2017年06月22日

国際墨画会 出品作品 パート2

第17回 国際公募 国際墨画会展 の京都烏丸教室からの作品、パート2です。


tiger_toga.jpg
【溶けてゆく命】
京都烏丸教室で講師資格を取得され、現在は北海道にお住まいですが
毎回、絶滅の危機に瀕している虎への想いを託した作品を発表し続けている栂佳代子さん。
「虎作家」としての位置付けが確固たるものになってきました。


toutou_komatsu.jpg
【滔滔】朝日新聞社賞
現在はお仕事の事情で休会中の小松路生さんですが、確かな筆力と観る者を惹きつける大胆な構図で、2回連続の入賞となりました。



最後に、わたくしめの作品をご紹介させてください。

hatohbanri_gaku.jpg
【波濤万里】外務大臣賞
大変栄誉ある賞を賜りましたこと、心より感謝申し上げます。
英文タイトルは「so far away」。水墨画の奥深き道のりはまだまだ遥か遠くまで続いています。今後とも精進してまいります。


mizukagami.jpg
【水鏡】
京都の城南宮にある「室町の庭」の池を描きました。
水面に映り込んだ樹々を表現しようと試みた作品です。



さて、会期も折り返し地点を過ぎ、残り4日となりました。
週末に東京へ行かれる予定のある方は、ぜひ足を運んでみてください。


タグ:展覧会