2016年12月17日

12月25日は「竹」の後編


12月25日(第4日曜日)の京都烏丸教室は「風竹」「雨竹」です。
竹はスタンダードな画題ですが、いろいろな表現があるので2ヶ月にわたって学びます。

先月は刷毛を使って描く竹をご紹介しましたが、刷毛をお持ちでない方が多かったので、十分に練習できなかったと思います。その後刷毛を購入された方は、今月もお持ちください。
刷毛で描く竹は大きな紙にも対応できる画題なので、今月も是非練習していただきたいです。

bamboo4.jpg

bamboo2.jpg

冬らしい寒さになってまいりましたが、お風邪など引かれませんよう暖かくしてお越しくださいませ。

タグ:水墨画教室

2016年11月28日

四君子「竹」


11月27日の京都烏丸教室は今月から「四君子」に入りました。
まずは「竹」からですが、竹は基本となる技法や運筆が多く盛り込まれているので、2回にわたってじっくり練習していただきます。

古典的な画題としては「晴竹」、「風竹」、「雨竹」があります。
今月は「晴竹」で、竿の描き方3種類と直筆の葉の描き方をご紹介しました。

bamboo-leaf.jpg

細い竹は、筆を立てて描く蔵鋒(直筆)で描くと良いでしょう。
短冊など、小さな画面に描く場合にも。

bamboo-zoho.jpg

bamboo-zoho2.jpg

刷毛で描く竹は、大きな刷毛を使えば迫力のある作品になります。
展覧会の作品にもオススメです。
色々な紙で試してみましょう。

bamboo-hake.jpg


タグ:水墨画教室

2016年11月26日

11月12月の教室

京都烏丸教室は

12月25日(第4日曜日)会議室11
1月22日(第4日曜日)会議室11


と、通常通りのスケジュールです。
1月は第5土曜まであるので、29日とお間違えのないようお願いします。

暖かいと思っていたら、急に寒くなりました。
東京では11月なのに雪が降ったり、
また、北海道の北見に引っ越されたTさんの報告では
すでにマイナス12度の気温だそうです。
紅葉も色づき例年通りの見応えになったようですし
お出かけになる際は、お風邪を召されないようにしてくださいね。

さて、京都市美術館で開催中の「若冲の京都・KYOTOの若冲」がそろそろ会期終了間近です。
水墨画の作品が数多く展示されていて、個人蔵のものなど、これまでお目にかかれなかった作品もあるのでオススメです。

museumjakucyu.jpg

12月4日(日曜日)までです。




2016年11月09日

「四君子」と『芥子園画伝』

<四君子とは>

蘭・竹・菊・梅のことを、その気品ある美しさをたとえて言います。

今月から京都烏丸教室では四君子の授業に入ります。
蘭が曲線、竹が直線、梅・菊が直線と曲線、の運筆の基礎として、水墨を学ばれる方にとってははずせない画題であり、どれも古来からずっと描き継がれてきた古典中の古典です。

私たちが学んでいるような、画家の精神性を強く表現する南画の教材の一つに『芥子園画伝(かいしえんがでん)』があります。この本は中国清代に文人李笠翁によって、第1集の山水画の画伝が発行されました。

第1集が好評だったため、李笠翁の没後、沈因伯は第2集四君子、第3集花卉鳥虫を第1集と同じ『芥子園画伝』として1701年に発刊しました。
本の名は、笠翁の別荘、芥子園で編纂されたことに由来します。

日本に伝来したのは江戸時代中期といわれており、池大雅、与謝蕪村、田能村竹田といった南画・文人画を中心とする江戸後期の画壇や、浮世絵版画に大きな影響を与えたとされています。

授業では、テキストに沿って要所要所で芥子園画伝の描き方にも触れていきます。

text_shikunshi.jpg

kaishiengaden3.jpg

kaishoengaden2.jpg
<草薙奈津子 現代語訳版上・下>

kaishiengaden1.jpg

草薙奈津子さんの現代語訳版は、古本屋さんや、ネット通販で入手可能です。
タグ:水墨画教室

2016年11月01日

11・12月の予定

11月になりましたね。
今年もあと残すところ2ヶ月ですが、京都はこれからが観光のお客様で一番賑わうシーズンです。
紅葉にはまだ早いですが、写真撮影やスケッチに出かける際は、お風邪など引かれませぬようお気をつけください。

さて、11月。12月の京都烏丸教室の日程は通常どおりです。

11月27日(第4日曜日)会議室11
12月25日(第4日曜日)会議室11


そして11月から、いよいよ水墨画では定番の画題で、ぜひ習得していただきたい「四君子」に入ります。
27日は「晴竹」で、後半で刷毛を使う描き方を紹介しますので、刷毛を忘れないようにお持ちください。
まだ持っていない方は、6センチ幅くらいのもので十分ですので、この機会に1本買っておくといいでしょう。


momiji_zuzume.jpg


タグ:水墨画教室

2016年10月24日

「野菜2」大根・蕪・蓮根・椎茸・麦

10月23日の京都烏丸教室は「野菜」のパート2で、
先月に引き続き、一番基本の「筆を立てて描く」「筆を鳴かせて描く」の応用編と
「グラデーションを作って描く」画題でした。

京都烏丸教室は、伊藤若冲の生家、青物問屋があった錦市場からは、すぐ目と鼻の先、
蛸薬師通りを少し上がったところでレッスンをしています。

現在、錦市場でも若冲生誕300年のイベントが催されていますが
京都烏丸教室でも時を同じくして、ちょうど「野菜」のカリキュラムになりました。

renkonshiitake.jpg

vegetablesample.jpg


シンプルな画題なので、皆さん時間内で十分に練習ができたようです。

karasuma10_1.jpg

karasuma10_2.jpg


後半は「麦」。

麦は世界中で一番多く栽培されている穀物なので、その品種も数多くあります。
また、実がつき始めの頃と収穫前の実りの様子にも違いが出てきます。

作品を制作する時には、どのようなイメージにしたいかを考えて
穂のたれ具合や葉の様子を研究してみましょう。

mugi.jpg


タグ:水墨画教室

2016年10月14日

野菜の第二弾

先週までは、残暑が、、、と言っていたのに、一気に季節が進行しました。
そろそろ鍋が恋しくなる季節ですね。

さて、今月10月23日の京都烏丸教室は「野菜」のパート2です。
鍋料理にも大活躍する野菜、大根や椎茸と、レンコン・蕪・唐辛子・麦です。

今月も、基本の「蔵鋒・露鋒」「三墨法」の練習になります。
先月お休みされた方は、一番基本の運筆の練習になりますので是非お越しください。

野菜の水墨画といえば、京都教室の我々にとっての代表作は
やはり京都国立博物館所蔵 伊藤若冲の「果蔬涅槃図」でしょう。

ちょうどタイムリーに、若冲の生家があった錦市場では、現在生誕300年イベントを開催しており店舗のシャッターにプリントされた若冲作品がライトアップされています。

ライトアップは商店の閉店後19時からですが、せっかくなので教室の終わった後、
お時間のある方と皆で拝観するのもいいかもしれませんね。

rebkon.jpg


タグ:水墨画教室

2016年09月30日

10月・11月の教室は

もう明日からは10月です。
本屋さんの店頭には「秋の京都特集」の雑誌が顔を揃えておりますが
気持ちの良い秋晴れが、少しでも長く続くことを願いつつ、、、

京都烏丸教室は

10月23日(第4日曜日)会議室11
11月27日(第4日曜日)会議室11


と、通常通りのスケジュールです。

よろしくお願い致します。


parsimon.jpg


タグ:水墨画教室

2016年09月29日

国際墨画会 海外展決定

国際墨画会の海外での展覧会開催が決定しました。

<シンガポール> 国交樹立50周年 2017年9月16日〜9月21日
シンガポールのレベルの高い作品に対し、全紙サイズで過去に実績ある30作品を選抜

<チリ> 国交樹立120周年 2017年11月頃
会場の都合により、蓮落までのサイズ 次回17回国際墨画会展までの作品が出品可能

詳細は追ってご報告が上がると思います。
国際墨画会 本部運営のブログも是非チェックしてください。


さて、これから「芸術の秋」シーズン突入です。
最近は台風や大雨でお天気がすぐれませんが、時間が許せば展覧会やアートスポットに出かけることをお勧めします。

参拝したお寺さんの松の枝ぶりが、やたらカッコよかったり、
雨上がりの濡れた石畳に侘び寂びを感じたり、
普段の日常生活の中でも、ご自分の心が動いたら、それが制作のモチベーションになるかもしれません。

授業で習った画題だけではなく、自分の好きな花や美味しかった旬の野菜でもかまいません。
また、好きな映画、音楽、小説からのイメージを画にしてもいいのです。

第17回国際墨画会展は
会期:平成 29 年 6 月 7 日(水)~6 月 19 日(月)
応募締め切り:平成 29 年 3 月 25 日

となっております。詳しくは教室でお尋ねください。

mannjushage.jpg




タグ:展覧会

2016年09月26日

「野菜」きゅうり・なす・かぼちゃ・とうもろこし

残暑やら、台風やら、なにやら、、、と言っている間にもう9月も終わりそうです。
季節の変わり目、気候の変化、この時期体調を崩される方が多いので
夏の疲れが出てしまわないように、ご自愛くださいませ。

さて、9月25日の京都烏丸教室は「野菜1」でした。

vegitable_pumpkin.jpg


先月から2年ぶりにカリキュラム1「基礎」に戻り
基本の運筆や技法のことをダイジェストでご説明しましたが
今月は、水墨画の基本的な筆法「蔵鋒」「露鋒」の応用とも言えるモチーフです。
教室に入会される時に体験していただいた「竹」は、竿も小枝も葉も全て直線で描くことができましたが
胡瓜・茄子は曲線の練習、南瓜は三墨法の復習と、竹の小枝を描いた時のようなシャープで綺麗な線ではなく、かぼちゃのゴツゴツ感を表す、強弱やカスレなど味わいのある線を描く練習でした。

後半は、トウモロコシの練習。
水墨画の技法の一つ「破筆法」を用いて、トウモロコシのひげを表現します。

yasai1.jpg

yasai2.jpg

胡瓜・茄子で運筆のウォーミングアップをしていただき
最後には野菜をうまくレイアウトして、小作品を仕上げていただきました。

yasai4.jpg

花には、蝶やトンボを描き添えることが多いでしょうが、野菜には、カマキリ、バッタ、コウロギなどが名脇役になってくれますね。


yasai3.jpg


そして、来月は野菜の続編、大根・しいたけ・レンコンです。
通常通りの第4日曜日10月23日会議室11です。


<追記>

これから年末にかけて慌しくなり、だんだん寒くもなってくると、体調を崩しがちです。
お仕事もさらに忙しくなってくるかもしれません。
まずはお身体のこと、ご家庭の事情、お仕事のことを大切に考えていただきたいのですが
事情があって、3ヶ月以上の長期でお休みする場合、止むを得ず退会する場合も、必ずご連絡ください。

休業の連絡をしていただいた場合は、講師資格所得・上級クラス進級に関わりのある授業の履修や提出課題など、休業前の状態をキープして復帰していただけますので、ご安心ください。
ただし、半年以上、連絡も何もなく欠席されている場合は、新規ご入会規模者に座席を確保するため「退会扱い」にさせていただきます。

どうぞご理解のほどお願い申し上げます。





タグ:水墨画教室