2018年04月08日

『玄鳥至』


4月7日のMASUI×GACCOH水墨画ワークショップのテーマは「玄鳥至(つばめきたる)」。
柳に燕を描きました。

玄鳥とは燕のことで、七十二候では4月5日前後に、越冬した燕が南から日本にやってくる時期のことを言います。


swallow1.jpg


今回のポイントは、柳の葉を描く時の直筆の運筆と、燕の翼の側筆から直筆へ移行する運筆の練習でした。

燕は、紙飛行機を飛ばした時のように、風を切りながら飛びます。
風に乗ったスピード感を表すには、翼の先端や尾をやや掠れさせると良いです。

swallow2.jpg

swallow3.jpg


ところで、日本で燕は個体数が減少しているのだとか。
原因は、西洋家屋が増えて、巣を作る場所が少なくなったこと
巣を作っても人の手で壊されてしまうこと
餌や巣作りに適した、自然や農耕地が減少したこと

など、他にもいくつか原因があるそうです。

日本野鳥の会のサイトに、燕の現状や調査結果など詳細が記載されています。

https://www.wbsj.org/nature/research/tsubame/decrease.html


さて、来月5月13日(日曜日)は「麦秋至」がテーマです。
麦を描く練習をします。




posted by MASUI at 08:12| Comment(0) | GACCOHワークショップ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。