2017年01月14日

2017年は「蘭」から

1月22日の京都烏丸教室は「蘭」です。

「蘭」といえば、白く大きな胡蝶蘭をまず思い浮かべることと思いますが
胡蝶蘭の豪華な印象とは反対に、中国蘭は可憐で清楚なイメージがあります。

orchid.jpg

そして、岩場や谷間にひっそりと咲くことから、俗を離れた高貴な君子に喩えられ、
水墨画の古典的なテーマである「四君子」の一つとして描き継がれてきました。

また、これを栽培したり、観賞したり、特に清朝ころから野生株から花形のよいものを選別し、優劣を競うことが行われるようになったそうです。

日本では江戸時代に「園芸ブーム」が巻き起こり、様々な花の多品種が生まれました。
特に武士の間では競って「奇品栽培」がおこなわれ、その中には「松葉蘭」というのもあったそうです。

東洋蘭には一茎一花のもの、一茎多花のものがあり、授業ではこの両方の描き方を前半と後半に分けて紹介します。

葉を描くことにより、曲線の運筆、その曲線の強弱のつけ方などの練習、
花弁を描くときの特徴的な墨のつけ方などの練習をします。


今月は1月1日が日曜日だったので第5日曜日までありますが
1月22日(第4日曜)です。29日と間違えないようにお願いします。


shiran.jpg

「紫蘭」日本原産。野生のものも見かけますね。




タグ:水墨画教室
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。