2018年03月28日

絶品、日本の意匠


『明治150年展 明治の日本画と工芸』


kinbi.jpg

京都国立近代美術館で3月20日からスタートしています。

明治時代、日本の芸術性の高さを海外に知らしめることになった工芸品の数々と、その工芸図案、そしてそれらを手がけた画家たちの作品が展示されています。

竹内栖鳳、今尾景年、森寛斎らの美しい日本画、

繊細でモダンな工芸品のための図案、

超絶技巧の彫金・象嵌や染付けの陶器など。

2018年3月20日(火)〜 5月20日
(前 期 : 3 月 2 0 日 ~ 4 月 2 2 日 、 後 期 : 4 月 2 4 日 ~ 5 月 2 0 日 )

オススメです。


タグ:展覧会
posted by MASUI at 08:32| Comment(0) | トピックス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。