2018年07月13日

美しい日本の風景


『新版画展 美しき日本の風景』

美術館「えき」KYOTO

2018年7月5日(木)〜8月1日(水) 会期中無休

午前10時〜午後8時(入館締切:閉館30分前)


hanga.jpg




新版画とは

江戸時代の浮世絵が時代と共に収束に向かいましたが、それらの技術は次の時代へと受け継がれ、大正から昭和初期にかけて浮世絵の再興をするとともに、新たな芸術として発展した版画。

「新版画」は日本国内よりも海外での認知度や評価が高く、スティーブ・ジョブズやダイアナ妃もコレクションをお持ちだったのだそう。

浮世絵もそうですが、思うのは、絵の素晴らしさはさる事ながら、これが木版画なのかというくらいの繊細な技術の凄さ。
今ではもう失われてしまった風景を、版画で観ることの価値を感じられた展覧会でした。

 
タグ:展覧会
posted by MASUI at 18:46| Comment(0) | トピックス

2018年07月07日

浮世絵最強列伝


『浮世絵最強列伝』


アメリカのリー・ダークス氏が空軍士官として日本に駐留した際に収集した浮世絵のコレクションが紹介されるそうです。
保存状態が良く、色彩がとても綺麗だということなので期待できそうです。


詳細はこちら


相国寺承天閣美術館で開催中で9月30日まで。
前期と後期で全点展示替えだそうです。


余談ですが、この小説がとても楽しめたので、ついでと言ってはなんですがご紹介しておきます。
夏休みの旅のお供にでもどうぞ。

島田荘司著 「写楽 閉じた国の幻」上下巻 

syaraku.jpg





タグ:展覧会
posted by MASUI at 15:53| Comment(0) | トピックス

2018年07月05日

渋谷ターンテーブル

先月25日に無事閉幕した第18回国際墨画会展は、総入場者数11,527名と、昨年を上回るご来場があったそうです。

各教室では図録や写真をご覧になっていただき、大いに盛り上がりましたね。
また来年に向けて楽しみましょう。頑張りましょう。


ところで、私も東京で通っていた国際墨画会の教室は、渋谷の道玄坂にあるのですが、「奥渋谷」と言われる神泉駅エリアの一角に、徳島県のアンテナショップがこの春にオープンしました。
国際墨画会の渋谷教室からは、道玄坂を登りきり、246を池尻方面へ進みます。
おそらく徒歩10分くらいでしょうか。

施設の名前は「ターンテーブル」
ここには、徳島県の食材を使ったレストランやバルがあり、宿泊設備もあります。

渋谷駅前のエクセル東急での展覧会の祝賀会が終わった後、今年、私はここに宿泊しました。
許可を得て店内を撮影をさせていただいたのでご紹介します。




1Fホテルのチェックインカウンター。
徳島の木工細工のカウンターやトレイが印象的です。


turntable6.jpg


turntable5.jpg



ホテルの入り口とは別にBARの入り口があります。
暖簾は徳島の藍染め。


turntable7.jpg

turntable1.jpg


店内には名産品も販売されています。ちょっとしたお土産にいいサイズのものばかり。

turntable3.jpg


ターンテーブルと名付けられているだけあって、DJスペースもあります。
音楽イベントの他、徳島の食材を紹介するワークショップなども開催されてるようです。

turntable2.jpg


レストランは予約がなかなか取れないという噂ですが、次に東京へ行く機会には是非行ってみたいと思っています。


美味しそうな料理の写真が載っているので、チェックしてみてください。

渋谷ターンテーブルレストラン。



posted by MASUI at 10:22| Comment(0) | トピックス

2018年06月29日

横山大観展


生誕150年 横山大観展 京都国立博物館


もう観に行かれましたか?


展示は前期と後期に分かれています。
前期が今週日曜日までで終わり。後期は7月3日から7月22日まで。


全長が40メートルもあるという、水墨画の超大作「生々流転」は巻き替えが3期に分かれているそうです。


taikan.jpg




タグ:展覧会
posted by MASUI at 08:23| Comment(0) | トピックス

2018年06月19日

展覧会出展作品その2


続きまして本日も展覧会出展作品をご紹介します。

京都烏丸教室で講師資格を取得され、すでに卒業された片峰有香さんの「滝」が、第18回の外務大臣賞に輝きました。

外務大臣賞は、その年の国際墨画会展に出品された作品の中で一番素晴らしいとして、審査員の評を集めた作品に授与されます。

片峰さんは東京では工筆画のクラスにも在籍していたこともあり、非常に繊細な表現を追及されています。
現在はオランダに移住し、ご自身のお仕事をしながら、認定教室を運営されています。

これはイグアスの滝だそうです。

katamine.jpg




最後に、わたくし麻水の作品を。

今年のテーマは「早春」です。
松と梅ですが、松は冬の寒さにも耐えうる常緑樹、梅はまだ寒いうちから百花の中で一番に花を咲かせます。
ちなみに、これにあと竹を合わせて「歳寒三友(さいかんのさんゆう)」と呼びます。




harumachi.jpg

「春待月」


harumachi2.jpg

春待月は旧暦の12月で、春が来るのはまだまだ先なのですが
冬これから本番にして、すでに春を待ちわびる、、、という
雀君たちに寒がりの自分を投影して描きました。

松の幹が荒々しいので、雪空もわざとムラ感を残し、視覚的な引っ掛かりを作ってみました。





tanbai.jpg

「探梅」

『この道を我らが往くや探梅行』

という高浜虚子の俳句があります。
探梅とは、春を待ちかねて、まだ冬のうちに早咲きの梅を求めて山野に入ること。
探し求めていた梅が見つかり、枝にとまったジョウビタキを描きました。

枝振りの意匠が難しい梅ですが、老木の感じを強く出したかったので、枝より幹に重点をおいて描きました。


tanbai2.jpg


どちらも、ズバリ春の景色を描いたわけではありませんが、早春というテーマから辿り着いた絵です。





さて、今年初めて国立新美術館の会場まで足を運ばれた方もおられると思いますが、いかがだったでしょうか?

会期は25日までです。都合がつく方は、ぜひ一度会場に行かれることをお勧めします。




タグ:展覧会
posted by MASUI at 11:26| Comment(0) | トピックス

2018年06月18日

展覧会出品作品


6月13日から国立新美術館で開催されている『第18回 国際公募国際墨画会展』の会期が、ちょうど折り返し地点を過ぎました。
先日の週末はパッとしないお天気でしたが、それでも大勢のお客様にご観覧頂き、恒例の水墨画無料体験も、毎回満席状態で盛況の様子でした。

京都からは、烏丸日曜教室在籍の5名の方が出品されているので、ご紹介したいと思います。

yamamoto.jpg

山本氏の山水シリーズは今年は「滝」。
秀逸な構図と余白の効力で、じわじわと滝壺に引き込まれて行くような感覚がします。
三作目にして素晴らしい完成度で、文化賞受賞。


shintani.jpg

新谷正巳さんの「降臨 龍騎十一面観音」。
二度目の出展で、ご自身の持ち味を十二分に発揮してくださり
奨励賞を受賞されました。龍の鱗を「筋目描き」で表現しています。


kamoto.jpg

嘉本伊都子さんは初出展で全紙に龍を描かれました。
奔放なタッチとモチーフが共鳴しています。
タイトルは「遊龍戯珠」=ドラゴンボール。


terada.jpg

国際墨画会展には初出展ですが、絵画には素晴らしいキャリアをお持ちの寺田和美さん。
墨の濃淡を操った巧みな技。
上品な京都産ワインでもできそうな「葡萄」です。


yokota.jpg

横田美早紀さんは現役女子大生。
23歳以下の枠で「U-23大賞」を受賞されました。
難しい構図だけどよくまとめてある、と評価をいただきました。


入選・入賞されたみなさん、おめでとうございます。

素晴らしい作品を出展してくださって有難うございました。



その他、国際墨画会のブログにも展覧会のレポートが随時アップされています。
チェックしてみてください。

タグ:展覧会
posted by MASUI at 22:30| Comment(0) | トピックス

2018年06月13日

国際墨画会展が開幕

第18回 国際公募 国際墨画会展が本日6月13日より開幕いたしました。

麻水水墨画教室からは、烏丸日曜教室からU-23枠を含む5名の作品が展示されており、奨励賞、文化賞、U-23大賞と3名が入賞しています。

会期中に展示会場へ足を運ばれる方は、世界5大陸からの公募作品や、招待作家の作品を十分にお楽しみください。

今年出展されている方も、これから出展を考えている方も、大いに刺激を受けられることと思います。

乃木坂の国立新美術館にて6月25日までです。

mugium1.jpg








タグ:展覧会
posted by MASUI at 18:00| Comment(0) | トピックス

2018年06月04日

春燦々


「春燦々」 相国寺承天閣美術館で開催中の展覧会です。

harusansan.jpg


伊藤若冲「鳳凰図」・狩野松栄「水辺花鳥図屏風」
円山応挙「牡丹孔雀図」・呉春「竹図屏風」
長谷川等伯「竹林猿猴図屏風」などなど。。。

フライヤーの絵は円山応挙筆「薔薇文鳥図」。


水墨画による春。
花、鳥、虫たち、春の情景を描いた彩色画が楽しめます。

6月24日まで。
タグ:展覧会
posted by MASUI at 07:28| Comment(0) | トピックス

2018年05月23日

芳春院


大徳寺塔頭芳春院で竹内浩一画伯の襖絵が公開中です。

竹内画伯は栖鳳の孫弟子にあたるお方なのだとか。
繊細で柔らかいタッチの水墨画を拝観することができます。

2018年5月19日(土)〜6月10日(日)

芳春院は加賀前田利家の夫人によって建立されました。
境内には京都四閣の一つ「呑湖閣」があるので、訪れたことがある方も多いでしょうね。

呑湖閣に至る打月橋が架かる山水の庭は小堀遠州作。
お天気のいい日に行かれると美しさ倍増かと。

ちなみに京都四閣とは金閣・銀閣・飛雲閣・呑胡閣のこと。


京都の特別拝観・一般公開
https://kyoto-design.jp/special/tokubetsuhaikan

境内は全て写真撮影禁止なので、看板だけ撮らせていただきました。

housyunin.jpg



posted by MASUI at 09:26| Comment(0) | トピックス

2018年05月11日

黄菖蒲

GWも明けたので、そろそろ見頃かな、、、と思っていたら
大田神社のカキツバタも今年は例年より1週間も早く見頃になったそうですね。

写真は黄菖蒲です。
同じアヤメ科の花ですが、若干花弁の形状に差があります。

出先で見かけたら観察してみてください。


kishobu1.jpg


kishobu2.jpg



posted by MASUI at 10:06| Comment(0) | トピックス