2017年10月17日

水墨画の技法「乱針法」

MASUI×GACCOH 水墨画ワークショップ 第三十六回「乱針法・松」

今年は水墨画のいろいろな技法にチャレンジしてきましたが、次回が最終回です。
ラストは、日本水墨画の最高峰と言われている長谷川等伯筆『松林図屏風』のような松を描いてみよう、という大胆な試みをします。

ちょうど京都国立博物館で開催中の「国宝展」では、10月31日から11月12日までの期間に公開されます。
是非是非、そちらをご覧になってワークショップにもご参加ください。

pinetree0.jpg


◆日時:2017年11月18日(土)14:00-16:00

◆場所:京都出町柳 GACCOH(京阪電車「出町柳駅」2番出口・市バス『出町柳駅前」より徒歩5分)

◆参加費:一般:2,500円 / 高校生以下:1,500円 
    (画材費込み 道具はすべてこちらで用意)

◆参加方法:こちら専用HPの「お申込みフォーム」からエントリーをお願いします。


gaccohmap.jpg



posted by MASUI at 09:16| Comment(0) | GACCOHワークショップ

2017年10月14日

水墨画で白抜きする方法

10月14日のMASUI×GACCOH 水墨画ワークショップは「白抜き・雪竹」でした。

snowbamboo0.jpg


水墨画では、「白」の部分を紙の白そのままを残して描きますが
細かい描写など白を残しながら描くことが難しいモチーフや部分は
墨で染まらないよう、言わば防染剤のような働きをしてくれる材料を使います。

今回は雪を白で残すため、そんな画材の代わりに「牛乳」を使ってみました。

まずは、何も描いていない紙に、牛乳だけで雪を描きます。
そして、牛乳が完全に乾いてから、通常どおり竹を描いていくと
牛乳雪が白く浮き出て来ます。

snowbamboo3.jpg


画像では少し解り辛いですが。背景を薄墨で染めないバージョンも、うっすら乳白色が残って、一面白い雪景色の中に雪が降ってるような雰囲気になってました。

牛乳雪の降らせ方も、皆それぞれ。
大粒の雪もあれば、粉雪のように舞い散る雪もあり。。。
皆さんの雪竹は大成功でした。(^_^)

snowbamboo1.jpg


来月11月18日はいよいよ今年の「技法シリーズ」最終回です。
京博で開催中の「国宝展」で長谷川等伯『松林図屏風』が10月31日から公開されるのに合わせ「松」に挑戦します。




posted by MASUI at 21:14| Comment(0) | GACCOHワークショップ

2017年10月13日

水墨画 果物

10月22日の烏丸日曜教室は、「栗・枇杷」です。

栗が好物、という女子は多いでしょう。
この時期、栗のスイーツが店頭に並ぶと買わずにはいられませんよね。

今月徳島に帰った時に、母が栗が大好きと言うので、お庭に栗の木を植えてくれた母の友人から、今年初収穫ということでたくさんいただきました。

marron.jpg


京都は丹波クリが有名ですね。
京都府のサイトを見たら、『丹波クリの歴史は古く、平安時代に遡ることができ、丹波クリは日本のクリのルーツといわれている。』と書いてありました。



空模様が不安定で、急に気温が下がりました。22日は冷えないようにお越しくださいね。

なお、教科書を注文された方は、代金2、916円(1冊)をご用意ください。



タグ:水墨画教室

2017年10月08日

『等伯』


10月3日から京都国立博物館で「国宝」展が始まりましたね。

水墨画愛好家の皆さんにとっては、お目当てはやはり長谷川等伯の「松林図屏風」だと思います。
水墨画作品の中では日本最高峰と謳われている作品です。

この展覧会に合わせて、私は小説『等伯』(安倍龍太郎著)を読み返しております。

tohakubook.jpg

小説なのでもちろんフィクションですが、史実や等伯の足跡を足がかりに肉付けされており、当時の等伯に思いを馳せるのに大変役立ちます。
「松林図屏風」についてはまだ解き明かせない疑問があるらしいですが、ひとつの小説になるくらい想像力をかきたてる絵を、ぜひこの機会に拝見したいものです。
私は一度東京で拝見しましたが、人が多すぎて離れたところから全体像を観ることはできませんでした。


そしてもう1冊、山本兼一著「花鳥の夢』は、狩野永徳の人生を描いた作品です。
『等伯』の中では狩野家との関わり合いを等伯目線で描いていますが、こちらは永徳が主人公。
両方読むと、国宝展をかなり楽しめると思います。

ちなみにそれぞれの展示期間は以下の通り。

長谷川等伯 「松林図屏風」 10月31日〜11月12日
長谷川久蔵 「桜図」   10月24日〜11月12日
狩野永徳 「花鳥図」  10月24日〜11月12日


他にも応挙の「雪松図屏風」や光琳の「燕子花図屏風」など、見逃せない作品もありますので
展示期間をチェックし出かけたいものです。

また10月14日にはテレビ番組「美の巨人たち」で長谷川親子のエピソードが紹介されるようです。
本屋さんには国宝展の特集雑誌が並んでいますね。

、、、、混雑しそうですね。。。。(゚_゚i)



posted by MASUI at 11:09| Comment(0) | トピックス

2017年10月05日

『忌部文化フォーラム』in Yoshinogawa


『忌部』文化フォーラム in Yoshinogawa2017
ー阿波藍で繋がる未来ー


フライヤー(pdf)はこちらをクリック

<日時>2017年10月7日(土
    開場13:30 開演14:00 終演16:30

<会場>吉野川市鴨島公民会館3F 入場無料

阿波歴史民俗研究会の林博章さんの講演、篠笛演奏家の阿部一成さんのパフォーマンス、忌部と阿波藍の文化シンポジウム、記念演奏・書の奉納、などが行われるそうです。
このイベントに、私の友人であるクボタノリコさんが東京からお越しになりシンポジウムのパネラーとして参加されるので、もしご興味があればお運びください。


inbe1.jpg


inbe2.jpg


posted by MASUI at 07:33| Comment(0) | トピックス

2017年10月04日

水墨画で雪を描く方法


MASUI×GACCOH 水墨画ワークショップ 第三十五回「白抜き・雪竹」

水墨画では白くしたい部分を、紙白を残すことで表現します。
「雪」も白なので、雪の部分を墨で染めないで白抜き(白を残)して描くことが多いです。その方法はいくつかありますが、今回は牛乳で白抜きしてみます。

snowbamboo.jpg


◆日時:2017年10月14日(土)14:00-16:00

◆場所:京都出町柳 GACCOH(京阪電車「出町柳駅」2番出口・市バス『出町柳駅前」より徒歩5分)

◆参加費:一般:2,500円 / 高校生以下:1,500円 
    (画材費込み 道具はすべてこちらで用意)

◆参加方法:こちら専用HPの「お申込みフォーム」からエントリーをお願いします。




2017年10月03日

徳島の蓮根と椎茸

10月1日の徳島阿南教室は「野菜1」の後半で、蓮根・椎茸・唐辛子でした。

蓮根といえば関東地方では茨城県産のものがスーパーに並んでいますが、関西では徳島県産がメジャーで、生産量は茨城に続き全国第2位となっています。
ご存知のように蓮根は「蓮」の「根」ですが、産地の鳴門では季節になると蓮根畑の蓮の花が壮観なのだそうです。

renkonanan3.jpg


蓮根の描き方は、三墨法を使い立体感を出します。
切り口の部分を丸くするための運筆は、今までにない運筆だったので最初は苦戦されてましたが、最後にはコツをつかんでくださったようです。
椎茸は側筆と直筆の使い分けで、表側と裏側を描きました。

renkonanan1.jpg

renkonanan2.jpg




ところで、阿南市では有名な「しいたけ侍」というブランドがあります。
キャラクターはしいたけの笠をかぶった侍なのですが、しいたけ侍のように肉厚でビッグサイズのものは、イシヅキも太く描きましょう。


来月からは「野菜2」で、11月12日(第2日曜日)は「大根・蕪・ラディッシュ・麦」
12月3日(第1日曜日)は「とうもろこし」です。


来月は第2日曜なので、お間違えのないようにお願いいたします。



タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 10:05| Comment(0) | 徳島阿南教室