2016年11月18日

葡萄の描き方ーその2

11月16日の東京千代田教室は、葡萄のパート2でした。
テキストでは葡萄の描き方を、葉・実それぞれ2通り紹介しています。

幾筆かで描く葉と、線で描く実の組み合わせによる葡萄図は
筆勢を活かした、強くラフなイメージにしたい時に適しています。
気分も乗ります。

chiyoda2016.11_1.jpg

今の時期はすでに、展覧会の作品に取り組んんでいる方もいらっしゃると思うので、
半切のような長細い紙に描く際の構図の取り方も紹介しました。

chiyoda2016.11_2.jpg

朝顔などの蔓のある植物を描く場合にも応用できます。

面白い蔓の巻き方、絵の中の動きを研究してみましょう。

タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 08:50| Comment(0) | 東京千代田教室
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。