2018年07月03日

阿南教室より「秋蘭」


7月1日から徳島阿南教室は「蘭」の授業に入りました。
今月は「秋蘭」、来月は「春蘭」を練習します。

古来中国では、一つの茎に一つの花が咲くものを「蘭」、一つの茎に多数の花が咲くものを「宦vと区別しました。
蘭は春に咲くので春蘭、宸ヘ秋に咲くので秋蘭とも言います。

現在に於いては、日本の東洋蘭は、観賞用に栽培されたものや野生種など多くの種類があるようです。
葉も幅広のものや細い幅のものがあり、最初は同じ品種のグループだったものが、どんどん種類が増え、別品種に分けられたものもあり複雑です。

授業では、芥子園画伝の蘭の描き方を学びます。

anan_ran1.jpg


まずは葉の練習から。

墨蘭を描く極意として、芥子園画伝には


『およそ蘭を描く場合、葉と葉を相等しくしてはいけない。筆の動きにつれて、あるいはとだえ、あるいは続き、意至りて
筆至らずの態になっても一向さしつかえない。あるいは蟷螂のように太く、あるいは鼠の尾のように細く、軽重がかない、心のままに手が動いて、各々がその妙を尽くすのである』



(^-^;) と、、、何やらとても難しそうなことが書かれていますが。。。

約2時間の練習で、どんどん調子をつかんでくださったみたいです。

anan_ran2.jpg


anan_ran3.jpg



ちなみに、下の画像は『江戸の植物画』という書籍からの抜粋で「紫寒蘭図」。

kanranzu.jpg


観賞用には線の細い葉の蘭が好まれたみたいです。
古くから文人に尊ばれた蘭は水墨で描かれることが多かったが、繊細複雑な花の色味も見どころに違いなく、十八世紀の日本では上方を中心に濃厚な着色の蘭図がしばしば見られる、とあります。


寒蘭は一茎多花です。
10月11月の寒い時期に咲き、本州の紀伊半島から南の四国、九州、琉球列島にかけて分布しますが、現在では乱獲のため、自生を見ることはほとんどできないのだとか。



来月8月5日(第一日曜日)は「春蘭」の練習をします。




posted by MASUI at 11:31| Comment(0) | 徳島阿南教室
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。