2018年06月25日

6月烏丸日曜教室より「雪景色」


6月24日の烏丸日曜教室は雪景色の練習でした。

yukigeshiki1.jpg


雪景色を描く場合の「雪」は、紙の白をそのまま残して描きます。
例えば雪山を白く残したい場合は、空を染めることによって山を浮き立たせます。

授業では、山の稜線に接した部分を濃く、上に向かって徐々に薄くなっていくグラデーション、「片隈法」の練習をしました。
そして画仙紙と麻紙で、描き心地やボカシの柔らかさの違いなどを、実際に描いて確認しました。

yukigeshiki4.jpg

yukigeshiki3.jpg


細かい表現など、白場を残しながら描くのが難しい場合は、ドーサやレジンドーサ、白抜き一発液などを使うことがあります。
モミの木の雪は白抜き一発液を使いました。


haiji.jpg



来月7月22日(第4日曜日)は、自由な風景画を描きます。
建物でも山でも川でもモチーフは自由なのでスケッチをご準備ください。




タグ:水墨画教室
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。