2017年12月10日

2018の干支

12月9日、今年最後のワークショプは、来年の干支「戌」にちなみ狛犬を描きました。

komainu2.jpg

狛犬とは、神社やお寺の入り口にある左右一対の石像で、想像上の生物です。
普段から見慣れているものですが、実は左右で違いがあります。

口が開いているものと閉じているもの、角があるものとないもの。

口を開けているのが獅子で、閉じて角のあるのが狛犬なのだそう。

狩野永徳が描いたのは「唐獅子」です。


2017年は「水墨画の技法を学ぶ」というテーマで様々な技法を取り上げてきましたが、今月は主に線描きの練習をしました。
最初は木炭で当たりをつけ、強く太く描く部分や、線の強弱をつけるポイントなどに注意しながら描いていきました。

狛犬のたてがみは「破筆法」で。

komainu5.jpg

小学2年生のS君は、たてがみが風に乱れているようなワイルドな狛犬に描いてくれました。


komainu3.jpg

komainu4.jpg


後半は、恒例、年賀状サイズの紙に簡単な「張子の犬」を。

hariko.jpg

アイロンでくっつけることができるハガキサイズの和紙も市販されてますので
ぜひご活用ください。


さて、今年もたくさんの皆様にワークショーップに参加していただきましたこと、お礼申し上げます。
また来年もどうぞよろしくお願いいたします。

2018年のテーマは「歳時記」です。
七十二侯から画題をピックアップし、次回2月17日は『黄鴬睍v( うぐいすなく)』

「梅にウグイス」を描きます。


posted by MASUI at 11:00| Comment(0) | GACCOHワークショップ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。