2016年10月16日

若冲の「菊」に挑戦しました。

2016年若冲生誕300年企画、MASUI×GACCOH水墨画ワークショップ第7弾は「若冲の菊」でした。

10月15日は、とても気持ちの良い秋晴れの土曜日となり、
兵庫県や、神奈川、東京と、遠方からもお越しいただき有難うございました。

若冲の水墨画の菊といえば、「筋目画き」の技法でよく紹介される
まあるいピンポン菊をご覧になることが多いかもしれませんが
今回のお手本となるのは「菊と蜻蛉図」の、我々がこの時期一番目にする、代表的な形状の菊です。
この菊も、絶妙な加減の筋目画きで、花弁が表現されています。

まずは、基本の直筆・側筆の練習と、筋目描きの練習を。
筋目描きは、一番わかりやすい葡萄の粒を描いて、実験していただきました。

ws_kiku2.jpg

「イカ」「ブドウ」にも来てくださった5歳のSちゃん、今回も3回連続で参戦です。

ws_kiku3.jpg


せっかくなので、スタンダードな菊の描き方もご紹介し
若冲の菊と描き比べていただきました。
菊は少し難しい画題でしたが、皆さんとてもスムーズに、素敵な作品を仕上げてくださいました。

ws_kiku1.jpg


さて、来月は11月19日「野菜」がテーマです。
今年1月から始まった若冲シリーズも終わりに近づいてきました。すでに募集が始まっております。
ワークショップに参加される方は、水墨画初体験の方がほとんどです。
どうぞ、お気軽にご参加ください。

posted by MASUI at 10:46| Comment(0) | GACCOHワークショップ

2016年09月28日

若冲の水墨画「菊」


MASUI×GACCOH 水墨画ワークショップ 第二十五回「菊」

菊は我々日本人には、とても馴染みの深い花ですね、

菊は奈良時代に中国から薬用として伝来したそうです。
江戸時代には園芸が盛んになり、品種改良で何種類もの菊が誕生しました。

また、水墨画では「四君子」の一つとして、古来から取り上げられることの多い画題です。

若冲の菊は、花弁を「筋目画き」を用いて表現しており
スタンダードな描き方とは一味違う個性的な印象です。

今月も、「筋目画き」がメインテーマになります。

jakucyu_kiku.jpg


◆日時:2016年10月15日(日)14:00-16:00

◆場所:京都出町柳 GACCOH(京阪電車「出町柳駅」2番出口・市バス『出町柳駅前」より徒歩5分)

◆参加費:一般:2,500円 / 高校生以下:1,500円 (画材費込み 道具はすべてこちらで用意)

◆参加方法:こちら専用HPの「お申込みフォーム」からエントリーをお願いします。


gaccohmap.jpg





posted by MASUI at 09:23| Comment(0) | GACCOHワークショップ

2016年09月19日

若冲の「葡萄」に挑戦しました

2016年若冲生誕300年企画、MASUI×GACCOH水墨画ワークショップ第6弾は「若冲の葡萄」でした。

9月18日のこの日は、台風が来るか来ないか、、、の危ういお天気でしたが
なんとか小雨程度のお天気で終了時まで持ちこたえてくれたものの
解散してから30分後くらいに、突然の稲光と土砂降りに見舞われましたが、
皆様無事にお帰りになれたでしょうか??

さて、今回も若冲をお手本に、、、ということで、「筋目画き」がメインテーマです。

grapews3.jpg

運筆の練習としては、直筆・側筆と、三墨法の練習も。

筋目画きは、穂の「水分量」が、ひとつ大きなポイントです。
ただ、墨で描けばいつでも筋目ができるとは限りません。
まずは葡萄の実を描きながら、色々と実験をしてみました。

そして、次は葡萄の葉。
品種によって葉の形状はそれぞれ違ってきますが、
若冲の描いた丸っこい葡萄の葉は、どうやら山葡萄の一種のようです。

実は筆を立てて直筆(蔵鋒)で描くことにより、コンパクトで綺麗な円を描くことができましたが
それより面積が大きい葉の「面」を描く場合は、筆を倒して側筆(露鋒)で描かねばなりません。
筆を立てる、倒す、の加減で、うまく描き分けていきます。

grapews1.jpg

皆さん、綺麗な筋目を出すための水分量の調節が難しい、と仰ってましたが、最後には描きあげてくださいました。

そして、前回夏休みスペシャルで参加してくださった最年少のSちゃんが、今月も「是非ブドウを描きたい」とのことで、しかもワークショップ前にブドウの練習もして、参加してくださいました。

grapews2.jpg

grapesatomi.jpg


続きまして、来月は10月15日(土)、画題は「菊」です。
若冲流の個性的な菊なので面白いと思います。どうぞご参加ください。



posted by MASUI at 09:42| Comment(0) | GACCOHワークショップ

2016年09月02日

若冲の水墨画「葡萄」


MASUI×GACCOH 水墨画ワークショップ 第二十四回「葡萄(ぶどう)」

若冲生誕300年記念、若冲の水墨画を模写するワークショップも残りあと数回となりました。
今月の画題は「葡萄(ぶどう)」です。

葡萄は、他のものに巻きつき、たくさんの実をつけることから、他の者を取り込み、一緒に身を結ぶ(成功する)と言われる縁起がありますが、若冲の葡萄と言えば、相国寺承天閣美術館に常設されている、重要文化財「鹿苑寺大書院障壁画」の中の葡萄が有名です。

9月のワークショップでは、若冲水墨の代表的な技法「筋目描き」で葡萄を書く練習をします。


jakucyu_grape1.jpg


jakucyu_grape2.jpg


◆日時:2016年9月18日(日)14:00-16:00

◆場所:京都出町柳 GACCOH(京阪電車「出町柳駅」2番出口・市バス『出町柳駅前」より徒歩5分)

◆参加費:一般:2,500円 / 高校生以下:1,500円 (画材費込み 道具はすべてこちらで用意)

◆参加方法:こちら専用HPの「お申込みフォーム」からエントリーをお願いします。


gaccohmap.jpg

posted by MASUI at 09:12| Comment(0) | GACCOHワークショップ

2016年08月21日

若冲の「烏賊」に挑戦しました。

2016年若冲生誕300年企画、MASUI×GACCOH水墨画ワークショップ第5弾は「若冲の烏賊」でした。

ikaws1.jpg

お手本にした若冲の「烏賊図」は、とてもシンプルで短時間で完成できる画題だったこと
そして、今月8月は夏休み中ということで、これまでで最年少のかわいいお客様が来てくださいました。

ikaws5.jpg

5歳の彼女はとても「吸盤」にご執心だったみたいです。(笑)
お手本などには目もくれず、ご自分の路線を貫き楽しそうに描かれる姿はさすがです。

ikaws2.jpg

ikaws3.jpg

本日は、「三墨法」と「筋目画き」がメインの技法でしたが、皆さん紋甲イカとスルメイカはあっという間に仕上げられたので、後半で三墨法を使った竹の竿、葉、朝顔なども練習しました。

ikaws4.jpg

この日の京都は37度近くまで気温が上がるという猛暑の日曜日。
バルセロナから京都入りされているお客様が2組参加されるという偶然もあり、
通訳の方や見学の方も合わせて賑やかなワークショップになりました。
暑い中お越しいただき、楽しんでいただきまして有難うございました。

さて、来月は9月18日(日)で画題は「ブドウ」です。
次回も「筋目画き」がメインの画題です。


posted by MASUI at 08:35| Comment(0) | GACCOHワークショップ

2016年08月09日

若冲の「烏賊」を水墨画で

MASUI×GACCOH 水墨画ワークショップ 第二十三回「若冲の烏賊(イカ)」

若冲の水墨画には、とてもユーモラスでかわいい作品があります。
そんなモチーフのひとつが「イカ」。

イカを描くことで、基本の「三墨法」(グラデーションを作る方法)や、若冲の技巧として高名な「筋目画き」を学びます。
簡単に描けるモチーフなので、お子様にも楽しんでいただけます。
ぜひ親子で挑戦してみてください。

jakucyu-ika.jpg



◆日時:2016年8月20日(土 )14:00-16:00

◆場所:京都出町柳 GACCOH(京阪電車「出町柳駅」2番出口・市バス『出町柳駅前」より徒歩5分)

◆参加費:一般:2,500円 / 高校生以下:1,500円  ※夏休み特別価格!(画材費込み 道具はすべてこちらで用意)
小学校低学年・小学生以下のお子様は、親御様とのご同伴をお願いします。

◆参加方法:こちら専用HPの「お申込みフォーム」からエントリーをお願いします。


gaccohmap.jpg





posted by MASUI at 15:40| Comment(0) | GACCOHワークショップ

2016年07月17日

若冲の「鶏」に挑戦しました。

2016年若冲生誕300年企画、MASUI×GACCOH水墨画ワークショップ第4弾は「若冲の鶏」でした。

若冲といえば「ニワトリ」、ニワトリといえば若冲、というくらい代表的なモチーフです。
ニワトリは動植綵絵のような色彩豊かな細密画の方が有名かもしれませんが、
水墨画のニワトリもたくさん作品が残っています。

モノトーンの水墨で描く「若冲の鶏」は、羽根の部位や模様などを、色彩ではなく技法や運筆によって描き分けています。
今回は、水墨画の基本の運筆「蔵鋒・露鋒」、毛羽の表現「破筆法」、「筋目画き」を用いて描いていただきました。

niwatoriws3.jpg

一番の見せ場は、濃墨のアクセントになる「尾」のスピード感ある筆致です。
若冲の水墨画は、淡・中墨の中に、強い濃墨でアクセントやリズムをつけて描かれています。
ただスピードを出せばいいというのではなく、筆の角度、スピードを出すタイミングなども、何回か練習していくうちに、感覚を捉えていただけたのではないかと思います。

「破筆法」は、動物の毛並みを描く時にも使える技です。
ぜひ応用してみてください。

niwatoriws2.jpg

niwatoriws1.jpg


今回も、奈良や兵庫など遠方からもご参加いただきまして、誠に有難うございました。

次回は8月20日(土)、夏休み特別企画として、大人から子供まで簡単に描けて楽しめる「イカ」にしました。
若冲はこんな可愛いゆるキャラ作品も残しています。
親子でのご参加も歓迎です。

posted by MASUI at 12:09| Comment(0) | GACCOHワークショップ

2016年06月29日

若冲の「鶏」を水墨画で

MASUI×GACCOH 水墨画ワークショップ 第二十二回「若冲の鶏」

東京都美術館では入場320分待ちというニュースが話題にもなった伊藤若冲生誕300年展ですが、京都での生誕祭展諸々はこれからがが本番となります。

まず細見美術館では、25日より「伊藤若冲ー京に生きた画家ー」が開幕しており、鶏の作品もたくさん公開されています。

また、相国寺承天閣美術館では7月1日からと今週末に迫ってまいりました。
こちらの「伊藤若冲展」は、京都便利堂さんによるコロタイプ印刷の複製品で「動植綵絵」30幅を一堂に展示されるそうです。
なんと、完成されるまでに6年の時間を費やされたそうで、これは非常に楽しみですね。

さて、MASUI×GACCOH 水墨画ワークショップ も今年は生誕300年にちなみ、若冲作品のモチーフを模写することで水墨画の技法を学ぶ試みをしてますが、7月16日は、いよいよ「鶏が」画題に登場します。
先月の「龍」の『すじめがき』と同様に、下絵をご用意しますので初めての方も安心してご参加くださいませ。

レクチャースペースGACCOHは承天閣美術館より徒歩15分前後なので、こちらまで足を伸ばしていただければ幸いです。


niwatori_web.jpg


◆日時:2016年7月16日(土 )14:00-16:00

◆場所:京都出町柳 GACCOH(京阪電車「出町柳駅」2番出口・市バス『出町柳駅前」より徒歩5分)

◆参加費:2.500円 (画材費込み 道具はすべてこちらで用意)

◆参加方法:こちら専用HPの「お申込みフォーム」からエントリーをお願いします。


gaccohmap.jpg
posted by MASUI at 09:52| Comment(0) | GACCOHワークショップ

2016年06月22日

若冲の「龍」に挑戦しました


2016年若冲生誕300年企画、MASUI×GACCOH水墨画ワークショップ第3弾は「若冲の龍」でした。

お手本になった「雨龍」は、雨乞いのシンボルだそうですが、この日は梅雨のはざまの晴天となりました。
遠方よりお越しの皆様、いつもありがとうございます。大雨じゃなくて良かったです。

さて、今回のモチーフは「龍」ですが、メインテーマは「筋目画き」。
若冲の水墨画の技巧として常に紹介される技法です。
「筋目画き」とはどういうものなのか様々な媒体で解説されておりますが
実際にやってみれば、ものの3分で原理がわかります。
紙の選択と墨色&水分量がキーポイントとなります。
若冲は多くの作品でそれを自在に操り、独自の作風として確立しました。

ではまずは、筋目の実験や線の運筆の練習からスタート。

sujumesample.jpg


そして、下絵をもとに木炭で大まかなアタリを描き、最初に顔を完成させたら、残すはいよいよ筋目画き。
原理は3分で分かったものの、実際に描いてみると、当然ですが若冲の美しい筋目画きが一筋縄ではいかないこともよくわかりました。

work_ryuu4.jpg

work_ryu1.jpg

しかしながら皆様すざまじい集中力であっという間に描きあげられたので、余った後半の時間は「竹」の描き方をご紹介しました。なんと、この日は2つも画題をこなされるという、濃密な2時間となりました。皆さんさぞやお疲れになったことと思います。ありがとうございました。

work_ryu2.jpg

work_ryuu3.jpg


さて来月は7月16日土曜日、いよいよ「鶏」の登場です。
ぜひご参加ください。


posted by MASUI at 08:46| Comment(0) | GACCOHワークショップ

2016年05月29日

若冲の水墨画「筋目描き」

MASUI×GACCOH 水墨画ワークショップ 第二十一回「若冲の龍」

若冲ワークショップも三回目となりました。今回は若冲の水墨では十八番技法としてよく知られている「筋目描き」に挑戦してみたいと思います。
模写する画題は「雨龍図」。

まずは筋目の実験、「雨龍図」の中ではポイントとなる、龍のひげや髪の部分の筆使いの練習をし、お手本をもとに模写していきたいと思います。
初めての方にも安心して描いていただけるよう、下絵もご用意いたします。


jakucyu_uryuzu.jpg



◆日時:2016年6月18日(土 )14:00-16:00

◆場所:京都出町柳 GACCOH(京阪電車「出町柳駅」2番出口より徒歩5分)

◆参加費:2.500円 (画材費込み)

◆参加方法:こちら専用HPの「お申込みフォーム」からエントリーをお願いします。


gaccohmap.jpg


posted by MASUI at 10:39| Comment(0) | GACCOHワークショップ