2018年09月24日

9月烏丸日曜教室より「野菜1」


9月23日の烏丸日曜教室は秋晴れのいいお天気。
団扇がまだ役立ちそうな気温でした。

uchiwaterada.jpg

Tさんが持ってきてくださった団扇絵、縦長の形が洒落てて、紫陽花も涼しげで素敵ですね。
この形の白無地団扇はあまり売っていないそうですが、とても描きやすいとおっしゃってました。
確かに、縦の長方形なので構図が取りやすいかもしれませんね。


さて、この日の授業は「野菜1」でした。
夏野菜、秋野菜をたくさん練習しました。

筆を立てて描きながら180度方向転換をする、筆を寝かせて穂先を外側にキープしたまま180度方向転換をする、
丸みのある粒々を並べて描く、など、シンプルな形の野菜こそ運筆の妙が重要になってきます。
みなさん、紙にびっしり練習されていました。


yasai_karasuma1.jpg


yasai_karasuma5.jpg


yasai_karasuma3.jpg


yasai_karasuma4.jpg


ゴツゴツしたかぼちゃは存在感ありますね。
ハロウィーンも近くなってきたので、日本かぼちゃをハロウィーン仕立てにしてみました。
みなさんも楽しんでみてください。

pumpkin.jpg


来月は10月28日(第4日曜日)で、野菜2です。


タグ:水墨画教室

2018年09月19日

野菜を描く


朝晩は涼しくなってきましたが、まだまだ残暑が厳しいですね。

今月9月23日(第4日曜日)の烏丸日曜教室は、「野菜1」
茄子・胡瓜・南瓜・とうもろこしの練習をします。
どれもシンプルな描き方ばかりなので、ぜひ覚えてください。

写真は、伊藤若冲の『果蔬涅槃図』です。
錦市場のお店のシャッターにプリントされています。

若冲生誕300年の2016年に、錦市場の各お店のシャッターに若冲の名画がプリントされ、閉店後に若冲の絵が楽しめる「錦市場商店街ナイトミュージアム」という企画で製作されました。


nishikiyasai.jpg


今月は第5日曜日までありますから、お間違えのないようにお願いします。
通常通りの9月23日第4日曜日です。





タグ:水墨画教室

2018年09月11日

東山魁夷


生誕110年 東山魁夷展


特設サイト


kaii1.jpg


kaii3.jpg


kaii2.jpg


京都では30年ぶりの大回顧展だそうです。

唐招提寺御影堂障壁画が再現展示されています。圧巻です。
御影堂は修復中につき、この先数年間は見ることができないのだとか。

貴重な機会とあって、そこそこ混雑しています。
会期は10月8日までですが、終了間際はもっと混雑するかもしれませんね。




2018年09月09日

団扇絵を描く


9月8日、9日は、2日間連続して行った団扇絵を描くワークショップでした。

1日目は「超入門」ということで、2大筆法といわれる「直筆」「側筆」を時間をかけて練習し、基本が理解できたところで、葉を直筆で描く「竹」と、葉を側筆で描く「朝顔」を画仙紙に仕上げました。

uchiwa1.jpg

uchiwa2.jpg


2日目は、前日に練習したことを思い出しながら、団扇絵を描くための構図を試行錯誤。

uchiwa3.jpg


uchiwa4.jpg


骨組みの凹凸の上に描くのは少し苦戦してしまいましたが、2日間みっちり練習をしたおかげで、無事に素敵な団扇が完成しました。ぜひ、今日から使ってくださいね!


uchiwa5.jpg


次回は9月29日(土曜日)で葡萄を描きます。
前半はもう満席になってしまいましたが、後半はまだ若干残席があります。

詳細はこちらをご覧ください。





2018年09月06日

9月徳島阿南教室より


甚大な被害をもたらしショックが大きかった台風21号でした。
「徳島県南部に上陸!」というニュースが何度も流れましたが
ちょうどその頃、私は9月2日に阿南教室を終え、4日はまさに台風の目の真ん中におりました。
私自身は幸い被害は受けずに済みましたが、皆様は大丈夫でしたでしょうか?


今月の阿南教室は没骨法で描く菊の花の練習をしました。

運筆のコツを習得されたら、実物を観察し菊や葉の形状の美しいバランスを研究してみましょう。

お彼岸には、色紙に描いて仏壇に祀られたら、ご先祖様も喜ばれることと思います。


kikuanan3.jpg


kikuanan2.jpg

kikuanan1.jpg




さて、次の写真は秋蘭です。
お庭で花を咲かせたという秋蘭を、教室に持ってきてくださった方がいました。
華奢でとても可憐なお花でした。

autumnorchid.jpg


春蘭は「ジジババ」とも呼ばれ、近隣の里山でも咲いているそうです。




来月10月7日は線描きで菊を描く練習をします。





タグ:水墨画教室

2018年08月27日

8月烏丸日曜教室より


8月26日から烏丸日曜教室は、先月で24カリキュラムを終え、またカリキュラム1の「基礎知識」から再スタートしました。

sundayclass.jpg



テキストでは「水墨画とは」とか、「水墨画の歴史」など、
技法の他に基礎知識として知っておいてほしい事柄にも触れています。


kiso1.jpg

京都はいたるところに「水墨画の歴史」がちりばめられています。
開講している「ウィングス京都」は、応挙、若冲、蕪村、大雅が住んでいた場所からもすぐ近く、歩いているとそこがかつての住居だったことを記す石碑が建っていたりします。

教室から一番近いのは、東洞院通蛸薬師下ル西側に建っている呉春の住居跡石碑。気づいてましたか?


gosyun.jpg




後半は、線描きの練習として「鳥獣戯画」のうさぎを模写をしました。
初めて鳥獣戯画を模写された方もたくさんいらっしゃいましたが
日本人なら誰しも学校で習う超有名な国宝ですから、みなさん筆がスムーズでした。

kiso2.jpg


kiso3.jpg



来月9月23日は「野菜1」です。
胡瓜・茄子・南瓜・玉蜀黍
の練習をします。
ちょうど今食卓に上がっている夏野菜ばかりなので、
お料理する前にじっくり見ておいてくださいね(笑)



2018年08月20日

水墨画の基礎知識

少しだけ涼しくなってきましたね。
先月体調を崩されていた方、回復されたでしょうか?

今月8月26日(第4日曜日)の烏丸日曜教室は、24カリキュラムが一巡したので、またカリキュラム1の「基礎知識」から再スタートします。

テキストの内容に沿って講義を進めますので、テキストを忘れずにお持ちください。

筆、紙、墨、、、水墨画を描くため必須の用具の説明もします。
今月から新しく受講予定の方でまだ準備ができていない方は、講義を聞いてからでも構いません。
当日使う用具はお貸しします。

blush.jpg


後半は、線描きの練習として「鳥獣戯画」の一部分を模写します。

削用筆、または面相筆をご持参ください。

choujyublog.jpg


鳥獣戯画の中にはたくさん動物が登場しますが、ウサギを模写します。



タグ:水墨画教室

2018年07月24日

烏丸日曜教室より「自由な風景」


7月22日の烏丸日曜教室は「自由な風景」でした。

半年間で、樹木、岩、山、渓流、滝、建物、雪景色、、、と学んできましたが、今月が山水の最終回です。
みなさんそれぞれに風景を持ち寄ってくださいました。

切り取る場面によっては、花、樹木、空、川、山、建物、と、これまで授業で学んだことが総動員されることもあります。

画面が複雑になりそうな場合は、主張したいモチーフやテーマを強調したり、説明的すぎる部分は思い切って省略したりしてみましょう。


shintan2i.jpg



konishi.jpg



higa.jpg



来月はお盆休みのシーズンですが、どこかに出かける予定のある方は、絵になりそうな風景を探してみてください。
来年の展覧会に出展したいとお考えの方は、お盆休みの頃からテーマを探し始めるとちょうどいいと思います。



さて、来月も通常通り第4日曜日の8月26日です。
カリキュラムのローテーションが一番最初の「基礎知識」に戻ります。
教科書を忘れずにお持ちください。





タグ:水墨画教室

2018年07月10日

風景のスケッチ


大雨が収束したらいきなり猛暑になりました。
洗濯物がすぐ乾くのはいいけれど、体調を整えるのが大変ですね。

今月7月22日の烏丸日曜教室は「自由な風景」です。
5月には建物のある風景のスケッチを用意していただきましたが
今月は、風景であれば自由です。
ご自分でスケッチされたものをご用意ください。

今週の連休にスケッチに出かける予定の方は、暑さ対策には万全を期してくださいね。


写真は今朝の鴨川の鴨です。


kamotomo0.jpg


濁流だった水の透明度は戻りつつありますが、まだまだ水量は多く、カモたちは岸辺で川の流れを見つめていました。



タグ:水墨画教室

2018年06月25日

6月烏丸日曜教室より「雪景色」


6月24日の烏丸日曜教室は雪景色の練習でした。

yukigeshiki1.jpg


雪景色を描く場合の「雪」は、紙の白をそのまま残して描きます。
例えば雪山を白く残したい場合は、空を染めることによって山を浮き立たせます。

授業では、山の稜線に接した部分を濃く、上に向かって徐々に薄くなっていくグラデーション、「片隈法」の練習をしました。
そして画仙紙と麻紙で、描き心地やボカシの柔らかさの違いなどを、実際に描いて確認しました。

yukigeshiki4.jpg

yukigeshiki3.jpg


細かい表現など、白場を残しながら描くのが難しい場合は、ドーサやレジンドーサ、白抜き一発液などを使うことがあります。
モミの木の雪は白抜き一発液を使いました。


haiji.jpg



来月7月22日(第4日曜日)は、自由な風景画を描きます。
建物でも山でも川でもモチーフは自由なのでスケッチをご準備ください。




タグ:水墨画教室