2017年10月08日

『等伯』


10月3日から京都国立博物館で「国宝」展が始まりましたね。

水墨画愛好家の皆さんにとっては、お目当てはやはり長谷川等伯の「松林図屏風」だと思います。
水墨画作品の中では日本最高峰と謳われている作品です。

この展覧会に合わせて、私は小説『等伯』(安倍龍太郎著)を読み返しております。

tohakubook.jpg

小説なのでもちろんフィクションですが、史実や等伯の足跡を足がかりに肉付けされており、当時の等伯に思いを馳せるのに大変役立ちます。
「松林図屏風」についてはまだ解き明かせない疑問があるらしいですが、ひとつの小説になるくらい想像力をかきたてる絵を、ぜひこの機会に拝見したいものです。
私は一度東京で拝見しましたが、人が多すぎて離れたところから全体像を観ることはできませんでした。


そしてもう1冊、山本兼一著「花鳥の夢』は、狩野永徳の人生を描いた作品です。
『等伯』の中では狩野家との関わり合いを等伯目線で描いていますが、こちらは永徳が主人公。
両方読むと、国宝展をかなり楽しめると思います。

ちなみにそれぞれの展示期間は以下の通り。

長谷川等伯 「松林図屏風」 10月31日〜11月12日
長谷川久蔵 「桜図」   10月24日〜11月12日
狩野永徳 「花鳥図」  10月24日〜11月12日


他にも応挙の「雪松図屏風」や光琳の「燕子花図屏風」など、見逃せない作品もありますので
展示期間をチェックし出かけたいものです。

また10月14日にはテレビ番組「美の巨人たち」で長谷川親子のエピソードが紹介されるようです。
本屋さんには国宝展の特集雑誌が並んでいますね。

、、、、混雑しそうですね。。。。(゚_゚i)



posted by MASUI at 11:09| Comment(0) | トピックス