教室への入会希望は、随時お問い合わせください。

2022年03月31日

3月烏丸日曜教室より「魚介」1


3月27日の烏丸日曜教室は「鮎・鰈・鮃」でした。



fish2.jpg




fish1.jpg


”左ヒラメに右カレイ”

顔がある側を上に向け腹を手間においた時、顔が左にあるのがヒラメ、右にあるのがカレイです。


ちなみに泳ぎ方はこちら


鰈 カレイなる泳ぎ you tube





もう魚介のカリキュラムは3回目?のKさんは、若冲や八大山人の模写などもされていました。

ヤマメは字面が色っぽいので、唇を塗ってみたとのこと(^ ^)



fish4.jpg


fish3.jpg





来月4月24日(会議室1)はエビ・イカ・カニです。






タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 09:41| 京都烏丸日曜教室

2022年03月30日

地下鉄九条駅


地下鉄九条駅への出入り口階段壁面のデザインを
金曜夜間教室に在籍のNさんが担当されたとお聞きしたので
先日近くまで行った折に撮影してきました。


光琳波や青海波と兎や千鳥を組み合わせた、可愛らしいデザインです。
(ちなみにNさんは男性。)


もし近くを通りかかったら足を止めてみてくださいね。




kujoueki5.jpg
※Nさん撮影


kujoueki3.jpg



kujoueki1.jpg



kujoueki2.jpg




<追記>

平安京遷都794年の条坊制に基づく都造りの区画の境目は、北は一条大路、東は東京極大路、西は西京極大路、そして南は九条大路。

この都の地下には琵琶湖と同量の水量が蓄えられているとも言われ、四神(北は船岡山の玄武・東は鴨川の青龍・南は巨椋池の朱雀・西は山陰道の白虎)の考えの元となっています。

都には多くの水路が巡らされ、九条駅に当たる位置にも(明治の頃まで)川が流れていて、洛外でしたが大阪への流通・農村として発展し、水との関わりが重要な土地だっと言えます。

したがって、スクリーンのデザインにも四神や水をソースとしたモチーフが使われました。

東面は「雲竜」、南面は「波に千鳥」、西面は「波兎」となっています。
北は地下鉄の入口側であり,壁もなく空であることから「玄」を表しています。


以上、担当したNさんにデザインのコンセプトを聞いたので、(非常に詳しいご説明をしてくださったのですが、すみません)超簡単にまとめさせていただきました。









posted by MASUI at 15:26| トピックス

2022年03月29日

3月土曜夜間教室より「葡萄」前半


3月26日の土曜夜間教室は、実を線描きで表現する葡萄を練習しました。

線描きと言っても、輪郭線のような細い線ではなく、ある程度の太さや強弱をつけることにより、実の立体感を感じられるような線になれば成功です。
これが描く前は簡単なように思えても、やってみるとなかなか難しいものなのです。


葉は幅広の大きさを幾筆かで。
筆を倒した時の穂先の方向に注意するのがポイントでした。


grape2.jpg


grape3.jpg


grape4.jpg





来月4月23日は葡萄の後半で、実を没骨法で描く方法を紹介します。





タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 09:37| 京都烏丸土曜夜間教室

2022年03月28日

3月金曜夜間教室より「麦」


3月25日の金曜夜間教室は「麦」でした。

麦を作品として仕上げる時、お花のように一つだけ描くのではなく、数本から多数を描いて構成することがほとんどだと思います。

同じモチーフを繰り返したくさん描く時は
墨色のバランスを考えることが大変重要になってきますし
長細く方向性が出やすいモチーフは、同じ方向ばかり、
同じ長さのものばかりにならないように構成しなければなりません。

モチーフ自体の描き方は複雑なものではないけれど、学びの多い画題でした。


mugi1.jpg


mugi2.jpg


mugi3.jpg





これで野菜のカリキュラムが終了しましたので、来月からは『四君子』のカリキュラムに入ります。

4月22日は「竹」です。





タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 09:19| 京都烏丸金曜夜間教室

2022年03月26日

4月阿南教室の予定


4月3日の徳島阿南教室は「ウグイス・メジロ」です。


uguisu.jpg



年明けから椿の練習をしてきたので、椿の花と相性のいいメジロや、梅と相性のいいウグイスを練習したい思います。

椿も梅も画題としてはとても人気で、絵にした時に華やかさがあります。
そして椿1輪、梅1枝だったとしても、それに小鳥を描き加えると更に「映え」ます。

とてもシンプルな描き方なので、活用できると思います。(^_^)








タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 11:20| 徳島阿南教室

2022年03月25日

映画化決定


2020年の本屋大賞にノミネートされ3位を獲得した小説『線は僕を描く』


↓これはコミックスです
senboku.jpg


この小説は水墨画を題材とした青春小説という切り口が新鮮で、界隈ですごく話題になり、コミックス化もされました。
今度はそれが映画化されるそうです。

情報公開がフリーになり、SNSでもプロモーションが始まりましたので、まだずいぶん先ですがアップしたいと思います。


主役は横浜流星くん。
主人公・青山霜介のイメージと合ってますねぇ。素晴らしいキャスティングです。
彼は1年かけて水墨画のレッスンをしたそうですよ。



映画線は『僕を描く』公式サイト


2022年10月21日(金)全国公開


プロデューサー:北島直明
監督:小泉徳宏
主演:横浜流星
水墨画監修・小林東雲
原作者・砥上裕將



まだ原作を読んでいない人はチェックですよ〜!(^_^)






posted by MASUI at 10:05| トピックス

2022年03月24日

4月のワークショップ予定


MASUI×GACCOH 水墨画ワークショップ
第八十二回「白梅」



基本の画題、第2弾は「梅」です。
梅は「四君子」の一つで、まだ寒い時期から花を咲かせる高潔な花と捉えられています。
今月は線描きで表現する「白梅」を練習します。


whiteplum_g2.jpg


【日時】2022年4月9日(土)15:00〜17:00
【会場】京都出町柳 GACCOH
(京阪電車「出町柳駅」4番出口より徒歩5分)
【参加費】各回 一般:2,500円 / 高校生以下:1,500円 
(材料費込み。道具もこちらでご用意しておりますので特に必要な道具はございません。)
【定員】7名



申し込みはこちら専用のサイトからチケットを購入してください。




gaccohmap.jpg









posted by MASUI at 19:06| 出町柳GACCOHワークショップ

2022年03月23日

本日締め切りです


本日23日は、展覧会作品の受付締切日です。

出展予定の方は、皆さん無事発送してくださったことと存じます。
この2年間、思うように制作への時間が取れなかったこともあったかと思います。
最後まで頑張ってくれてありがとうございました。


厳正なる審査の結果、入選された方には、5月の初めに通知が直接届くと思います。




kawazu_toji5.jpg







タグ:お知らせ
posted by MASUI at 13:47| お知らせ

2022年03月22日

墨の忘れ物


今朝はあいにくの雨でしたが
5月の烏丸日曜教室の会議室を確保するため
ウィングス京都へ抽選に出かけました。

御射山公園のソメイヨシノの蕾がパンパンに膨らんでいて
今にも開花しそうです。


someiyoshono.jpg



六角堂のシダレサクラは咲き始め

shidare.jpg


柳の新芽も出始めました


yanagi.jpg





教室に墨の忘れ物をした人、ウィングス京都の事務局で預かっています。
心当たりのある方は受付にお申し出ください。



wasuremono.jpg










タグ:お知らせ
posted by MASUI at 14:07| お知らせ

2022年03月19日

3月烏丸日曜教室の予定


3月27日の烏丸日曜教室(会議室2)は「魚介類1」です。



鮎、平目、鰈を練習します。

karei.jpg



さて、魚を描くのも楽しいですよ。^_^

過去の高名な作家たちもたくさん魚の絵を残しています。

水の流れに身を任せて、ゆるやかに、自然のままに生きてゆく心境などを表現されたのかも知れません。。。

あ、そんな歌もありましたね。




お魚はスーパーでは切り身で売ってることが多いですが、丸ごと1匹買った時には、お料理する前に写真に撮っておきましょう。(笑)







タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 00:00| 京都烏丸日曜教室

3月土曜夜間教室の予定


3月26日の土曜夜間教室は、花のカリキュラムが終わったので、今月から「果物」のカリキュラムに入ります。


grape0.jpg



3月は実を鉤勒法で描くブドウ、
4月は実を没骨法で描くブドウを練習します。
葉は、これまで「いろいろな花を描く」のカリキュラムで学んだ描き方とはまた違う描法です。


ちなみに、葡萄は実をたくさんつけることから子孫繁栄、ツルを伸ばしてどんどん成長することから成功の象徴、とされています。
大変縁起のいいモチーフで、金閣寺にも伊藤若冲が描いた葡萄の障壁画がありました。

その障壁画(重要文化財「葡萄小禽図床貼付」)は現在、相国寺の承天閣美術館で一部が移設再現されているので常時に拝観することができます。



タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 00:00| 京都烏丸土曜夜間教室

2022年03月18日

3月金曜夜間教室の予定


3月25日の金曜夜間教室は野菜カリキュラムの最後の画題で「麦」を練習します。


mugi0.jpg



お彼岸が近いですし、もう春が目の前です。
これからビールが美味しい季節ですね。

夏の御挨拶にビールを贈られる時は、麦を描いたカードを一緒に、、、
というのはいかがでしょう?^_^






タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 11:13| 京都烏丸金曜夜間教室

2022年03月15日

3月上級教室より「古梅」


3月13日の上級教室は「古梅」でした。

梅は特徴的な幹や枝の様相をどのようにデザインするかが大きなポイントとなります。
特に大きな紙面に描くときは、そのデザイン性(構図)を練らなければなりません。
梅の場合は、花の描き方云々よりもそれが一番難しいと感じます。

そして、古木を描くには、苔むしたり枯れていたりする幹の表現の仕方を工夫します。
紙の性質なども踏まえ、いろいろなパターンを研究してみてください。


kobai1.jpg


kobai2.jpg


kobai3.jpg



まだ梅を見られる時期ですので、みなさん枝ぶりや花の付き方をよく観察しに出かけてみてくださいね。






来月は通常通り第3日曜日4月17日で、「松」です。




タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 09:38| 京都烏丸上級クラス

2022年03月14日

3月のワークショップは竹の葉と雀でした


3月のGACCOHワークショップは「竹の葉と雀」でした。



suzume2.jpg




前回に引き続き今月も参加してくださった方がほとんどだったので、
しっかりと葉の練習をしていただき、格段に上達されましたね。

雀は喉とほっぺの黒斑をきちんと濃く描くことがポイント。
ここが淡くぼやけてしまうと雀らしく見えません。





次回4月9日は「白梅」です。
今、多くの名所が見頃になっていますので、じっくり観察してぜひ描きに来てください。^_^




posted by MASUI at 18:35| 出町柳GACCOHワークショップ

2022年03月11日

河津桜開花状況


あまりにもお天気がいいので、三条大橋の河津桜をチェックしに行きました。
現在は五分咲きといった感じです。


kawazu1.jpg


kawazu2.jpg



ソメイヨシノは、ようやく蕾が膨らんできたところ。


sakura.jpg




椿は品種によって様々です。
淡いピンクの椿キレイですね。




tsubakipink.jpg


tsubomi.jpg









タグ:季節の花
posted by MASUI at 14:45| トピックス

2022年03月10日

3月阿南教室より紅椿


3月6日の徳島阿南教室は紅椿の練習でした。

基本的に、白椿は花弁のアウトラインを線描きし、白で残します。
紅椿は没骨法で、花芯の白い部分を残すように描きます。

椿の葉の練習は今月で2ヶ月続けてなので
ほとんどの方が会得されていたように思います。

白椿の描き方のアレンジとして絞り模様の椿も描けます。
これから椿の開花の季節ですし、いろいろな椿を観察し制作してみてください。



benitsubaki1.jpg


benitsubaki2.jpg


benitsubaki3.jpg


benitsubaki4.jpg





来月4月3日は、椿と組み合わせて描けるメジロやウグイスの練習をします。







タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 08:30| 徳島阿南教室

2022年03月09日

3月上級教室の予定


3月13日の上級教室(会議室1)は「古梅」です。


goshoume20223.jpg




基礎クラスでは、大きな梅の一部分をクローズアップし、花や枝ぶりの特徴を捉える練習をしました。

上級では半切2分の1や半切に描きますので、太い幹も含めた見せ方(構図)を考える必要も出てきます。

構図の参考にしたい資料がある人はご持参ください。
下絵を描くのに、模造紙など(100円ショップで売ってます)もご活用ください。




タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 07:35| 京都烏丸上級クラス

2022年03月04日

作品の発送期間


第21回展に作品を出展される方、進み具合はいかがでしょうか?



締め切り日は2022 年 3 月 23 日(水)ですが、今年は3月5日から受付開始となっています。

募集要項(pdf)はこちら

※郵送の場合には 3 月 5 日~23 日の期間内に、国際墨画会本部に必着。
(ゆうちょ銀行)を使用し指定銀行 口座へ納入期限(作品締め切り日)までに振込のこと。



私は、きつく折り目が付かないように軽く折りたたんで、A4サイズの封筒に入れて送ります。
出品申込書、出品料・表装・図録申込書を忘れないように同封してください。


ギリギリまで頑張って、落款印を押してから日にちが経たず郵送する場合は、折りたたんだ時に印泥の赤が他の場所に移らないように、よ〜く紙で押さえ、余分な印泥を取り除いてから送ってください。





syuppin.jpg


締め切りが年度末と重なっているので、この時期の追い込みは大変だと思いますが、どうぞ体調を崩されないように。。。










タグ:展覧会
posted by MASUI at 18:11| お知らせ

2022年03月02日

2月烏丸日曜教室より「鳥・虫」


2月27日の烏丸日曜教室は「鳥・虫」でした。


前半の鳥はスズメと鶯を練習。
鶯は春を告げる鳥で、定番は梅や桜とのコラボ。
一方、スズメは一年を通して里で見かけますし、
どんな木にも止まるので、様々なシーンで活躍してくれます。

鶯は特徴をうまくとらえると、とてもシンプルな表現でも「らしく」見せることができます。

uguisu.jpg



スズメはどんなポーズでも愛嬌ががありますね。
暖かくなってくるとお隣の公園にもたくさんやってきます。
ぜひ観察してみてください。


spallow1.jpg




後半は虫でした。

虫は野菜や植物と組み合わせてよく描かれます。


細密画と没骨と両方練習してください。



incect1.jpg



incect2.jpg





来月3月27日は「魚介1」です。







タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 15:34| 京都烏丸日曜教室

2022年03月01日

忘れ物のお知らせ


教室での忘れ物についてのお知らせです。

・土曜夜間教室 「いろいろな花を描く」教科書
(私の手元にあります)

text.jpg




・日曜教室 木箱に入った墨 
(ウィングス京都から昨日連絡がありました)



心当たりのある方は次回の授業でお申し出ください。


机の下側に頻繁に忘れ物があります。
帰り際には必ず机の下に何か置いていないか、確認をするように心がけてください。




以上、よろしくお願いいたします。






タグ:お知らせ
posted by MASUI at 10:24| お知らせ