2018年03月13日

3月阿南教室より「風竹」


先週末からやっと春らしい陽気になり、徳島では梅が満開、もう咲き始めた桜の木もありました。

徳島駅では、加藤一二三さんの後ろに掛かっている掛け軸の絵を、香取会長が描かれたという、ドコモのポスターと出会いました。
国際墨画会のブログにも記事が投稿されていますのでチェックしてみてください。)

123.jpg

3月11日の徳島阿南教室は「風竹」。
直筆と側筆で葉を描く練習をしていただきました。

bamboowind1.jpg


側筆(露鋒)で描く場合は、葉にグラデーションを表現することができます。
墨のつけ方は、いつもの三墨法と片面だけに付ける2通りの方法があります。
描き始めの力加減や角度、抜き方などもコツをつかむまでは難しいと思います。
皆さん授業の終わり頃には徐々に描けるようになりましたが、引き続き練習してみてください。

bamboowind3.jpg

bamboowind2.jpg

先月の「刷毛で描く竹」を自宅で描かれた作品を持ってきてくださった方がいました。
練習の成果が出てますね。ありがとうございます。

bamboostudy.jpg


さて、来月4月1日(第一日曜日)は「雨竹」です。
雨や雪を描くときのコツなどもご紹介しようと思います。

タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 09:26| Comment(0) | 徳島阿南教室
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。