2014年05月06日

水墨画教室の講師資格について

国際墨画会は、水墨画を多くの人に楽しんでもらいたい、という願いと同時に
日本の素晴らしい財産である水墨画の魅力や筆法・技法をきちんと次世代に
伝えていきたいという意志を持っています。

四君子、花・鳥・虫・魚、野菜・風景、、、
円山応挙の「付立て法」や伊藤若冲の「筋目画き」の表現法や
中国から伝わった「芥子園画伝」に出てくる伝統的な描き方など
基本となる技法や専門知識をしっかり身に付けて伝えて欲しい。
そんな思いから確立された制度です。

※講師資格コースの内容はコチラ(pdf)をご参照ください。

月に一度4時間の授業ですが、御覧のように学ぶ内容はかなり盛りだくさんです。
基礎とはいえ、これだけの画題を習得するのは大変ですが
12のカテゴリーで1クールが終了したら、また最初の画題から、というローテーションなので
納得のいくまで学ぶ事が出来ます。

「資格は要らない、とにかく水墨画を嗜みたい」という方ももちろん大歓迎です!

アプローチのしかたは人それぞれですが授業内容は同じですので、どうぞご自分のペースで取り組んでみて下さい。



20130122_359951.jpg



タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 22:38| Comment(0) | 教室の詳細・月謝など
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。