2018年11月13日

11月徳島阿南教室より「花菖蒲」


11月10日の徳島阿南教室は「花菖蒲」でした。
今月からテキスト「いろいろな花を描く」のカリキュラムがスタートです。

阿南市でも自生のものや一般に公開されている花菖蒲園があるそうで身近に観賞する機会があるとはいえ、ハナショウブ・カキツバタ・アヤメの違いはそれぞれを並べて見比べてみないとわかりにくいかもしれません。
そして全て「アヤメ科」に属し、それらを総称して「アヤメ」と呼ぶこともあるというので、混乱してしまいますよね。



テキストには、2種類の花弁の描き方が紹介されています。
作品にするときは、どちらか一つの描き方に統一しましょう。

カキツバタはハナショウブとほとんど同じ描き方ですが
「蜜標(シグナル)」の部分が黄色ではなく「白」です。
立弁もハナショウブよりは長く上に立っているように描くと、らしく見えると思います。

iris7.jpg


花弁は色付けして描くと綺麗ですね。
ぜひご自宅でも練習してみてください。


iris8.jpg

iris9.jpg

iris10.jpg




12月は通常通り第一日曜日の12月2日です。
来月も今月の復習をしますので、顔彩をお持ちください。



タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 12:24| Comment(0) | 徳島阿南教室
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。