2018年03月28日

絶品、日本の意匠


『明治150年展 明治の日本画と工芸』


kinbi.jpg

京都国立近代美術館で3月20日からスタートしています。

明治時代、日本の芸術性の高さを海外に知らしめることになった工芸品の数々と、その工芸図案、そしてそれらを手がけた画家たちの作品が展示されています。

竹内栖鳳、今尾景年、森寛斎らの美しい日本画、

繊細でモダンな工芸品のための図案、

超絶技巧の彫金・象嵌や染付けの陶器など。

2018年3月20日(火)〜 5月20日
(前 期 : 3 月 2 0 日 ~ 4 月 2 2 日 、 後 期 : 4 月 2 4 日 ~ 5 月 2 0 日 )

オススメです。


タグ:展覧会
posted by MASUI at 08:32| Comment(0) | トピックス

2018年03月01日

梅が咲き始めました


まだまだ風が冷たいですが、少し寒さが和らいできました。
花粉症の方にはこれからがキツい時期ですが
梅がそろそろ開花し始めましたね。

写真は京都御苑の梅です。
まだ蕾の木もありますが、場所によっては8分ほど開花している木もあります。

kouhakubai.jpg

hakubai.jpg


夜間教室は今月で「竹」が終わり4月から、阿南教室は5月から「梅」を練習しますので
ぜひこの機会に観察しておいてくださいね。

posted by MASUI at 18:20| Comment(0) | トピックス

2018年02月23日

相国寺 林光院

相国寺林光院の襖絵が公開されています。
今期の京の冬旅パンフレットの表紙にもなり、話題になっているあの猫のような虎の絵です。

rinkouin.jpg


林光院が冬旅で一般公開されるのは初めてらしく、襖絵のお披露目のために今年公開されましたが、今後は公開されるかどうかわからないそうです。

作者の藤井湧泉さんは伊藤若冲を敬愛しておられるらしく、承天閣美術館に展示されている、若冲の葡萄小禽図のような襖絵もありました。


その承天閣美術館では、『山水』の展覧会が開催中です。


林光院公開は3月18日まで

承天閣美術館『山水』は3月25日まで
  です。







posted by MASUI at 09:28| Comment(0) | トピックス

2018年02月15日

水墨画から彫刻へ

烏丸三条の京都伝統工芸館で京都伝統工芸大学校 卒業・修了作品展が開催中です。

京都伝統工芸大学校は、陶芸・木彫刻・仏像彫刻・木工芸・漆工芸・蒔絵・金属工芸・竹工芸・石彫刻・和紙工芸・京手描き友禅といった伝統工芸の専門知識と技術を学べる大学です。

烏丸日曜教室の佐藤誠也さんは、東京の渋谷教室に通っておられましたが、木彫刻を学ぶために京都伝統工芸大学校に入学し、それを機に水墨画も京都の教室に移籍されました。


佐藤さんの作品は「雲龍」。
水墨画の雲龍図を彫刻で表現するという試みをされています。

sato1.jpg


sato2.jpg

「京都商工会議所 会頭賞」受賞
イタリア出展作品に選抜


素晴らしいですね!
卒業後は、彫刻のお仕事に携わられるそうです。
ご活躍が今から楽しみです。


また、佐藤さんの作品の他にも、たくさんの学生さんたちの力作を拝見することができますので、お時間ある方は是非お運びください。

2月18日までです。


posted by MASUI at 09:38| Comment(0) | トピックス

2018年01月29日

京都伝統工芸大学校第22回卒業修了制作展

烏丸日曜教室に在籍し、京都伝統工芸大学で彫刻を学んでおられる佐藤さんより告知です。

DMkougei.jpg


『京都伝統工芸大学校第22回卒業修了制作展』

2018年2月10日(土)〜18日(日)
時間:10:00〜18:00 ※10日(土)・16日(金)・17日(土)は20:00まで開館!
会場:京都伝統工芸館 入場無料
   京都市中京区烏丸通三条上ル 
   京都市営地下鉄烏丸線「烏丸御池」駅下車E番出口すぐ

さらに詳細はこちら京都伝統工芸大学のサイトをご覧ください。


佐藤さんは水墨の雲龍図を木工彫刻作品で表現するそうです。
お時間ある方は是非お運びください。


posted by MASUI at 09:50| Comment(0) | トピックス

2018年01月26日

宝蔵寺寺宝展 & 若冲生誕会


宝蔵寺寺宝展 & 若冲生誕会

平成30年2月3日(土)〜2月8日(木)
参拝料: 500円(中高生300円)
拝観: 午前10時〜午後4時まで(受付は午後3時30分まで)
お問い合わせ: 075-221-2076 (受付時間:午前10時から午後4時)


伊藤若冲の誕生日に当たる2月8日に合わせ、「生誕会」と「寺宝展」が開催されます。
宝蔵寺さんは、伊藤家の菩提寺で若冲が建立したお墓が残っており
現在は一般の方が参拝しやすい場所に移され整備されています。
若冲の「髑髏図」や若冲の弟・白歳、弟子の若演の作品など15点が公開されるそうです。

hozoji.jpg




posted by MASUI at 09:04| Comment(0) | トピックス

2018年01月09日

本年も宜しくお願いします


新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

ご挨拶が遅くなってしまいましたが、皆様、お正月はどのようにお過ごしでしたか?

今年の戌年の特徴は「勤勉で努力」という意味があるそうです。
来年は亥年で「勇気と冒険」らしいので
今年は来年に備えて地盤を固める、、、といった意味あいの年になるでしょうか。


harikonenga2018.jpg

<張子の犬>
犬は人に身近な存在で、多産、安産であることからお産・子育てのお守りとして
平安時代から縁起物とされてきた歴史があるそうです。

皆様の2018年に、素敵なことがたくさん生まれますよう、お祈りいたしています。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


河野麻水



posted by MASUI at 10:22| Comment(0) | トピックス

2017年12月28日

年末のご挨拶


昨日は市内でもチラチラ雪が舞いました。
年末らしい寒さになってまいりましたが、2017年もあと残すところ3日です。

今年一年を振り返ってみて、皆さんの水墨画ライフはいかがだったでしょうか?

意欲的に教室に通ってくださった皆様、
ワークショップに来てくれた大勢の皆様、
大変ありがとうございました。
どうぞ良いお年をお迎えください。

nishikitenmangu.jpg


さて、徳島阿南教室は2018年、新年明けてすぐの1月7日が初授業
「四君子」のカリキュラムが始まります。

新春にふさわしく『晴竹』の練習をします。


年末年始は冷え込むらしいので、体調を崩されないよう、初授業でお待ちしています。



posted by MASUI at 16:31| Comment(0) | トピックス

2017年12月07日

鎮魂の灯籠絵の募集

国際墨画会では、毎年 宮城県名取市で行われる 3.11の追悼セレモニーで使われる灯籠を形作る灯籠絵の制作に協力しています。

なとり復興プロジェクト

来年の3、11の為の絵が不足しているらしいので
皆様方にもぜひご協力をお願いします。

絵の画題は特に指定はありませんが、追悼の意に沿うものを、文字でもいいです。
心がこもっていれば、絵の巧い下手は問いません。

サイズはB5サイズ(182mm × 257mm)なので、お稽古の紙に書かれる場合は、お手数ですがサイズにカットしてください。
文字の場合はお習字の半紙でも大丈夫です。
できれば4枚1組のセットで。

B5.jpg


もし協力してくださる場合は、12月と1月の教室で提出してください。
私がまとめて本部宛にお送りいたします。

よろしくお願いいたします。

posted by MASUI at 08:45| Comment(0) | トピックス

2017年11月30日

高校美術


今年度改訂された高校生向けの美術教科書に、水墨画のページが新たに追加されたのですが、このたび部分的に制作に協力させていただきました。

日本文教出版さんの「高校生の美術1」です。

text1.jpg

その中で水墨画のページは『墨表現の可能性』と題され掲載されています。

text2.jpg

text3.jpg


雪舟、曾我蕭白、仙豪`梵、長沢芦雪、そして伊藤若冲、、、

伊藤若冲は鶏の作品が掲載されていて「伊藤若冲の技に挑戦」ということで
『筋目画き』の説明がなされています。

この実技のためのブドウと、簡単に描けるモチーフということで、イチゴとかき氷の挿絵を描かせていただきました。


日本美術のカテゴリーでは

水墨画の他には、有名な作家の屏風、襖絵、掛け軸、絵巻、浮世絵、版画などがピックアップされ、作品を鑑賞するだけでなく、それぞれ和の空間との関係性や構造、機能、なども詳しく説明されています。

別ページでは時系列で重要文化財や国宝の作品が紹介され、きちんと美術史の勉強ができます。
もちろん西洋美術やデザインのカテゴリー、さまざまなジャンルの実技にまつわるあれこれ、も同じように充実しており、あたらめてもっと勉強しなくちゃと思う次第。。。

さて自分が高校生の時はどうだったか、、、?
あまりにも昔すぎてよく覚えていないのですが、
現在、美術の授業時間は短縮される傾向にあるとお聞きします。
これだけの内容を、美術の授業中に全て学ぶことは叶わないでしょうが
若い世代にも水墨画に興味を持っていただけたら大変嬉しく思います。

実際、わたくしが所属している国際墨画会の東京教室をはじめ、京都の麻水水墨画教室、出町柳でのワークショップにも、10代、20代の若い世代がたくさん来てくださっていますし、ワークショップは、小学校1年生、2年生の男女が常連さんです。

もっと皆さんに水墨画を気軽に楽しんでいただけたら、、、そして私自身も魅力を伝えていけるように精進したいと思っております。





posted by MASUI at 09:33| Comment(0) | トピックス