2016年09月25日

抽象化した薔薇

9月20日の東京千代田教室は「いろいろな花を描く」の最終、
抽象的な表現の薔薇の花でした。

例えば、水墨画は、対象物の特徴を抽出し簡略化することで
そのものの本質を描き出そうと試みます。

この薔薇の花びらは、これだけの少ない枚数で薔薇らしさを表現する、、、というチャレンジ。
教科書のお手本はサラリと描いてあるように見えますが
いざ描いてみると、花弁の長さや筆の入り・止め、角度など
シンプルなものほどバランスがとても難しいですね。

chiyodarose2.jpg

顔彩を使う場合は、臙脂や紅梅に墨を少量つけて調色すると
落ち着いた色調の赤になります。

グリーティングカードや和紙のお手紙に描き添えても素敵です。
おためしください。

chiyoda2016.9_1.jpg


タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 23:21| Comment(0) | 東京千代田教室
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。