2016年07月22日

正統派朝顔

7月20日の東京千代田教室は「朝顔」でした。
先月は、中国式の洒脱な表現の朝顔でしたが、今月は日本的な正統派表現の書き方です。

chiyoda2016.7_1.jpg


没骨法で描く場合は、穂に水を多く含ませ、水分で滑りを良くして描いてみてください。
力みすぎたり、水分が少なかったりすると、筆が割れてしまって綺麗な花弁が描けません。

chiyoda2016.7_2.jpg


花をたくさん描く時は、横からのアングルのものや蕾も効果的に使いましょう。
テキストのように竹竿を2本描く場合は、長さをアンバランスにしたり、クロスする部分を花でうまく隠すと、全体的な印象は柔らかくなります。


朝顔は、半切や短冊にも無理なく描ける、この季節のオススメ画題です。
暑中見舞いにもいいですね。


タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 09:06| Comment(0) | 東京千代田教室
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。