2018年08月28日

9月のワークショップ


MASUI×GACCOH 水墨画ワークショップ 第四十五回「禾乃登(こくものすなわちみのる)」

これは稲が実り始める頃、という意味ですが、9月は「実りの秋」ということで葡萄を描いてみます。

葡萄はたくさん実をつけることから「子孫繁栄」、蔓が他のものに巻きつきながら伸びていくことから「共に成功する」という意味合いがある縁起物です。

葡萄といえば、出町柳からも近い相国寺の承天閣美術館に展示されている、伊藤若冲が描いた鹿苑寺の障壁画「葡萄小禽図」が有名ですが、ワークショップでは若冲が用いた「筋目描き」という描法にチャレンジします。


grapeweb.jpg


【日時】2018年9月29日(土)
前半 12:30〜14:30
後半 15:00〜17:00
 
※前半、後半、ご希望の時間帯にご参加ください。

【会場】京都出町柳 GACCOH
(京阪電車「出町柳駅」2番出口より徒歩5分)
【参加費】各回一般:2,500円 / 高校生以下:1,500円 
(材料費込み。道具もこちらでご用意しておりますので特に必要な道具はございません。)


参加ご希望の方は、こちら申し込み専用のサイトからチケットを購入してください。



gaccohmap.jpg



※夏の特別企画 9/8(土)、9(日)二日間の水墨画の入門ワークショップはコチラから。


お待ちしています!



posted by MASUI at 18:38| Comment(0) | GACCOHワークショップ

2018年08月19日

涼風至

8月18日のワークショップは「涼風至(すずかぜいたる)」がテーマで、秋の訪れを告げる花とされている朝顔を描きました。

京都ではあれほどの猛暑だったのに、ちょうど2、3日前頃から、朝夕はテーマ通りに心地い涼風が吹くようになってきましたね。


asagao1.jpg


asagao3.jpg


朝顔の特徴ある葉を描くのに苦労されていましたが、とても熱心に練習していただいた成果が出て、最後には全員が小作品を仕上げることができました。

涼風が吹くようになってきたとはいえ、日中はまだ30度超えの天気が続きそうです。
練習した朝顔を描いて、残暑見舞いにするのもいいですね。


asagao4.jpg


asagao5.jpg


asagao2.jpg




七十二候がテーマの9月は「葡萄」を描きます。
9月29日(土曜日)
前半12時30分から
後半15時から       です。

http://www.gaccoh.jp/?page_id=7460


現在申し込み受付中の「団扇絵」を描く夏の特別企画は2日間で完結するワークショップです。

http://www.gaccoh.jp/?page_id=10403
 
【開催日】2018年9月8日(土)、9日(日) 
【開催時間】各日 14:00〜16:00


2日間たっぷり時間をかけますので、初体験の方にぜひチャレンジしていただきたいです。
この機会に、自分だけのオリジナル団扇を作ってみたい人もお待ちしています。




posted by MASUI at 16:45| Comment(0) | GACCOHワークショップ

2018年08月09日

ワークショップ特別企画のお知らせ


MASUI×GACCOH 水墨画・超入門ワークショップ


定例のワークショップとは別枠で、水墨画初体験の方に是非参加していただきたい、団扇絵を描く企画を予定しております。もちろんリピーターの方も、団扇に描くワークショップは初めてなのでお楽しみいただけると思います。


funweb.jpg


今回は2日間で完結するワークショップです。

「超入門」なので、まず「竹」を描くことで基本的な筆法や調墨を学びます。
竹は竿、枝、葉が全て直線なので運筆を理解しやすく、初体験の方にもおすすめです。
応用としての曲線は「朝顔」を描きながら練習します。
そして、今回のワークショップの締めくくりとして「竹」、「朝顔」のどちらかお好きな画題を団扇に描いていただきます。


仕立て済みの団扇に描くので、凹凸があります。
いつものフラットな紙に描くのと感触が違いますが、骨組みの凹凸による線の途切れもいい味わいになります。
お手本は、できるだけシンプルな構図にしました。


●1日目・・・2018年9月8日(土)14:00〜16:00

直筆・側筆の練習、三墨法の練習、竹・朝顔をF5サイズの画仙紙に。

●2日目・・・9月9日(日)14:00〜16:00

竹・朝顔どちらかを決め、団扇の型を取った紙に下画きをし
最後に団扇に描いて仕上げる。



【開催日】2018年9月8日(土)、9日(日) 
【開催時間】各日 14:00〜16:00
【会場】京都出町柳 GACCOH(京阪電車「出町柳駅」2番出口より徒歩5分)
【対象】二日間通してご参加いただける方
【参加費(二日間)】一般:5,000円 / 高校生以下:4,000円 
(材料費込み。道具もこちらでご用意しておりますので特に必要な道具はございません。)


参加ご希望の方は、こちら申し込み専用のサイトからチケットを購入してください。先着10名を予定しています。





posted by MASUI at 09:36| Comment(0) | GACCOHワークショップ

2018年07月09日

8月のワークショプ


MASUI×GACCOH 水墨画ワークショップ 第四十四回「涼風至(すずかぜいたる)」

2018年8月7日からは七十二候の一つ『涼風至(すずかぜいたる)』です。
涼風至とは、夏の暑い風から、秋の涼しい風に替わりはじめる頃。
朝顔は、秋の訪れを告げる花です。


asagaoweb.jpg


【日時】2018年8月18日(土)
前半 12:30〜14:30
後半 15:00〜17:00
 
※前半、後半、ご希望の時間帯にご参加ください。

【会場】京都出町柳 GACCOH
(京阪電車「出町柳駅」2番出口より徒歩5分)
【参加費】各回一般:2,500円 / 高校生以下:1,500円 
(材料費込み。道具もこちらでご用意しておりますので特に必要な道具はございません。)


参加ご希望の方は、こちら申し込み専用のサイトからチケットを購入してください。


gaccohmap.jpg



posted by MASUI at 10:36| Comment(0) | GACCOHワークショップ

2018年07月08日

「温風至」


7月8日のMASUI×GACCOH 水墨画ワークショップ は「温風至(あつかぜいたる)」でした。
「温風至」とは、七十二候で7月7日から11日、熱い風が吹き蒸し暑くなる頃のことを言います。


goldenfish1.jpg



甚大な被害をもたらした前日までの大雨も、京都市内はすっかり回復して朝からいいお天気になり、キャンセルもなく15人の方にお越しいただきました。有難うございました。

写真はGACCOHがある出町柳の鴨川デルタ地帯。
もう少しで水没、のところまで増水しています。

kamogawaderuta.jpg



モチーフは金魚でした。
グラデーションの出来と尾ひれの運筆がポイントです。

goldenfish3.jpg

goldenfish2.jpg


そして、余った時間で簡単な「鮎」を描きました。
これは暑中見舞いにも使えそうですね。

goldenfish5.jpg

goldenfish4.jpg



次回は8月18日で、テーマは「涼風至」。朝顔を描きます。





posted by MASUI at 23:02| Comment(0) | GACCOHワークショップ

2018年06月05日

7月のワークショップ


MASUI×GACCOH 水墨画ワークショップ 第四十三回
「温風至(あつかぜいたる)」


7月7日から11日、熱い風が吹き蒸し暑くなる頃です。
京都では祇園祭の直前ということもあり
次回は夏祭りをイメージして金魚を描いてみたいと思います。
GACCOHワークショップでは初の画題です。

goldenfishweb.jpg


【日時】2018年7月8日(日)
前半 11:00〜13:00
後半 14:00〜16:00
 
※前半、後半、ご希望の時間帯にご参加ください。

【会場】京都出町柳 GACCOH
(京阪電車「出町柳駅」2番出口より徒歩5分)
【参加費】各回一般:2,500円 / 高校生以下:1,500円 
(材料費込み。道具もこちらでご用意しておりますので特に必要な道具はございません。)


参加ご希望の方は、こちら申し込み専用のサイトからチケットを購入してください。


gaccohmap.jpg








posted by MASUI at 11:21| Comment(0) | GACCOHワークショップ

2018年06月03日

蟷螂生(かまきりしょうず)

 6月2日ののMASUI×GACCOH水墨画ワークショップのテーマは
「蟷螂生(かまきりしょうず)」

水墨画の画題として、野菜と昆虫はよく描かれる組み合わせです。

直筆、側筆の練習となるシンプルなモチーフとカマキリを構成して描いていただきました。

最近は前半と後半の2部構成にしていますが、後半は6名の参加者のうち4名がイスラエル出身の方でした。
イスラエルからの旅行者の方は3名でしたが、京大に留学している京都在住の方が偶然同じクラスに参加されたので、通訳もバッチリ。大変助かりました。有難うございました。

kamakiri2.jpg


kamakiri1.jpg

kamakiri3.jpg

kamakiri4.jpg


常連の小学3年生のS君はトウモロコシとカマキリだけにしぼり、余白を生かした印象的な作品に仕上げてくださいました。

kamakiri5.jpg



次回7月8日(日)は「温風至(あつかぜいたる)をテーマに。
7月は祇園祭もありますし、「夏祭り」をイメージして金魚を描きます。



posted by MASUI at 09:03| Comment(0) | GACCOHワークショップ

2018年05月15日

6月のワークショップ


MASUI×GACCOH 水墨画ワークショップ 第四十二回
「蟷螂生(かまきりしょうず)」


七十二候で6月5日頃、カマキリが卵からかえる初夏の頃のことを言います。

画題は野菜にカマキリ。
野菜と昆虫は非常にポピュラーな組み合わせです。

どちらかというとカマキリより野菜がメインなってしまいますが、数種類の野菜の描き方を紹介し、基本の直筆・側筆の練習をたくさんしていただく予定です。
野菜は単純な運筆のものを取り上げますので、非常にわかりやすい内容になると思います。

kamakiri.jpg


【日時】2018年6月2日(土)
 前半 12:30〜14:30
 後半 15:00〜17:00
【会場】京都出町柳 GACCOH(京阪電車「出町柳駅」2番出口より徒歩5分)
【参加費】一般:2,500円 / 高校生以下:1,500円 
(材料費込み。道具もこちらでご用意しております。)

参加ご希望の方は、こちら申し込み専用のサイトからチケットを購入してください。


gaccohmap.jpg


posted by MASUI at 09:14| Comment(0) | GACCOHワークショップ

2018年05月14日

「麦秋至」

5月13日のMASUI×GACCOH水墨画ワークショップのテーマは
「麦秋至(むぎのときいたる)」。
麦にトンボを描きました。


麦秋至は、初夏に麦が実る頃のことを言います。

mugi5.jpg


今回は「線」の練習を中心に。
茎の、均等な太さの長い線を描く練習や
葉の、強弱があったりカーブがあったりする線の練習や
穂の先端から出ている針状の「芒」のように、鋭く堅い線を描く練習などをしました。

もう一つのポイントは、遠近感の出し方です。
同じようなモチーフを重ねてたくさん描くときは
全て同一色で描いてしまうと、ごちゃごちゃして見えたり
フラットに見えてしまったりするので
墨一色で描く水墨画では、墨色の使い分けが必須となってきます。

みなさん、とても素敵に描いてくださったので
これからの夏の季節、ビールのお中元を贈られる機会などに
麦の絵を添えられると洒落ているのではないでしょうか。

mugi3.jpg


mugi4.jpg



この日はあいにくの雨模様でしたが、お越しいただきありがとうございました。

次回は6月2日(土曜日)、野菜とカマキリを描きます。
4月から、前半と後半の2回に分けて行うようになったので
一人あたりのスペースを、比較的ゆったり確保できるようになったと思います。
皆様のお越しをお待ちしています。




posted by MASUI at 09:33| Comment(0) | GACCOHワークショップ

2018年04月09日

5月のワークショップ


MASUI×GACCOH 水墨画ワークショップ 第四十一回
「麦秋至(むぎのときいたる)」


5月31日から七十二候では「麦秋至(むぎのときいたる)」。
秋という字がありますが、麦の穂が実り始める頃なので、麦にとっては実りの秋ということになります。
「麦秋(ばくしゅう)」は夏の季語だそうです。



mugi.jpg



前回から時間帯が2回に分かれています。

【日時】2018年5月13日(日)
 前半 12:30〜14:30
 後半 15:00〜17:00
【会場】京都出町柳 GACCOH(京阪電車「出町柳駅」2番出口より徒歩5分)
【参加費】一般:2,500円 / 高校生以下:1,500円 
(材料費込み。道具もこちらでご用意しておりますので特に必要な道具はございません。)

参加ご希望の方は、こちら申し込み専用のサイトからチケットを購入してください。



gaccohmap.jpg




posted by MASUI at 07:37| Comment(0) | GACCOHワークショップ