2017年03月03日

「浦上玉堂(うらかみぎょくどう)と催馬楽(さいばら)

京都烏丸教室在籍のKさんよりご案内いただいたイベントの詳細です。

江戸時代の文人として有名な浦上玉堂は、琴(七弦琴/古琴)の演奏家でもあったそうです。

「浦上玉堂(うらかみぎょくどう)と催馬楽(さいばら)
〜江戸時代の催馬楽と『玉堂琴譜(ぎょくどうきんぷ)』の催馬楽・復元演奏比較〜」


・2017年3月5日(日曜日)ウィングス京都
・午後2時〜午後4時40分(午後1時30分開場)
・受講料2,000円
・京都市立芸術大学主催


催馬楽とは,平安時代に貴族社会で演奏されていた雅楽の一種,歌謡です。
玉堂は武士の身分を捨て各地を転々とした後,文人として後半生を京都で過ごしました。
玉堂の京都での生活や交流について紹介しつつ,江戸時代に復元された催馬楽と玉堂が復元した催馬楽を,最新の研究によって復元した演奏で比較します。
<京都市立芸術大学ホームページより抜粋>

定員に余裕がある場合は,当日申込もできるそうです。
ご興味のある方は、こちら京都市立芸術大学のホームページをご覧の上、お問い合わせをしてみてください。

ちなみに。。。

「琴棋書画」
琴棋書画(きんきしょが)とは、文人、士大夫が嗜むべきとされた芸。四芸。

大徳寺の聚光院では現在、狩野永徳筆「琴棋書画図」(国宝)が3月26日まで特別公開されています。



posted by MASUI at 09:38| Comment(0) | トピックス