2015年04月13日

ワークショップ「松」報告

4月12日のGACCOH水墨画ワークショップは「松」でした。

古典的な松葉の描き方ではなく、若冲の独特な描き方でトライしてみよう、
ということで、タイミング良く開催されていた「若冲と琳派の世界」展を拝観してから
ワークショップに挑むという企画でした。

jakucyu_rinpa.jpg

お天気は晴れ。相国寺にもたくさんの松が生えています。

お手本にした若冲の松は、松の全体像ではなく、一部分をズームアップした構図です。
松の幹のカサカサ感と勢いのある松葉を「カスレ」で描くのが主題でした。

ws_pine3.jpg

ws_pine2.jpg

実物を目にした直後でも、いざ描こうと思うとやや迷われた様子でしたが、、、

一部分にスポットを当てた事で、それぞれ個性的な画ができあがりました!

筆の使い方や線の強弱、色のコントラストの付け方などをおわかりいただけたら
次は大きな画にもチャレンジしてみてくださいね。


さて、次回のワークショップは5月5日(祝)です。
基本の「晴竹」を筆ではなく刷毛で描いていただこうと思います。




posted by MASUI at 18:08| Comment(0) | GACCOHワークショップ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。