2018年11月14日

大雄院襖絵プロジェクト


妙心寺大雄院で進められている「襖絵プロジェクト」は
江戸時代後期から明治初期に活躍した画家柴田是真による大作、
明治宮殿の千種の間(戦災にて焼失)花の丸大天井の絵を、
日本で唯一人の宮絵師・安川如風先生が大雄院の襖絵に復活させるというものです。

春に第1期の公開がありましたが、新たに2面の襖絵が完成し
現在期間限定で公開されています。

daiohin1.jpg


私が参拝した日は、舞妓さんが襖絵をバックに踊られてました。
23日の午後14時からはミニライブがあるそうです。

ちなみに現在の紅葉の具合はこんな感じです。

daiohin2.jpg



柴田是真が描いた天井画の下絵は、現在京都文化博物館で開催中
(25日まで)の

『華ひらく皇室文化 明治宮廷を彩る技と美』

で6点が展示されています。(前期・後期で展示入れ替え)


柴田是真の天井画下絵や、他に写生帖などの貴重な資料は東京藝術大学大学美術館が所蔵されていて、
2017年にクラウドファンディングで修復費用を募り、無事にほころびや破れが手当されたそうです。

焼失した皇居・明治宮殿の天井画 柴田是真の作品を修復したい!




タグ:展覧会
posted by MASUI at 11:06| Comment(0) | トピックス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。