2016年11月20日

若冲の「野菜」に挑戦しました

MASUI×GACCOH 水墨画ワークショップは、今年2016年、伊藤若冲生誕300年企画として、年間を通じて若冲先生の作品をお手本にワークショップを開催してまいりましたが、いよいよフィナーレとなりました。

若冲といえば錦市場、そして若冲が青物問屋出身だったということで、トリは「野菜」です。

今回は、いつもの出町柳GACCOHを飛び出し、錦市場と関連のある「京町家 錦上ル」さんを特別にお借りしての開催となりました。

yasai_nishiki1.jpg

まずは、基本の運筆の説明から。
自分の描きたいモチーフにより近づけるために、基礎的な技法を学ぶことはとても大切です。
筆を立てて描く、筆を寝かせて描く、単純なことですが、これを意識するとしないとでは結果が変わってきます。
そんな運筆の練習をしながら描き上げることができるモチーフを、幾つかピックアップしました。

今回は、10名の参加者のうち、半数の方が水墨画初体験の方でしたが、野菜はシンプルなモチーフなので馴染みやすかったのではないかと思います。

yasai_nishiki2.jpg

yasai_nishiki6.jpg

yasai_nishiki7.jpg

yasai_nishiki4.jpg

yasai_nishiki3.jpg

yasai_nishiki5.jpg

yasai_nishiki11.jpg

yasai_nishiki12.jpg




ワークショップ後の、錦市場の抹茶わらび餅と、「煎」という「和食に合う」をコンセプトに開発された珈琲と、皆様存分に楽しんで頂けたご様子でした。

yasai_nishiki10.jpg

yasai_nishiki9.jpg


この度の記念すべきワークショップにご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。

そして、今回の企画では大変お世話になった、京都文化協会と錦上ルのスタッフの方々には、この場をお借りして心よりお礼を申し上げます。

さて、今年の若冲企画は無事終了しましたが、リクエストがありましたので、12月3日(土)急遽「年賀状」のワークショップを開催いたします。詳細が決まり次第ご報告いたしますので、ぜひチェックしてください。

posted by MASUI at 10:33| Comment(0) | GACCOHワークショップ