2019年01月22日

四君子「蘭」


1月27日(第4日曜日)の烏丸日曜教室は、四君子のカリキュラム第2弾の「蘭」です。

syuran.jpg


写真は、徳島阿南教室の在籍者の方が教室に持ってきてくださったのを撮影しました。
阿南市では里山で自生しているのを見ることができるそうです。


自生している東洋蘭を見たことがある方は少ないかもしれませんが、観賞用の鉢植えのものなどは、たまに京都府立植物園で展覧会・イベントをやっていたりします。


蘭の花はご覧のように花弁が細長く華奢です。
お稽古用紙F6サイズのバランスに描く際、国際墨画会の没骨筆Mでも描けますが、Sサイズの筆の方が描きやすいと思いますので、Sサイズの筆がある方はご持参ください。


それと、11月に告知した、東日本大震災の追悼セレモニーでつかう灯篭絵の募集について

今月末に本部着で送りますので、描いていただいた方は教室で忘れないようにご提出ください。
私の方で本部あてに送りらせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。


タグ:水墨画教室

2019年01月21日

2月のワークショップ


MASUI×GACCOH 水墨画ワークショップ 第五十回
「扇面に描く・白梅」




plum_fan.jpg



出町柳のレクチャースペースGACCOHで開催している、水墨画ワークショップは次回で五十回を迎えます。
2014年5月からスタートし、今年は5年目になります。
近年は、毎回必ず参加してくださる熱心な受講者も増え、
少人数ながらも、賑やかなワークショップを開催できるようになりました。
これもひとえに水墨画を楽しんでくださる受講者の皆様のおかげです。
心より感謝申し上げます。

さて、次回は「扇面」にチャレンジです。
扇面とは、扇子の形をした紙面のことで、もちろん、後々扇子に仕立てるために描く下絵であったりしますが、直線と曲線との組み合わせによる変形した紙面に描くには工夫が必要でありますし、また、その約30センチほどの小さな紙面の作品を鑑賞する面白さもあり、一つの表現様式として確立されているものです。

今回の画題は「梅」ですが、酒井抱一の扇面画「梅図」をお手本にして、できるだけシンプルにしてみました。
いつものように画仙紙に練習をしてから、最後に扇面に仕上げていただきます。


【日時】2019年2月16日(土)

前半 12:30〜14:30
後半 15:00〜17:00
※前半、後半、ご希望の時間帯にご参加ください。
 
【会場】京都出町柳 GACCOH
(京阪電車「出町柳駅」2番出口より徒歩5分)
【参加費】各回一般:2,500円 / 高校生以下:1,500円 
(材料費込み。道具もこちらでご用意しておりますので特に必要な道具はございません。)

参加ご希望の方は、こちら申し込み専用のサイトからチケットを購入してください。


gaccohmap.jpg




posted by MASUI at 14:32| Comment(0) | GACCOHワークショップ

2019年01月20日

「色紙に描く・晴竹」


1月19日のワークショップは「色紙に描く・晴竹」でした。

2019年のワークショップのテーマは、色紙、短冊、扇面など様々な形状の紙面に描いてみよう、というものです。
第一回目は墨画ではスタンダードな画題の「晴竹」を色紙に仕上げました。

shikishi1.jpg


常連の参加者さんも、色紙に描くのは初めての方も多く、いつもの画仙紙とは違う描き味だったので、戸惑った部分も見受けられましたが、新鮮さを感じていただいたようでした。
新年にもふさわしい画題ですので、ぜひご自宅に飾ってくださいね。


shikishi2.jpg

shikishi3.jpg

shikishi4.jpg



来月のMASUI×GACCOH 水墨画ワークショップは2月16日(土)で、扇面に白梅を描きます。
とてもシンプルなお手本を用意していますので、初めての方もぜひご参加ください。


来月以降のスケジュールは

2月16日、3月16日、4月13日です。
予定は事情により変更される場合がありますので、必ず申し込みサイトのスケジュールを確認の上お申し込みください。












posted by MASUI at 10:32| Comment(0) | GACCOHワークショップ

2019年01月18日

カメリア


1月25日(第4金曜日)の烏丸夜間教室は「椿」の後半で
先月の復習と鈎勒法で花を描く練習をします。


stubakiphoto.jpg


椿の学名はCamelliaカメリア。

「カメリア」と聞けば、女性ならファッションブランドの「シャネル」を思い浮かべる方もいるかもしれません。
誰もが知っている、あのCCマークとともに、ココ・シャネルが一番愛した花だったというカメリアは、不朽のアイコンとして知られています。


シャネルのカメリアは、五弁の椿ではなく八重咲きの椿です。
wikipediaによると、西洋へは19世紀に日本や中国の椿が渡り、その後品種改良がなされ、花弁がたくさんある豪華なイメージのものが多くなったそうです。
やはり東洋との美意識の違いでしょうか。
日本では侘助のような小型で控えめな花姿のものが好まれますね。


今月の教室では五弁の椿を線描きで描きます。
一つの画面に多数の花を構成する場合には、様々な角度からのものが必要になってきます。
撮影したりスケッチする時は、正面から、横から、裏側から、、、などバリエーションを揃えましょう。
写真やスケッチがある方はご持参ください。



さて、第19回の展覧会の締め切りまであと2ヶ月となりました。
出品の相談がある方は、今月の機会を逃さないようにお願いします。






タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 10:31| Comment(0) | 京都烏丸夜間教室

2019年01月08日

花鳥風月


kachoufugetsu.jpg


『花鳥風月』京都市美術館所蔵品展



竹内栖鳳・堂本印象・神坂雪花・山口華楊ら有名作家の日本画をはじめ、洋画、工芸品などが展示されています。
堂本印象の美しい「鶴」は目正月。


美術館「駅」KYOTO で1月20日まで。

京都駅南北自由路の伊勢丹前広場の展示スペースには
応挙と蕪村のレプリカが展示されています。


京都駅近辺に来る機会がある方はチェックしてみてください。



koi.jpg


buson.jpg



タグ:展覧会
posted by MASUI at 19:24| Comment(0) | トピックス

2019年01月07日

1月阿南教室より「椿」

2019年の一番最初の授業は1月6日、徳島阿南教室での「椿」でした。
椿は1月と2月、2ヶ月間で没骨法と鈎勒法の描き方を学びます。

今月は、没骨法で葉と花を描く練習をしました。

葉を二筆で描く方法は、筆の動かし方は理解していただけていたと思います。
あと少しの力加減や角度の調節で美しいバランスになると思いますので、ご自宅でもよく練習してみてください。


tsubaki4.jpg


山茶花と椿の違いについても、あらためて正しい認識ができた、という方もいらっしゃったようです。

tsubaki6.jpg

自然界のこと、知らなかったことを一つ知ると嬉しくなりますね。
嬉しくなったり、ハッとしたりしたら、絵にしてみましょう。


来月2月3日(第1日曜日)は、引き続き今月の復習と花を鈎勒法で描く練習をします。




タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 20:08| Comment(0) | 徳島阿南教室