2017年10月22日

果物「琵琶・栗」

10月22日の烏丸日曜教室は、テキスト『果物・野菜』から栗と枇杷の練習をしました。

marron1.jpg

biwa1.jpg


栗と枇杷の葉は細長くよく似た形をしているのですが、それぞれ微妙に特徴の違いがあります。
栗は、葉の周りにトゲトゲがあので、葉脈を葉から少しだけ飛び出させて描き
枇杷は、栗よりは少しだけ丸みがあるので筆の止め方を柔らかくします。
また、虫喰いや朽ちかけた様子を渇筆で表します。

みなさん運筆はよくできていたので、あとは葉の形や構図を整える練習をしてみてください。
栗も枇杷も葉がたくさん付いているので、一枚の絵にいろいろな葉を混ぜて描けば、単調な印象にならずに済みます。

biwakuri1.jpg


来月11月26日は「鳥・虫」です。
お部屋が2階ビデオシアターに変更になります。

展覧会用の作品のご相談をされる方もちらほら出てきました。
出品予定の方は、年内にラフを仕上げるつもりでご準備されると良いと思います。




タグ:水墨画教室
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。