2018年03月26日

3月烏丸日曜教室より「岩・山」


烏丸日曜教室は山水のカリキュラムから「岩・山」を描く練習でした。

iwa1.jpg

石、岩、岩山、、、どれも基本的なところは同じ描き方ですが
そばに描き添えるモチーフや、そのモチーフの大きさによって
岩や岩山のスケール感を表すことができます。
よく使う技法は、渇筆、転筆、破筆など様々あり、それらを駆使して質感を表現します。


iwa2.jpg


iwa3.jpg

後半は富士山の練習でした。
富士山は、多くの画家が描いているテーマなので、いろんな作品を見てみましょう。
同じモチーフですが、それぞれに作家の持ち味があります。

fuji1.jpg

fuji2.jpg

風景画に使う紙、技法など、「山水1」の教科書にダイジェストで掲載されています。熟読をお願いします。


来月4月22日(第4日曜日)は「渓流」、再来月5月27日(第4日曜日)は「建物のある風景」です。


5月の建物のある風景では、自分がスケッチしたものを元に描いていきます。
5月の授業までに「建物が入った風景」のスケッチをご用意ください。
7月には「自由な風景」の授業があり、ここでは建物に限らず自由な風景のスケッチが必要になります。

ちょうどタイミングよく、スケッチに出かけられる陽気になってきました。ご準備をよろしくお願いします。




タグ:水墨画教室
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。