2017年02月27日

白梅と紅梅

2月26日の京都烏丸教室は「梅」でした。

墨で梅を描く時、線で輪郭を描き花弁を白く残せば「白梅」、
面で花弁を墨色で染めれば「紅梅」ということになります。

シンプルな五弁の花ですが、花弁の丸さ、大きさ、など、微妙な加減で梅らしさが失われてしまうこともあり、花を描くのはとても難しいです。

そして、梅らしさを表現するために重要な「枝ぶり」。
梅の枝ぶりは特徴的なので、とらえればうまく描けそうな気もするのですが、これがいざ描いてみるととても難しい。。。

早い話がとてもとても難しい画題、、、なのですが、
それゆえに研究、鍛錬のやりがいあるモチーフだと思います。

幹の「たらしこみ」の表現、紙の選別も、長期的に取り組める研究テーマです。

梅が咲いたらぜひ実物を観察しに出かけてくださいね。

plum1.jpg

plum2.jpg


さて、来月は四君子の最後のモチーフ「菊」です。
3月26日(第4日曜日)会議室11です。








タグ:水墨画教室

2017年02月23日

水墨画の技法いろいろ


MASUI×GACCOH 水墨画ワークショップ 第二十八回「三墨法・竹」

2017年の水墨画ワークショップのメニューが決まりました。
今年は一年を通して水墨画の様々な技法にチャレンジしてみます。

3月  「三墨法」 
4月  「破墨法」 
5月  「筋目画き」
6月  「破筆法」
7月  「溌墨法」 
8月  「たらし込み」
9月  「両隈法」 
10月 「外隈法」
11月 「乱針法」 
※予定

3月18日は、テーマの初回ということで、基本の「三墨法」を取り上げます。
穂の中に濃中淡の三段階の墨色を仕込んで、一筆でグラデーションを表現する描法です。
モチーフは「竹」の他にも、「三墨法」を使って簡単に描けるものをご紹介いたします。


sanbokuhou.jpg


◆日時:2017年3月18日(土)14:00-16:00

◆場所:京都出町柳 GACCOH(京阪電車「出町柳駅」2番出口・市バス『出町柳駅前」より徒歩5分)

◆参加費:一般:2,500円 / 高校生以下:1,500円 (画材費込み 道具はすべてこちらで用意)

◆参加方法:こちら専用HPの「お申込みフォーム」からエントリーをお願いします。


posted by MASUI at 13:50| Comment(0) | GACCOHワークショップ

2017年02月19日

2月26日の授業は

梅の開花の便りがちらほらと。

北野天満宮では五分咲き、京都御苑では咲き始め、二条城では蕾がふくらみ始めたそうです。

今月2月26日(第4日曜日)※2階ビデオシアターの京都烏丸教室は『梅』です。
前半と後半に分けて、白梅・紅梅の描き方をご紹介します。
ちょうどいい具合に、習って次の週あたりが見頃になりそうですね。

そして、展覧会作品の相談も大詰めになってまいりました。
3月25日の締め切りまではあと約1ヶ月ですが、先月の段階でまだ手付かずだった方もまだチャンスはあります。

26日にラフを見せていただければ、3月19日(日曜日)に特別相談会を設けましたので、その時に最終確認ができれば間に合います。
今までに習った画題でも、習っていない画題でも自由です。

ウィングス京都、2階会議室4 午前10時から12時の間で都合の良いお時間にお越しください。
相談料、参加費などは必要ありません。

今のところ参加予定者は多くはないですが、来られた順におうかがいしますので
もし時間が重なってしまった時は、少しお待ちいただくかもしれません。
他の方の作品をご覧になるのも大切な勉強ですし、時間がなくなると困るので
終了ギリギリではなく余裕を持って来ていただければと思います。



koubai.jpg




タグ:水墨画教室

2017年02月16日

水墨画で野菜を描く

2月15日の東京千代田教室は「野菜」、
テキストの10項目の野菜のうち、胡瓜・茄子・南瓜・玉蜀黍・椎茸
と5種類の野菜の描き方をご紹介しました。

特に、胡瓜・茄子・椎茸はシンプルなモチーフなので、筆を立てて描く「直筆」、筆を寝かせて描く「側筆」という一番基本の運筆を練習しながら描きあげることができます。

また、南瓜・玉蜀黍は、存在感のある野菜なので、それ一つでも、または他の野菜と組み合わせても、素敵な作品になるので、ぜひ覚えていただきたいと思います。

様々な野菜を一つの絵の中に、、、

水墨画愛好家の皆さんなら一番に思い出すのは、やはり伊藤若冲の『果蔬涅槃図』でしょうか。
昨年4月に東京都美術館で開催された生誕300年の展覧会でも出品されていたので、ご覧になった方も多いでしょう。
かなり作品に接近して観ることができたので貴重な機会でした。

2017.2.chiyoda.jpg

『果蔬涅槃図』の野菜には、椎茸や茄子、南瓜、、などなど、88種類もの野菜や果物が描かれているそうです。
ひととおり描いてみるのも楽しそうですね。



タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 23:07| Comment(0) | 東京千代田教室

2017年02月08日

伊藤若冲展「後期」

伊藤若冲展「後期」が相国寺承天閣美術館で12月15日から始まっています。

生誕300年記念であった昨年の「前期」は、『動植綵絵』の複製が展示されていました。
複製と言っても、製作に6年もの歳月を費やしたという素晴らしいものでした。

後期は主に水墨画を中心に、酉年にちなんで鳥関係の作品が多く陳列されています。

jakucyu_kouki.jpg

また、相国寺の方丈「梅の間」には、相国寺第115世 維明 周奎によって描かれた襖絵「老梅図 」がありますが、これもまた大変素晴らしい。
(維明和尚は伊藤若冲に学んだそう)
ここは特別公開時のみ拝観することができます。

若冲展後期は、展示入れ替えもなく5月21日まで開催されていますので
相国寺で春の特別公開があれば、それに合わせて行かれるといいかもしれませんね。


タグ:展覧会
posted by MASUI at 08:57| Comment(0) | トピックス