆の仕方になります。
麦は、葉と茎の描き方をふた通りご紹介します。


seihoukabu.jpg
<栖鳳>




それでは風邪をひかないよう暖かくしてお越しください。



タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 18:54| Comment(0) | 京都烏丸夜間教室

2017年10月22日

果物「琵琶・栗」

10月22日の烏丸日曜教室は、テキスト『果物・野菜』から栗と枇杷の練習をしました。

marron1.jpg

biwa1.jpg


栗と枇杷の葉は細長くよく似た形をしているのですが、それぞれ微妙に特徴の違いがあります。
栗は、葉の周りにトゲトゲがあので、葉脈を葉から少しだけ飛び出させて描き
枇杷は、栗よりは少しだけ丸みがあるので筆の止め方を柔らかくします。
また、虫喰いや朽ちかけた様子を渇筆で表します。

みなさん運筆はよくできていたので、あとは葉の形や構図を整える練習をしてみてください。
栗も枇杷も葉がたくさん付いているので、一枚の絵にいろいろな葉を混ぜて描けば、単調な印象にならずに済みます。

biwakuri1.jpg


来月11月26日は「鳥・虫」です。
お部屋が2階ビデオシアターに変更になります。

展覧会用の作品のご相談をされる方もちらほら出てきました。
出品予定の方は、年内にラフを仕上げるつもりでご準備されると良いと思います。




タグ:水墨画教室