2017年08月20日

水墨画の技法「たらし込み」


8月19日のMASUI×GACCOH水墨画ワークショップは「たらし込み・梅」でした。

「たらし込み」とは、先に描いた墨が乾ききらないうちに、違う濃度の墨を「たらして」、モノの質感を表現したりや風情に味を加えたりする描法です。

一昨年の琳派イヤー特集で取り上げた「たらし込み」のワークショップでは「ふぐ」を描きました
今回は梅の枝をたらし込みで表現しました。
紙は、一番ポピュラーで入手しやすい、加工なしの「画仙紙」で試してみました。

梅はとても難しい画題ですが、今回の最年少は小学3年生の男子!(右の作品)
いい味出てますね d(>_・ )

tarashikomi2.jpg

他には、中学3年生の女子や、中学校の授業の参考に、と美術の先生も参加してくださいました。
今年の教科書改訂後は、高校美術にも水墨画が取り入れられています。


tarashikomi3.jpg


tarashikomi1.jpg


来月は9月16日土曜日、技法は「両隈法」で、刷毛を使って竹を描きます。


posted by MASUI at 11:19| Comment(0) | GACCOHワークショップ

2017年08月19日

京博すいぞくかん

京都国立博物館で開催中の特集展示です。


kyohaku1.jpg


絵画の他にも器・着物・置物など、水の生き物をモチーフにした作品が陳列されています。

作品リストはこちら

見どころは 今尾景年『遊鯉図』や円山応挙のあの『龍門図』と
そして水の生き物スペシャルゲスト、とでもいうべき「龍」の作品も何点か見ることができます。
特に大迫力の 円山応挙筆『雲龍図屏風』は必見。

展示室外スペースで貝合わせのプチ体験もできます。

kaiawase.jpg

通常料金520円で9月3日まで。


タグ:展覧会
posted by MASUI at 12:06| Comment(0) | トピックス

2017年08月17日

8月の夜間教室

今年は昨年のような大雨にもならず、五山送り火が無事に終わりました。

お盆のお休み中は、ご家族で過ごされた方も多いと思います。
ご先祖様の御霊のために精霊馬を作られた方もいらっしゃるでしょうか?

8月25日(第4金曜日)の夜間教室はカリキュラム『野菜1』より
「きゅうり・ナス・かぼちゃ」の描き方を学びます。

野菜はシンプルな画題ですが、伊藤若冲は野菜を主役にした作品を描いています。
京都ならでは、の画題とも言えるかもしれません。

jakucyuyasai.jpg


通常通り18時30分から会議室11です。
残業などで欠席される方は、仕事中では欠席の連絡をしづらいと思うので
お仕事が終わってからの連絡でも問題ありません。



posted by MASUI at 10:36| Comment(0) | 京都烏丸夜間教室

2017年08月08日

徳島は台風でした

8月6日の徳島阿南教室は「鳥獣戯画」の模写でした。

ちょうど台風5号の影響を受けるのではないかと心配していましたが、無事に授業を終えることができました。
阿南はその日の夕方から徐々に雨が降り始め、翌日の7日は大荒れの天候で、1日ずれていたらアウトでした。


鳥獣戯画は京都栂尾山高山寺に伝わる国宝です。

京都の寺社仏閣等の貴重な文化財を保存・収集・研究・展示の役割を担っているのが京都国立博物館ですが、京博は今年2017年に開館120周年を迎えるそうです。
そして、その記念事業として今秋、特別展覧会『国宝』が企画されています。

ホームページの主な出品作品を見ると、残念ながら鳥獣戯画は掲載されていませんが、見逃せない作品群がラインナップされています。4期に渡り展示内容が変更されるようなので、おめあての作品が陳列されている時期をチェックしご観覧されてはいかがでしょうか。

kokuhou.jpg

来月は9月3日(第一日曜日)「野菜」です。
タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 23:39| Comment(0) | 徳島阿南教室

2017年08月03日

暑中御伺い

台風5号の進路が気になります。
ちょうど5日頃から西日本に接近らしいので、6日の徳島阿南教室への影響が心配です。。。

阿南教室の皆さんは、どうなるか当日にならないとわかりませんが、もし状況がひどい場合は、ご自身の安全を最優先に判断してください。
台風接近が危ぶまれる中、今週末から一足早く夏休み、という方もいらっしゃるかもしれません。
夏バテで体調を崩されている方は、よくよく養生してくださいね。

さて、、、ゆっくり休め、と言いながらなんですが、

来年の展覧会に出展したいとお考えの方、どんな作品にするか、、、テーマを考えるにはちょうどいいタイミングだと思います。
今年は作品の締め切りが3月25日頃だったので、第4週の教室で最終確認が間に合わず、実質2月の教室で完成品に近いものを見せていただく事態になりました。
そう考えると年明けからはほとんど時間がないので
年内にはある程度、先が見えている状態にしておきたいところです。
逆算して、ちょうど夏休みごろからアイデアを練り始めると、ちょうどいいのではないでしょうか。

休み中に旅行に行かれる方、風景画もいいかもしれません。
旅行先でスケッチをするのは難しいと思いますが、可能な方はスケッチブックも携行、
写真撮影をするときは、全体のアングルと細部のズームも取っておくといいと思います。

また、身近なものでも「絵にする」という視点で見ると新鮮な発見があると思います。
作品の相談はいつでも教室で、ご遠慮なく。


suika.jpg



posted by MASUI at 09:18| Comment(0) | トピックス