2017年06月25日

岩と鴉

6月24日のMASUI×GACCOH水墨画ワークショップは、「破筆法・岩と鴉」でした。

岩の描き方にはいろいろありますが、「岩10年」と言われ、
長い時間修練が必要とされる難しいモチーフです。
今回は破筆法という、穂先をバラけさせて、変化のある線を描く技法でのチャレンジでした。

hahitu4.jpg

一筆で勢いのあるカッコイイ線を、
あるいは、一筆で味のある複雑な線を、
また、あるいは一筆で対象物の質感を表す線を。

これらは水墨画の醍醐味とも言えますが、とてもとても難しいことです。


hahitu1.jpg

常連の小1のSちゃんは、思う存分に奔放な線を描いてくれました。

鳥の羽毛は、同じ破筆法でも穂のさばき方を微妙に変えたり
運筆や筆圧を変えたりして描き分けました。

hahitu2.jpg


短時間でしたが、みなさんこの通りの素晴らしい出来栄えです。

hahitu3.jpg


今回は、わざわざこのために愛媛県から日帰りで参加してくださった方がいらっしゃいました。
とても学ぶ意欲のある女性でした。有り難うございました。


次回は7月15日(土)「溌墨法・蓮」です。



posted by MASUI at 21:44| Comment(0) | GACCOHワークショップ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。