2019年03月19日

展覧会作品の発送について


三寒四温、、、たまに季節が逆行するとガッカリしてしまいますが
春はもう目前ですね。

ハクモクレンが満開になっています。

さて、17日の烏丸日曜教室では8名の出品予定の方々の作品がほぼ出そろいました。

これから最後の落款を押す方も数名いらっしゃいましたが
発送の際は印泥が色移りしないように、じゅうぶん乾かしてから発送してください。
折りたたんだ時も、紙を挟んで梱包すれば安心です。

23日から25日の間に本部に到着する便を考えて、各自発送をお願いいたします。


mokurensuzume.jpg




タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 08:54| 京都烏丸日曜教室

2019年03月18日

3月烏丸日曜教室より「菊」

 3月17日の烏丸日曜教室は「菊」でした。

kikullesson1.jpg


以上で四君子のカリキュラムをすべて終えました。
四君子を学ぶことによって基本運筆を学ぶことができるとされ、
クラシックかつ一番ポピュラーな画題でありますが、
それぞれに奥が深く、大変難しい画題でもあります。
講義を受けただけに終わらず、引き続き自宅でも練習していただきたいです。

kikullesson2.jpg

kikullesson3.jpg

kikullesson4.jpg



後半では「円」で葉を描く表現を紹介しました。
菊の葉を五つのパーツに分けて、五つの円で一つの葉にする、という捉え方です。
抽象化、簡略化の仕方が面白いです。

この、「五つの円で葉を描く」という表現は、伊藤若冲が水墨画で菊を描く時にも用いられています。
チェックしてみてください。


来月は通常通り第4日曜日の4月28日で、新しい教科書「いろいろな花を描く」に入ります。
ちょうど季節のお花「花菖蒲」です。







タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 11:07| Comment(0) | 京都烏丸日曜教室

2019年03月08日

四君子「菊」


今月の烏丸日曜教室は第3日曜日に変更になっています。
3月17日は四君子のカリキュラムより「菊」です。




菊の花は生薬として、中国で2000年以上前から栽培されていたそうです。
中国では日常的に菊の花のお茶を飲まれますが、
菊花茶は、眼精疲労・風邪対策・鎮静(リラックス)・アンチエイジングなどの効用があり、特に「目の疲れ解消と言えば菊花茶」というのが定番なのだとか。
日本へは奈良時代に中国から、やはり薬草として輸入されたそうです。


さて、17日は、展覧会出品作品の最終チェックの日になります。
多分この週末あたりは、集中して仕上げにかかる方が多いと思うので、絵の合間に菊花茶をいただき、目の疲れを癒し、リラックスしながら、、、
というのもいいかもしれませんね。

日曜教室からは、今のところ8人の方が締め切りに向けて作品を製作中です。
17日に完成した作品を見せていただくのを楽しみにしています。
(落款の位置を迷っている方は、落款を押さずに持ってきてください)


kiku.jpg


タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 16:47| Comment(0) | 京都烏丸日曜教室

2019年02月25日

講師資格


烏丸日曜教室に在籍の下司さんが、この度全ての課題の審査に合格し、講師資格を取得されました。

下司さんは国際墨画会展にオリジナリティの高い作品を出品し、入賞も経験されています。

今後のますますの活躍を楽しみにしています。

geshi.jpg






タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 13:38| Comment(0) | 京都烏丸日曜教室

2019年02月24日

2月烏丸日曜教室より「梅」

 
2月24日の烏丸日曜教室は「梅」でした。

梅は線描きで花弁を塗らず白抜きで残せば「白梅」、
面画きで花弁に墨色や色を加えれば「紅梅」です。

花弁以外で梅を梅らしく見せるには、枝ぶりのデザインや幹の表現も重要で、古木を描く時には「たらし込み」という描法を用います。

plum4.jpg

plum5.jpg

このムラムラ模様は、紙によって効果の出方が様々なので、面白い紙を発掘してみてください。
教室で皆さんに配布した加工紙は滲まないので、線描きの白梅に向いています。

plum7.jpg

plum9.jpg

plum8.jpg

plum10.jpg




来月は、「菊」の練習をします。

日程が3月17日(第3日曜日)に変更になっていますので、お間違えのないようにお願いいたします。








タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 21:33| Comment(0) | 京都烏丸日曜教室

2019年02月18日

白梅と紅梅


2月24日の烏丸日曜教室は「四君子」の「梅」です。
前半と後半に分けて、白梅・紅梅の描き方を練習します。



plum3.jpg


現在、梅の開花状況は場所によって違いますが、まだ全く開花していない木、蕾が多い木、五分咲きの木、ほぼ満開に近い木など、それぞれ撮り分けておくと後々の作品制作の時に役立つと思います。
特に枝振りの面白いのを見つけたら必ず撮影しておきましょう。
後ろ側の枝や木などと複雑に絡み合ってる場合は、のちに写真を見てもわからないことがよくあるので、できればスケッチしておきたいものです。


<重要事項>

展覧会作品の締め切りまであと1ヶ月となりました。
まだ、製作途中で完成するかどうかわからなくても、出品する予定で進んでいる人は、自分の名前を彫った落款(雅号印)は必ず用意しておいてください。
絵が完成してからでは、落款の仕上がりが間に合わなくなる恐れがあります。


来月は、作品締め切り日の関係で第第3日曜日の3月17日に変更になっています。
お間違えのないようによろしくお願いいたします。






タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 10:00| Comment(0) | 京都烏丸日曜教室

2019年01月28日

1月日曜教室より「蘭」


1月27日の烏丸日曜教室は「蘭」でした。

カリキュラムでは、一つの茎に多数の花をつける「秋蘭」と、一つの茎に一つだけ花を咲かせる「春蘭」の、2つの蘭の描き方を練習しました。

蘭は山間の岩場などに咲くことから、岩石と一緒に描かれることがあります。

ran7.jpg

ran9.jpg

四君子の練習では、「竹」は竿・枝・葉と直線ですが、蘭は葉を描くことにより曲線の練習ができます。
「君子」の名にふさわしい優美な曲線の葉が描けるようになりたいものです。

ran8.jpg


水墨画の古典的な画題としての蘭は、今まで実際に咲いている姿を見たことない人がほとんだったので、今後蘭を鑑賞する機会があれば、是非お出かけになり、観察してみてください。

ran10.jpg

ran11.jpg

ran12.jpg


来月は「梅」です。入会の時にお渡ししたカリキュラムのプリントとは順番が異なりますが、ちょうど梅の季節なので、2月は「梅」、3月は「菊」とします。


なお、2月は通常通り第4日曜日の2月24日、3月は展覧会の締め切りが25日ということもあり、第3日曜日の3月17日に変更しました。
出品予定の方々は、3月17日に最終の相談ができるように進行してください。



よろしくお願いします。




タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 10:11| Comment(0) | 京都烏丸日曜教室

2019年01月22日

四君子「蘭」


1月27日(第4日曜日)の烏丸日曜教室は、四君子のカリキュラム第2弾の「蘭」です。

syuran.jpg


写真は、徳島阿南教室の在籍者の方が教室に持ってきてくださったのを撮影しました。
阿南市では里山で自生しているのを見ることができるそうです。


自生している東洋蘭を見たことがある方は少ないかもしれませんが、観賞用の鉢植えのものなどは、たまに京都府立植物園で展覧会・イベントをやっていたりします。


蘭の花はご覧のように花弁が細長く華奢です。
お稽古用紙F6サイズのバランスに描く際、国際墨画会の没骨筆Mでも描けますが、Sサイズの筆の方が描きやすいと思いますので、Sサイズの筆がある方はご持参ください。


それと、11月に告知した、東日本大震災の追悼セレモニーでつかう灯篭絵の募集について

今月末に本部着で送りますので、描いていただいた方は教室で忘れないようにご提出ください。
私の方で本部あてに送りらせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。


タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 10:54| Comment(0) | 京都烏丸日曜教室

2018年12月17日

12月烏丸日曜教室より「風竹・雨竹」

12月16日、今年最後の烏丸教室は竹のカリキュラムより2「風竹・雨竹」と、葉を露鋒でかく練習でした。

windrain1.jpg


露鋒の葉は、蔵鋒よりも筆の角度や力加減が微妙で難しいと思いますが、葉にグラデーションを表現することができます。

風は葉が風にあおられているように、雨は濡れて葉がしなだれたり、葉がくっついたりしているように描くことで表現します。

風竹は動きが出るので作品を作るには良いと思います。
いきなり半切は難しいと思われたら、まずは半切2分の1に描いてみてはいかがでしょうか。


windrain2.jpg

windrain5.jpg

windrain3.jpg


年末ですので来年の干支「亥」の簡単な描き方も紹介しました。
年賀状に活用される場合は、どうぞみなさんご自由にアレンジして楽しんでください。

windrain6.jpg



来月は通常通り第4日曜日1月27日です。
蘭の練習をしますので、Sサイズの筆をお持ちの方はご持参ください。



さて、次の展覧会の締め切りは3月25日(国際墨画会本部必着)です。
3月の教室は第4日曜日だと24日なので、この日に最終確認をしていると間に合いません。
今回は初出品の方が多いので、第3日曜日の3月17日に部屋を確保できれば変更しようと思っています。
ですが、出品希望の方は2月の教室で完成したものを見せられる予定で、取り組んでみてください。

タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 08:55| Comment(0) | 京都烏丸日曜教室

2018年12月08日

風竹・雨竹

ついに「冬将軍」到来ですね。一気に寒くなりました。
みなさんお体にはお気をつけてお過ごしくださいませ。

烏丸日曜教室は、先月から四君子のカリキュラムに入っています。
師走の忙しい時期だとは思いますが、四君子、特に竹は水墨画の必須テーマなので、ぜひお越しください。

今月は、葉を露鋒で描く練習と、「風竹」「雨竹」です。


今月は、年末による調整で第4日曜日から
来週、第3日曜日の12月16日に変更になってます。
お間違えのないようお願いいたします。


bamboo_kakutei.jpg


タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 00:07| Comment(0) | 京都烏丸日曜教室