2017年06月21日

国際墨画会展 出展作品

『第17回 国際公募 国際墨画会展』が東京の国立新美術館で26日まで開催中です。

先週末、国立新美術館に行ってまいりました。
世界各国から素晴らしい作品が集い、今年も期待を裏切らない見ごたえある展覧会です。

それでは、京都烏丸教室からの出展作品を順次ご紹介したいと思います。


botan_yokota.jpg
【牡丹】
まずは、U-23(23歳以下)枠で初挑戦してくださったYさんは、京都市の大学に通う学生さん。女性らしいモチーフでフレッシュな作品でした。



daisugi.jpg
【台杉】
昨年奨励賞を受賞された下司照代さんは、今回も秀逸な構図で難しいモチーフを描きこなしました。



wareomou.jpg
【我思う、故に我の世界あり】
山本さんは、奨励賞の昨年に引き続き「山水」を追及されました。こだわっておられる深いテーマです。



oyakoryu.jpg
【親子龍】
新谷正巳さんは入会後、締め切りまであまり時間がなかったにもかかわらず、ご自身の思い入れのあるテーマ「龍」で初出品です。さすがの安定感です。


リニューアルされた国際墨画会のホームページにもリポートが随時アップされています。
国際墨画会Facebookページも、展覧会の様子がほぼ毎日更新されているので、ぜひチェックしてみてください。




タグ:展覧会