2018年05月26日

5月夜間教室より「紅梅」

5月25日の烏丸夜間教室は「紅梅」でした。

koubaiyakan1.jpg

最初は梅の枝振りのデザインを決めるのが大変難しいです。
お手本を見ながら練習する場合も、あらかじめ木炭で構図の当たりをつけてから、紙面に集中して描くと良いと思います。

古木感を表現するためには「たらしこみ」と言う、幹に独特のムラ模様を加える方法を用いることがあります。
これは俵屋宗達が考案したと言われており、琳派の絵師がよく使った技法で、墨の上に違う濃度の墨や絵の具を垂らします。

苔を表現するときは「花白緑」というミントグリーンの顔彩を使います。

koubaiyakan2.jpg


紙を買い求めるときは「ドーサ引き」を。
ぜひ練習してみてください。



タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 13:03| Comment(0) | 京都烏丸夜間教室
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。