2016年10月24日

「野菜2」大根・蕪・蓮根・椎茸・麦

10月23日の京都烏丸教室は「野菜」のパート2で、
先月に引き続き、一番基本の「筆を立てて描く」「筆を鳴かせて描く」の応用編と
「グラデーションを作って描く」画題でした。

京都烏丸教室は、伊藤若冲の生家、青物問屋があった錦市場からは、すぐ目と鼻の先、
蛸薬師通りを少し上がったところでレッスンをしています。

現在、錦市場でも若冲生誕300年のイベントが催されていますが
京都烏丸教室でも時を同じくして、ちょうど「野菜」のカリキュラムになりました。

renkonshiitake.jpg

vegetablesample.jpg


シンプルな画題なので、皆さん時間内で十分に練習ができたようです。

karasuma10_1.jpg

karasuma10_2.jpg


後半は「麦」。

麦は世界中で一番多く栽培されている穀物なので、その品種も数多くあります。
また、実がつき始めの頃と収穫前の実りの様子にも違いが出てきます。

作品を制作する時には、どのようなイメージにしたいかを考えて
穂のたれ具合や葉の様子を研究してみましょう。

mugi.jpg


タグ:水墨画教室

2016年10月14日

野菜の第二弾

先週までは、残暑が、、、と言っていたのに、一気に季節が進行しました。
そろそろ鍋が恋しくなる季節ですね。

さて、今月10月23日の京都烏丸教室は「野菜」のパート2です。
鍋料理にも大活躍する野菜、大根や椎茸と、レンコン・蕪・唐辛子・麦です。

今月も、基本の「蔵鋒・露鋒」「三墨法」の練習になります。
先月お休みされた方は、一番基本の運筆の練習になりますので是非お越しください。

野菜の水墨画といえば、京都教室の我々にとっての代表作は
やはり京都国立博物館所蔵 伊藤若冲の「果蔬涅槃図」でしょう。

ちょうどタイムリーに、若冲の生家があった錦市場では、現在生誕300年イベントを開催しており店舗のシャッターにプリントされた若冲作品がライトアップされています。

ライトアップは商店の閉店後19時からですが、せっかくなので教室の終わった後、
お時間のある方と皆で拝観するのもいいかもしれませんね。

rebkon.jpg


タグ:水墨画教室

2016年09月30日

10月・11月の教室は

もう明日からは10月です。
本屋さんの店頭には「秋の京都特集」の雑誌が顔を揃えておりますが
気持ちの良い秋晴れが、少しでも長く続くことを願いつつ、、、

京都烏丸教室は

10月23日(第4日曜日)会議室11
11月27日(第4日曜日)会議室11


と、通常通りのスケジュールです。

よろしくお願い致します。


parsimon.jpg


タグ:水墨画教室

2016年09月29日

国際墨画会 海外展決定

国際墨画会の海外での展覧会開催が決定しました。

<シンガポール> 国交樹立50周年 2017年9月16日〜9月21日
シンガポールのレベルの高い作品に対し、全紙サイズで過去に実績ある30作品を選抜

<チリ> 国交樹立120周年 2017年11月頃
会場の都合により、蓮落までのサイズ 次回17回国際墨画会展までの作品が出品可能

詳細は追ってご報告が上がると思います。
国際墨画会 本部運営のブログも是非チェックしてください。


さて、これから「芸術の秋」シーズン突入です。
最近は台風や大雨でお天気がすぐれませんが、時間が許せば展覧会やアートスポットに出かけることをお勧めします。

参拝したお寺さんの松の枝ぶりが、やたらカッコよかったり、
雨上がりの濡れた石畳に侘び寂びを感じたり、
普段の日常生活の中でも、ご自分の心が動いたら、それが制作のモチベーションになるかもしれません。

授業で習った画題だけではなく、自分の好きな花や美味しかった旬の野菜でもかまいません。
また、好きな映画、音楽、小説からのイメージを画にしてもいいのです。

第17回国際墨画会展は
会期:平成 29 年 6 月 7 日(水)~6 月 19 日(月)
応募締め切り:平成 29 年 3 月 25 日

となっております。詳しくは教室でお尋ねください。

mannjushage.jpg




タグ:展覧会

2016年09月26日

「野菜」きゅうり・なす・かぼちゃ・とうもろこし

残暑やら、台風やら、なにやら、、、と言っている間にもう9月も終わりそうです。
季節の変わり目、気候の変化、この時期体調を崩される方が多いので
夏の疲れが出てしまわないように、ご自愛くださいませ。

さて、9月25日の京都烏丸教室は「野菜1」でした。

vegitable_pumpkin.jpg


先月から2年ぶりにカリキュラム1「基礎」に戻り
基本の運筆や技法のことをダイジェストでご説明しましたが
今月は、水墨画の基本的な筆法「蔵鋒」「露鋒」の応用とも言えるモチーフです。
教室に入会される時に体験していただいた「竹」は、竿も小枝も葉も全て直線で描くことができましたが
胡瓜・茄子は曲線の練習、南瓜は三墨法の復習と、竹の小枝を描いた時のようなシャープで綺麗な線ではなく、かぼちゃのゴツゴツ感を表す、強弱やカスレなど味わいのある線を描く練習でした。

後半は、トウモロコシの練習。
水墨画の技法の一つ「破筆法」を用いて、トウモロコシのひげを表現します。

yasai1.jpg

yasai2.jpg

胡瓜・茄子で運筆のウォーミングアップをしていただき
最後には野菜をうまくレイアウトして、小作品を仕上げていただきました。

yasai4.jpg

花には、蝶やトンボを描き添えることが多いでしょうが、野菜には、カマキリ、バッタ、コウロギなどが名脇役になってくれますね。


yasai3.jpg


そして、来月は野菜の続編、大根・しいたけ・レンコンです。
通常通りの第4日曜日10月23日会議室11です。


<追記>

これから年末にかけて慌しくなり、だんだん寒くもなってくると、体調を崩しがちです。
お仕事もさらに忙しくなってくるかもしれません。
まずはお身体のこと、ご家庭の事情、お仕事のことを大切に考えていただきたいのですが
事情があって、3ヶ月以上の長期でお休みする場合、止むを得ず退会する場合も、必ずご連絡ください。

休業の連絡をしていただいた場合は、講師資格所得・上級クラス進級に関わりのある授業の履修や提出課題など、休業前の状態をキープして復帰していただけますので、ご安心ください。
ただし、半年以上、連絡も何もなく欠席されている場合は、新規ご入会規模者に座席を確保するため「退会扱い」にさせていただきます。

どうぞご理解のほどお願い申し上げます。





タグ:水墨画教室

2016年08月29日

テキスト「基礎」より

8月28日の京都烏丸教室は、カリキュラム1に戻って
テキスト「基礎」の中から、主に、筆・紙・墨など道具について、
そして、水墨画に用いられる主だった技法についてご説明致しました。

kisotext.jpg

テキスト1の冒頭は『水墨画とは』という文章から始まりますが
水墨画を学ぶことは、この『水墨画とは』とはなんぞや?
そのことを作品にどう表現できるかを、全カリキュラムを通して、、、
というより一生かかって勉強することなのかもしれません。

授業の前半では、基本の蔵鋒・露鋒の運筆と三墨法でグラデーションを作る練習、
二層画仙紙・中国単宣・楮紙・麻紙などのサンプルをお配りし、
墨色や効果の違いを確かめていただきました。

botansample.jpg


後半では、線描きの練習として「鳥獣人物戯画」の模写にトライしていただきました。
短い時間内では十分練習できなかったと思います。
ぜひご自宅でも練習してみてください。

choujutext.jpg


本日からは、新しく3人の方がメンバーに加わり、体験に来られた方も早速来月から参加したいとのご意向がありました。最初のカリキュラムに戻りましたので、気持ちも新たに、お互いに楽しく精進してまいりましょう。

どうぞよろしくお願い申し上げます。


<追記>

道具やテキストをまとめ買いされる際には、国際墨画会の通販サイトをご利用になることができます。
チェックしてみてください。




タグ:水墨画教室

2016年08月23日

9月・10月の日程

毎日暑い日が続いておりますが皆様お変わりありませんか?

9月10月の教室の日程は通常の通りです。

9月25日(第4日曜日)会議室11
10月23日(第4日曜日)会議室11


今月8月28日(第4日曜日)は、カリキュラム1「基礎」です。
2年かけて24カリキュラムが一巡しました。

日曜日の天気予報は「曇り」で最高温度32度となっています。
刺すような日差しからは逃れられそうですが、どうぞお気をつけてお越しください。

kamogawa7.jpg


2016年08月08日

水墨画のための紙

暑い日が続いておりますが、今週から夏休み、という方もいらっしゃるでしょうか?
昨日7日の京都は最高気温が37℃だったそうですが、本日8日は38℃の予報が出ています。

まだまだ暑い日が続きそうですが、夏休みだけど、こうも暑くちゃ外出なんぞしていられない!という方は、ぜひ涼しいお部屋で水墨の練習を!
そして、そろそろ来年の展覧会のための題材を決めても良い時期になってきました。

いや、まだまだ、テーマ選び、、、いまひとつ絞りきれない、、、という方は
今まで描いたことのない様々な紙に描いてみるのも良いかと思います。
教室で学んだ画題でも、紙を変えることによって、まったく違った雰囲気になることがあります。


botan_gasen.jpg

上は画仙紙ですが、教室の和画仙とは違うタイプのもので、筋目は出なく、墨と墨が重なった部分が重色として残ってしまうというクセがあります。
重色部分をうまく活かせるような描き方ができれば効果的ですが、滲みにくいので、少し硬い印象になりやすいです。
逆に、線描きや繊細な描き込みをするモチーフには向いています。

botan_toshi.jpg

次は「唐紙」といって竹の繊維でできている紙です。
デリケートなので破れやすく扱いづらいですが、同じように描いたのに全然違う結果になります。
滲みをうまくコントロールできれば、水墨らしい柔らかな印象になります。

水墨画のための紙は無数にありますので、この夏休みは、自分の感性や描きたいモチーフに合った紙を探してみるのはいかがでしょうか。

さて、次の教室の予定は 8月28日(第4日曜日) 9月25日(第4日曜日)です。

8月からカリキュラム1「基礎」に戻ります。
8月28日前半は、テキストに沿って、紙や道具、基本的な技法の名称などのお話をします。
後半は、線描きの練習として「鳥獣戯画」の一部分を模写します。

タグ:水墨画教室

2016年07月25日

自由な風景画を描く


7月24日の京都烏丸教室は、24カリキュラムの最終「自由な風景画」を描くでした。
半年かけて、風景画のための様々な表現を学びましたが、7月で総括ということになります。

それぞれが描きたい風景のスケッチや写真を持ち寄り、自由に描いていただきました。

石、草、木、砂、建物、季節感、乾・湿、など、様々な要素を一枚の作品にまとめ上げるためには、調和、あるいはコントラストが必要になってきます。

また、絵の中で何を一番表現したいのか?
ただ目の前の風景を写すだけではなく、「魅力ある見せ方」の工夫が必要になってきます。

スケッチに出かけるには、時間や場所のやりくりが大変ですが
普段から、外出先では、絵にしたらどうなるか?と想像しながら撮影すると良いと思います。

fukei1.jpg

fukei3.jpg

fukei4.jpg

fukei2.jpg


さて、来月は8月28日(第4日曜日)会議室11です。
カリキュラム1に戻り「基礎」から再スタートです。

タグ:水墨画教室

2016年07月13日

雨・雪

今週はジメジメ天気が続いております。
祇園祭が近づく頃の蒸し暑さは京の伝統、とも言えますが
ひょっとして何代も続く生粋の京都人なら、対応できるDNAが組み込まれているでしょうか?

さて、先月の「雪景色」の授業ではドーサ液を試していただきましたが
うまく白抜きにならなかったのは、時間内に完全にドーサ液が乾ききらなかったのが原因かもしれません。
一晩時間を置くなどして、十分に乾かしてから再試行してみてください。
また、ドーサ液を使う筆は別にした方がよいでしょう。

下、雨竹はドーサ液を使いました。

uchiku.jpg

雪竹、牛乳で代用しました。

setsuchikumilk.jpg

さらに、空をダークにすると雪がより浮き出てきます。夜のイメージです。
裏側の方が雪がくっきり出ていました。

setsutikufubuki.jpg


ちなみに牛乳や豆乳を利用した場合、、、10年後、20年後の紙の劣化状態は未確認です。

この季節、雨に濡れた竹を写真に収めておくのもいいと思います。


タグ:水墨画教室