教室への入会希望は、随時お問い合わせください。

2022年11月09日

yellow


やっと黄色くなってきました。

朝から晴れている日が続いているので、写真が映えます。
サックスブルーとイエローの組み合わせ、いいですね。

新鮮な空気を吸い、日光を浴びる気持ちよさ。


yellow3.jpg


yellow4.jpg


yellow6.jpg


yellow2.jpg


yellow1.jpg






タグ:季節の花
posted by MASUI at 10:27| トピックス

2022年11月07日

水墨画つながり?


映画『線は、僕を描く』

主演の横浜流星くん、今度は舞台「巌流島」で宮本武蔵を演じるそうです。

ご存知の通り、宮本武蔵は剣の達人であると同時に水墨画の達人でもあります。

有名な作品は『枯木鳴鵙図』。

これは大阪府和泉市の美術館が所蔵しているそうです。


京都では東寺の観智院に壁画と襖絵が残っています。
(劣化が激しく、絵がハッキリと見えないのですが。。。。)




kanchiin.jpg




枯木鳴鵙図のモズを写してみました。
けっこう獰猛な顔をしていました。



musasi.jpg





posted by MASUI at 22:18| トピックス

2022年11月05日

特別展 木島櫻谷ー山水夢中ー


ー山水夢中ー

木島櫻谷の山水画にスポットを当てた展覧会です。

泉屋博古館(京都・鹿ヶ谷)
2022年11月3日(木・祝)〜 12月18日(日)

会期中、展示作品の入れ替えがあるそうです。


senoku2.jpg



庭の木々は少し赤くなっています。

senoku1.jpg





タグ:展覧会
posted by MASUI at 16:49| トピックス

2022年11月01日

U−23水墨画ワークショップ開催しました


10月30日にU23水墨画ワークショップを開催しました。



デザインを学ぶ専門学校生さん、京都市内の大学生さん、ランゲージスクールの留学生さん、高校生くん、社会人さん、など、水墨画には初挑戦の方ばかりが参加してくださいました。

前半は「竹」、後半は「葡萄」を練習しました。
両方参加してくれた方々、ありがとう!
モミジやらかぼちゃやら、たくさん紹介しすぎたので、最後はちょっとおつかれ気味でしたね(^ ^)

水墨画教室に入会してくれた留学生さん、ありがとう!

映画『僕は、線を描く』を観て来てくれた方も、本当にありがとう!

学生時代の楽しい思い出になったなら、とても嬉しいです。


u23_1.jpg


u23_2.jpg


u23_3.jpg


u23_4.jpg


u23_5.jpg


u23_6.jpg







そして、もう一つ、さらなるチャレンジをしてみたいと思ったあなた。

東京渋谷を拠点とする『国際墨画会』は、毎年6月に公募展を開催しており、そこでは、次世代に水墨画を継承する活動の一環として、23歳以下の方には特別枠を設けて出展を受け付けています。
審査が通れば乃木坂の国立新美術館に他の方々の作品と一緒に展示されますし、図録にも掲載されます。

規定のサイズはワークショップで描いた紙の大きさです。
描いた作品をそのまま応募することもできますし、また自分で新しく好きな画題で制作しても構いません。


気になった方は、国際墨画会のホームページをご覧いただくか、麻水水墨画教室までお問い合わせください。



posted by MASUI at 12:09| トピックス

2022年10月07日

Andy Warhol Kyoto


京セラ美術館で開催中のアンディー・ウォーホール展に行ってきました。


私はスタートした週にすぐ行ったのですが、すでに多くの人が訪れていて、「インスタグラムに投稿しよう」と写真撮影がOKになっていたせいか、みんな無言で無表情なのに、なんとなく熱気が感じられました。

私のように昔から馴染みのある年代の方々もいれば
作品を背景に自撮りしている若者たちの姿もありました。

今回は初期のドローイング作品がたくさん展示される、というのがウリです。
もちろん代表的なシルクスクリーン作品も見ることができます。


andy1.jpg


andy2.jpg



andy3.jpg



andy4.jpg




アンディは1987年に亡くなっています。

存命の頃、彼が日本でテレビCMに出演していた(たぶん1983年頃)のを知らない世代が多いのでは?
その当時のファッション雑誌アンアンの表紙を飾った号を、捨てるに捨てられずまだ持っています。


andy5.jpg




グッズはキーホルダーを買いました。(^ ^)

andy6.jpg



















タグ:展覧会
posted by MASUI at 09:50| トピックス

2022年09月26日

教室在籍者の個展、合同展参加のご紹介


●金曜夜間教室の三田さんが所属されているサークルの恒例の展覧会と、写真、美術、工芸の文化交流展に参加されるそうです。


第13回「写楽彩」写真と美術と工芸の文化交流展2022

2022年10月11日〜16日
10:00〜16:00
京セラ美術館 2階南東区間

DMmita2.jpg



第74回 「京都市役所絵画サークル展」

2022年10月14日〜19日
11:00〜17:00
OPTギャラリー 中京区寺町通御池下ル東側


DMmita1.jpg







●烏丸日曜教室のゆかさんが個展を開催されます。
ゆかさんは主に絹に日本画の画材で現代美人画を描いていらっしゃいます。


「新井ゆか展」


2022年10月21日〜29日(会期中無休)
12:00〜17:00
乙画廊 大阪市北区西天満2−8−1大江ビルディング101


DMhashiguchi.jpg




ようやく過ごしやすい気温になってきましたね。
お近くの方、ぜひお運びください。





タグ:展覧会
posted by MASUI at 11:01| トピックス

2022年09月08日

若冲忌


9月10日は若冲の命日です。
毎年、伊藤若冲のお墓がある石峰寺さんで法要が行われます。

今年はちょうどワークショップと重なってしまうので
本日お参りに行ってまいりました。

今回は一般の方への若冲先生のお軸の特別拝観が再開しています。
約10点ほどですが間近で見せてくださるので貴重な機会です。


・9月8日〜9月10日 
・9時〜16時(10日は11時から)
 予約制ではありませんが人数が増えた場合は入室制限もあります
・拝観料1000円(五百羅漢拝観料込み)




掛け軸拝観されたら、若冲先生がデザインされた五百羅漢の石仏も忘れず見てきてください。




sekihouji2.jpg


sekihouji1.jpg


seminonukegara2.jpg


nannomushi.jpg


smallasagao.jpg












タグ:展覧会
posted by MASUI at 18:00| トピックス

2022年09月01日

Kさんのお宝


烏丸日曜教室に在籍しているKさんが、東京で見つけたという骨董を持ってきてくださいました。

文字がびっしり書いてある木箱に収められていたのは「硯屏」という陶器製のもの。

「硯屏」というのは、その字の通り硯のための屏風であって、墨の中にホコリやゴミが入らないように前方に立てておくのだそうです。
電気などない昔は、明るい窓際で作業していると、どうしても風と一緒にゴミが入ってきてしまうからなのですね。



kenbyou.jpg




kenbyou2.jpg





箱の中央に「硯屏」の文字が見えますね。
Kさんによると、江戸時代に京都の粟田口で作られたものでウンヌンカンヌン、、、と書かれているのだとか。

素敵ですね〜。(*゚▽゚*)





タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 15:12| トピックス

2022年08月18日

お盆休みは


昨日、今日あたりからお盆休みが明けて、仕事再開でしょうか。
みなさんどのようにお休みを過ごされましたか?
お休みなく働いていた方、お疲れ様です。(^-^)


五山送り火が無事に執り行われて良かったですね。

徳島では阿波踊りが復活です。




awaodori1.jpg




awaodori3.jpg




awaodori5.jpg




awaodori4.jpg




seminonukegara.jpg




katatsumuri.jpg




yamayuri.jpg




inekari.jpg






先週1週間は、徳島も京都に引けを取らない猛暑でした。

稲刈りがもう始まっています。











posted by MASUI at 17:18| トピックス

2022年08月02日

略して「せんぼく」


10月21日公開予定の水墨画をテーマにした映画、『線は僕を描く』のフライヤーをもらってきました。


senboku1.jpg


senboku3.jpg



公式サイトから予告動画も公開中です。


『線は僕を描く』を略して「せんぼく」と呼ぶのだそうです。
主演は横浜流星くん。
まだ2ヶ月以上も先ですけど、どんどん盛り上がるといいですね。
(^-^)







posted by MASUI at 10:42| トピックス