2014年09月14日

曾我蕭白「鳥獣画の探求」

先日、神戸市の香雪美術館で開催されている 曾我蕭白「鳥獣画の探求」展を観に行きました。

香雪美術館は住宅街の奥の閑静な環境に佇む素敵な美術館。
私は今回が初めての訪問、蕭白のナマ画を観るのも初めてでした。

kosetsu2.jpg

曾我蕭白は伊藤若冲と並んで大変ファンが多い江戸の絵師です。
ご存じないという方も、2013年の『ボストン美術館日本美術の至宝』展でポスターにも使われていた「雲龍図」の独特な龍の顔が、印象に残っているのではないでしょうか。

今回香雪美術館の展示は「鳥獣画」にスポットが当てられているので、鷹や鶴がラインナップされています。
まず1Fから入ってすぐに展示されている襖絵を観たときには、思わず「うわぁ〜」と声が出てしまい、気がつけばそのまま口を閉じるのを忘れていました。

展示作品数は少なめですが超おススメの展覧会です。10月13日まで。

kosetsu1.jpg


タグ:展覧会
posted by MASUI at 10:42| Comment(0) | トピックス

2014年07月22日

鎮魂の灯籠

国際墨画会では、宮城県名取市の”国際交流協会ともだちIN名取”さんを窓口にして、2011年から名取市の方々と水墨画交流を続けています。

3月11日には、空の向こうに旅立たれた多くの魂に祈りを捧げるため「鎮魂の灯籠」が灯されますが、国際墨画会では水墨画を楽しんでいただきたく交流していくなかで、灯籠を形作るための絵も毎年欠かさずお贈りしています。

tourou.jpg

始まりは、津波で何もかも無くされてしまった方からの「仏様の絵を描きたい」というお声からでした。
もうすぐお盆がやってきますが、灯籠は3月だけでなくお盆の迎え火にも使われますので、仏様にお供えする茄子や胡瓜の画も喜んでくださいます。

今月の京都烏丸教室は、ちょうど夏野菜(茄子、胡瓜、カボチャ、トウモロコシ)の授業です。
鎮魂の灯籠のご案内もしたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。



posted by MASUI at 11:09| Comment(0) | トピックス

2014年07月08日

蓮がきれいです

夏の花がアチラコチラで咲いています。

お花は、写真を見れば何の花か見分けがついても、いざ描こうと思うと「ここの部分はどうなってたっけ?」とわからなくなってしまうことがよくあります。

葉の形状、ガクの付き方、花芯の部分などなど。

カリキュラムにない花でも、ご自分の好きな花、描いてみたい花が咲いていたら是非観察してみてください。

suiren.jpg

lotus_toji1.jpg

国際墨画会 香取琴水会長は「蓮の琴水」と言われていて、多くの蓮の作品を描かれています。

テキスト「楽しい水墨画」にも掲載されている「蓮とトンボ」はNY・ストニーブルック大学、「紅蓮」は東京の駒澤大学に収蔵されています。

四君子と同様、蓮は先の未来にもずっと画き継がれていくモチーフだと思います。

素敵な蓮の風景を見つけたら、その世界観を感じながら写真に撮り込みたいものです。
あわせてスケッチもできたらベストですね。


posted by MASUI at 09:35| Comment(0) | トピックス

2014年06月28日

「GACCOH」で水墨画ワークショップvol.2

先月の水墨画ワークショップが大変好評につき、第2回目の開催が決定しました。

前回は、海外・国内でも不動の人気の「竹」で、東京から京都旅行に来られていたお客様や大阪、滋賀からの客様にも参加していただきました。

gaccoh2.jpg

gaccoh1.jpg


そして今回のテーマは『筋目画き』。
そう、あの、伊藤若冲がこの技法を使いこなし、数々の名画を生み出した珠玉の技法です。

さてさて、若冲大先生のような「筋目画き」が我々にも表現できるのか!?

麻水水墨画教室では年間を通して様々な画題で「筋目画き」効果を利用した表現方法を学びますが、ワークショップでは、誰もが簡単に「筋目画き」を体感できる簡単な画題もご用意いたします。
ぜひ、この機会にご参加ください。

◆2014年 7月5日(土) 13:30-15:30 
 
◆参加費 2.000円(材料費込み)

◆場所  出町柳 GACCOHレクチャースペース


申し込みはこちらの「申し込みフォーム」からエントリーをお願いします。






posted by MASUI at 11:31| Comment(0) | トピックス

2014年06月24日

伊藤若冲の名宝展

相国寺の承天閣美術館で「伊藤若冲の名宝展」が開催中です。

joutenkaku_jakucyu.jpg


ここでは鹿苑寺障壁画の「葡萄小禽図」「月夜芭蕉図」が常設ですが
今展覧会では、鶏と野菜がセットが描かれている「群鶏果蔬図」や、竹の襖絵や鳳凰の軸などが見られます。

「竹」は画家それぞれ違った表現方法で描かれていて、若冲の「竹図」も個性的です。

9月23日まで開催されていますので、この機会に御覧になってはいかがでしょうか。


shokokuji_hasu.jpg

池の蓮の花も咲き始めています。

タグ:展覧会
posted by MASUI at 15:04| Comment(0) | トピックス

2014年06月11日

本日より開幕!

第14回国際公募国際墨画会展が、本日6月11日国立新美術館にて開幕いたしました!

◆日時◆ 2014年6月11日(水)〜6月23日(月) 10時〜18時
     入場無料  ※火曜日は休館日 
    
◆場所◆ 国立新美術館 3FA(最寄り駅 六本木・乃木坂(地下鉄直結))

◆水墨画無料体験イベント◆ 展示室内奥 特設会場 画題「竹」「麦」など
     平日2回 13:30〜14:15 14:30〜15:15
     土日3回 13:30〜14:15 14:30〜15:15 15:30〜16:15

    ※先着順です。週末は混み合いますのでお早めに。予約は出来ません。

今回も従来どおり、中国、香港、台湾、シンガポール、マレーシア、そして今回展より上海でご活躍の国や地域を代表する水墨画家の参加、その他五大陸全部からの出品もあり、まさに国際公募展となります。

毎年、1万人近くの方々にお運びいただき、「それぞれのお国柄、特色などを見比べられるのも楽しい」とのお言葉も頂戴いたします。

そして若い方々に少しでも水墨画に興味を持っていただき、日本の水墨画を伝えるために始まりました『アンダー23』部門も、年々作品数が増えて人気のコーナーになりつつあります。

ぜひこの機会にご高覧ください。


20140610_1398042.jpg


人の持つ豊かな潜在能力が開発される機会の別称、国際墨画会


posted by MASUI at 10:34| Comment(0) | トピックス

2014年06月01日

蓮と鳥

今日は全国的に猛暑だったようですが、みなさまお身体は大丈夫ですが?
去年は梅雨が短く夏が前倒しになったために、身体のコンディションを崩された方も多かったですが
今年は梅雨になる前からもう猛暑日とは。。。

自然界の緑は夏バテどころかますます勢いづいて来て、蓮の葉もかなり伸びてきました。

hasukamo.jpg

hasutori.jpg

しかしこの暑さではスケッチするのも大変です。
屋外でスケッチされる方は十分にお気をつけ下さいませ。



posted by MASUI at 21:38| Comment(0) | トピックス

2014年05月19日

国際墨画会展のDMが出来上がりました


2014DM.jpg


今年も6月11日から国立新美術館で開催される「国際公募 国際墨画会展」のDMが出来上がりました!

去年から展覧会のDMは、出品作品の中からDM担当のデザイナーが選んでくださるようになりました。
去年は入会して間もない方の作品が選ばれ話題となりました。
国立新美術館に展示されるだけでも名誉なことですが
ご自分の作品がDMとなりポスターとなり、その年の「展覧会の顔」となるのはかなり自慢できることですよね。
実際に展示会場でDMがどなたの作品なのか確かめるのも楽しみです。

毎年会期中は梅雨入りと重なってしまいますが、今年のデザインはブルー系で目にも涼しい画になりました。
各国から集まった水墨画の作品をご高覧いただき、個性あふれる作品を楽しんでいただけたら幸いです。


◆会期◆ 2014年6月11日(水)〜6月23日(月)10時〜18時 
    ※火曜日は休館日

◆場所◆ 国立新美術館(最寄り駅 六本木・乃木坂)

人気イベント無料水墨画体験教室(期間中は平日2回、土日各3回)も展示室内で開催します。


posted by MASUI at 20:39| Comment(0) | トピックス

2014年05月16日

皐月

昨日の葵祭はあいにくのお天気でしたが、新緑が目にまぶしい気持ちの良い季節になりました。

1年の中で、暑くもなく寒くもなく、ちょうど良い季節は本当に短いですね。
もし、休日が絶好のお出かけ日和なら、ためらうことなく外へ出かけたいものです。
ここ京都は、急に思い立った気分転換を十分に満足させてくれる場所がたくさんある恵まれた場所です。

「日本に京都があってよかった」というキャッチコピーのポスターを見た事がありますが、美しい風景を見ると心からそう思います。

bird.jpg


さて、そんな京都には花の名所がたくさんありますが
GW頃からはカキツバタの花がそろそろ咲き始めます。
尾形光琳の「燕子花図屏風」はあまりにも有名ですが
一初、菖蒲、杜若、などアヤメ科の花たちの違いはわかりますか?

こんな観察も絵を描くためには欠かせないもの。
道ばたで咲いている花でさえ名も知らない花がたくさんあり
いかに自分が花の名前を知らないか思い知らされます。

花の名前を知るだけでなく、水墨画でサラサラっと描けたらなお素敵ですね。

kakitubata.jpg

ichihatu.jpg

kisyoubu.jpg


posted by MASUI at 12:09| Comment(0) | トピックス

2014年05月08日

水墨画ワークショップのおしらせ

ゴールデンウィークもあっという間に過ぎ去って
また毎日のルーティンワークに励みつつ
早く夏休みがこないかな。。。と次のイベントを待ちわびてる方もいらっしゃるでしょうか?

しかし夏休みはまだまだ先。来月になれば梅雨に突入するし
なにか楽しい事はないかなぁ、なんて思われてる方
ここらへんでちょっと気分転換に「水墨画ワークショップ」などいかがでしょう?


bamboo.jpg


〘日時〙6月8日(日曜日)13時30分から15時30分頃まで

〘場所〙京都出町柳 GACCOH 1F Lecture space(京阪出町柳駅から徒歩5−6分)

〘参加費〙2,000円(画材費込み)

〘画題〙『はじめての水墨画「竹」を描いてみよう!』
     短時間で完成し、どなたにでも楽しんでいただける画題です。


GACCOHさんとのコラボ企画の第1回目です。

参加ご希望の方は、  メール info@masui-suibokuga.halfmoon.jp  または

           ツイッター @MASUIsumie      までご連絡ください。


posted by MASUI at 16:31| Comment(0) | トピックス