2017年03月20日

水墨画の技法「三墨法」


3月18日のMASUI×GACCOH 水墨画ワークショップ 第二十八回は「三墨法・竹(竹)」でした。

昨年は若冲生誕300年ということで、1年を通して若冲の絵をお手本にしましたが、2017年度のワークショップは『技法』に焦点を当てて開催します。

水墨の技法はたくさんありますが、呼び名や描き方を知れば、展覧会や文化財を観るときにも楽しさ、好奇心が倍増するのではないでしょうか?

ということで、初回は「三墨法」。
筆の穂の中に濃中淡の三段階の墨色を仕込みグラデーションを表現する、日本的な水墨画を描く際には欠かせない基本の猫法です。


wssanboku2.jpg


モチーフは「竹」です。まっすぐな竿にグラデーションで立体感を出す、わかりやすい画題です。
筆を立てて描く「直筆」、筆を倒して描く「側筆」も、学んでいただきました。
初めて水墨画を描く時、「竹」は、このような基本の技法・筆法をわかりやすく知ることができます。

wssanboku1.jpg

この日は、文化人類学を勉強しているという留学生の方も来てくださいました。
皆さま、2枚目を描く頃にはすっかり上達して、素敵な作品が出来上げてくださいました。
ご参加ありがとうございました。


次回は4月15日(土)で、『破墨法』です。



posted by MASUI at 08:55| Comment(0) | GACCOHワークショップ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。