2016年12月26日

「風竹・雨竹」

12月25日の京都烏丸教室は「風竹・雨竹」でした。

竹をモチーフにしたテーマの中でも先月の「晴竹」、そして今月の「風竹」「雨竹」は代表的な画題です。

風竹は風になびいている様を、細い竿や小枝をしならせたり、かすれを入れたりしながら表現し、逆に雨竹はかすれないように水分を多めにし、葉も滲ませるように描いて雨に濡れたウェット感を表現します。

fuchiku.jpg


uchiku2.jpg


ところで、東京の根津美術館で開催されていた円山応挙の「写生を超えて」という展覧会では、「雨竹風竹図屏風」が展示されていました。

雨竹風竹図屏風」は京都の圓光寺が所蔵している重要文化財で、応挙がよく訪れたという竹林があり、その竹林を絵に残したそうです。

圓光寺さんで、この竹林のそばで、「雨竹風竹図屏風」を拝見することが叶えられたら、とても素晴らしいでしょうね。

さて、2016年の教室も今月で終了です。
来月からは本格的に展覧会作品のご相談をお持ち寄りください。

1月22日(第4日曜日)会議室11
2月26日(第4日曜日)2F ビデオシアター


となっております。

それではみなさま、よいお年をお迎えください。


タグ:水墨画教室