2015年11月02日

琳派シリーズのフィナーレ

MASUI×GACCOH水墨画ワークショップでは、今年の1月から「琳派生誕400年祭」にちなんだ画題で開催してきましたが、11月1日はその琳派シリーズのフィナーレ「鶴図扇面」でした。

開催中の「琳派京を彩る」展を代表する作品である、本阿弥光悦と俵屋宗達のコラボによる「鶴図下絵和歌巻」。
まさに「琳派の顔」ともいうべき鶴を、鑑賞するだけでなく私たちなりに水墨画で描いて楽しみましょう、という企画でした。

tsuruWS5.jpg

この鶴はできるだけ少ない筆数で没骨法で描けるよう、私がアレンジしたものです。
まずは、鶴の首の太さの線を描く練習、線の途中から力を加えてお腹部分を太くする練習。
次に、いつものようにグラデーションの作り方を学んでいただいてから、一筆で翼を描く練習。
翼の先端をキレイな形にするのが1番のミソになります。
今回は、皆さんパーツごとの練習を念入りにされていたので、最後にはクリアできていました。
↓水墨画は全く初体験の方の作品です。

tsuruWS2.jpg

ドイツからのお客様は、ご夫妻でドイツ国内でsumi-eを学ばれており
「日本で水墨画を学べるなんて、またとないBIGチャンスだから」と
当日の夜のフライトで帰国するという、タイトスケジュールにもかかわらず参加してくださいました。

私が持参した扇面画の資料を熱心に撮影されている様子や、お二人の笑顔を拝見しまして、楽しんでいただけたようで安心しました。

tsuruWS1.jpg

そして、俵屋宗達の家業が扇子絵の制作もしていたことにちなんで、扇面にも挑戦していただきました。
お二人の扇面画。「余白はとても大切なんだ」と、さすがのコメントです。

tsuruWS3.jpg

例えば一羽だけ描くならば、一辺13センチのミニ色紙に描くのもいいと思います。
紙製の掛け軸風色紙飾りも安価で市販されているので、お正月に飾って楽しむこともできます。

tsuruWS4.jpg


今回も、奈良、大阪、東京、京都、そしてドイツ、と遠方からお越しいただきありがとうございました。
この直後、京博へ駆けつけるという方も。
参加者の皆様は、まだご覧になってない方ばかりでしたので、ぜひ観に行って、そしてまたご自宅でも描いて楽しんでいただけたら嬉しいです。

ところで、正徳6年(1716)は、尾形光琳が亡くなり伊藤若冲が誕生した年です。
したがって来年2016年は若冲生誕300年記念の年になります。
次回新春1月からは、年間を通じて若冲作品の模写や、若冲にちなんだ画題のワークショップを企画しております。



posted by MASUI at 10:49| Comment(0) | GACCOHワークショップ

2015年10月14日

琳派の鶴


MASUI×GACCOH 水墨画ワークショップ 第十七回「鶴図扇面」

琳派生誕400年祭もいよいよラストスパート。
京都国立博物館でも10月10日から「琳派京を彩る」展が始まりました。

MASUI×GACCOH 水墨画ワークショップでは、今年の1月から度々琳派をテーマにしてきましたが、次回も「琳派京を彩る」とも足並みを揃えて、琳派らしい画題を学びたいと思います。

3月の「鶴」と同様に、本阿弥光悦がプロデュース、俵屋宗達の下絵に光悦自ら書を添えた高名な 「鶴図下絵和歌巻」が再登場しますが、今回は俵屋宗達の家業が「絵屋」であり、扇面画も制作していたことに因み「扇面」を取り上げてみました。

そして「鶴図下絵和歌巻」の鶴は、金・銀泥で描かれていますが、これを水墨画で表現してみようというもの。
胴体を蔵鋒で一筆、両翼を露鋒で一筆ずつ、そして嘴と足を細線で、と非常にシンプルな描き方で基本の運筆の練習になるので、蔵鋒・露鋒の晴竹の応用編としても適したモチーフです。

まずは、四角い紙に練習をしていただき、最後は扇面にも挑戦していただきたいと思います。

京扇子やさんでは、絵付け体験ができ扇子に仕立ててくれる工房もあるので、オリジナルの扇子を作られる時の参考にしていただくのもいいと思います。


tsuruzusenmen.jpg


◆日時:2015年11月1日(日 )14:00-16:00

◆場所:京都出町柳 GACCOH(京阪電車「出町柳駅」2番出口より徒歩5分)

◆参加費:2,000円 (画材費込み)

◆参加方法:こちら専用HPの「お申込みフォーム」からエントリーをお願いします。

gaccohmap.jpg





posted by MASUI at 11:27| Comment(0) | GACCOHワークショップ

2015年09月21日

円相と円窓

9月20日のMASUI×GACCOH水墨画ワークショップは『円相』でした。

前日からシルバーウィークが始まったこともあり、遠方から足を運んでくださった方が多く、神奈川、京都、兵庫から大学生さん3人の参加もあり、水墨画愛好家の年代の幅広さを実感させていただきました。

今回はすごくシンプルに円がテーマでしたが、
やはりシンプルなものほど難しかったりするもので
まずは、基本の蔵鋒・露鋒の練習とグラデーションの作り方、
そして晴竹で直線の練習をして、筆や墨の扱いに慣れていただき
リラックスした状態で一番最後に「円相」を描いていただきました。

何かを描く時に、筆を立てて描く(蔵鋒)のか、それとも倒して(露鋒)描くのか
この2大筆法を最初にキチンと把握していただくことは大切だと感じます。

筆を立てるか倒すか、というのは、そんなにややこしい筆法ではないのですが
初めての方は、いざ描き始めると意識が飛んでしまって
思っていたのとは違った結果になりがちなのです。

enmado_gaccoh.jpg


「円窓」とは禅寺にある、円くくりぬかれた窓のこと。
これに見立てた、円い枠の中に絵を描きます。
四角い紙に描くのとは構図の取り方が違ってきますが
円窓の色紙に描いてみると、シンプルなモチーフでもよく映えます。


enso_gaccoh.jpg


円相は、描き始めは墨も水分もたっぷりあり力強く(生命感があり)、
書き終わりになるにつれ、徐々に墨がなくなりカスレて(枯れて)くるので
人の一生を表すそうです。

20代から60代まで、大胆な線や濃い線や優しい線など、ひとそれぞれ様々な円相に。
せっかくなので、傍らに禅の言葉や座右の銘も書き添えていただきました。
今回も大いに楽しんでいただけたようです。


さて、次回は11月1日(日曜日)です。

この時期は京都国立博物館で「琳派京を彩る」展の真っ最中なので
MASUI×GACCOH水墨画ワークショップも琳派モチーフを企画しています。
ぜひとも午前中は京博→午後から出町柳でワークショップ
のコースをお楽しみください。
posted by MASUI at 08:38| Comment(0) | GACCOHワークショップ

2015年08月26日

シルバーウィークのご予定に

MASUI×GACCOH水墨画ワークショップvoj.16『円相』

9月のシルバーウィークは、今年は五連休だそうで、
たぶん幾分涼しくなっている京都には、多くの方が観光にいらっしゃると思いますが
銀閣寺、相国寺、京都御苑、下鴨神社など、メジャーな観光スポットのすぐ近くにありながら、少しゆったりとした雰囲気のある「出町柳」で、水墨画を体験してみてはいかがでしょう?

今回で16回目になるMASUI×GACCOH水墨画ワークショップは「円相」です。

ensoh_web.jpg

円相(えんそう)は、禅における書画のひとつで、図形の丸を一筆で描いたもので
悟りや真理、仏性、宇宙全体などを円形で象徴的に表現したものとされています。
禅寺に行くと、よく飾られていますね。

「悟り」とか言われると、気負ってしまうかもしれませんが、

『その解釈は見る人に任される』 そうです。

要は、自分の思うがままに描き、皆で楽しめば良い、、、ということです。
ちょっと解釈が飛躍しすぎたでしょうか(笑)

この円相は、ひと筆で描くのが基本なので、運筆の練習にもなります。
筆の角度で違う表情の線を描く練習をします。

他には、円い枠の中、円窓(えんそう)に竹を描いていただこうと思います。

ensoh_bamboo.jpg

竹も、竿、小枝、葉、と全て直線なので、それぞれ違ったタイプの線の練習です。

今回は、大変ベーシックな運筆の練習なので、初めての方には特にお薦めの画題です。

ぜひシルバーウィークの予定に組み込んでください。


◆日時:2015年9月20日(日 )15:00-17:00

◆場所:京都出町柳 GACCOH(京阪電車「出町柳駅」2番出口より徒歩5分)

◆参加費:2,000円 (画材費込み)

◆参加方法:こちら専用HPの「お申込みフォーム」からエントリーをお願いします。

gaccohmap.jpg


GACCOHからは徒歩圏内にある、京都五山第二位臨済宗相国寺の承天閣美術館で開催中の「若冲と琳派の世界」展もお薦めです。



タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 18:03| Comment(0) | GACCOHワークショップ

2015年08月13日

四君子集中講座を終えて

8月9日から12日まで、4日間に渡る夏期集中講座『四君子』が終了しました。

今回初めて夏休み期間を利用しての連続講座だったのですが、参加者はスペイン、オランダ、ロシア、日本の方という国際的な顔ぶれになりました。

allstudent.jpg


スペインの方は書道を短期で学ばれたことがあるらしいのですが水墨画は初体験、オランダの方は「王蟲」の回にたまたま日本に遊びにこられてて参加してくださり、今回もたまたま日本に来られてて二度目の参加です。

malta_lopez.jpg


ロシアの方は、日本の大学に通う学生さんで、かなり日本美術にお詳しい方だったようです。

「Ohkyo Maruyamaを知ってますか?」と聞くと

「Shijoh-ha」と応えがかえってきました。

maria.jpg

初日は、基本の「晴竹」からスタートし、竿の三墨法や枝の細い線の描き方を練習を、続いて刷毛の竿、蔵鋒の竿を描いていただきました。

maria_bamboo.jpg
<ロシア出身の方の竹。横長の構図で半切1/2に>

どの竹も葉に苦戦されてたので、2日目の「蘭」の前に葉の運筆とレイアウトのコツを復習し、その後で蘭の葉の練習に入りました。
笹の葉とは、力の入れ加減が違うのと、「より優雅に」線を描く事の難しさがあります。
しかし蘭の葉も蔵鋒なので、この一連の流れは良かったのではないかと思います。
芥子園画伝にある古典的なスタイルを学んでいただきました。

ran1.jpg


3日目の「菊」は、皆さん徐々に筆の扱いや調墨にも慣れて来て、作品に成果が見えました。

kiku_all.jpg

丸で表現する葉の説明の流れで、即興で葡萄のデモンストレーションをお見せしたら、葡萄はスペインの方にはなじみがあったようで、とても良い反応がありました。
そして、ここぞとばかりに伊藤若冲の筋目画きの紹介へ。

オランダの方は「王蟲」の回で筋目画きを体験済みだったので、大きくうなずいてらっしゃいました。

そして、最終日は「梅」。

蘭は難しかったけど、菊がそこそこ描けたので「いける」と思ったけど
また梅で凹んだ、、、という感想を頂戴しましたが、それはもう何年も水墨画を描いている私とて同じです。

しかし、なんのなんの。こんな短時間で、ミニ色紙にはちゃんとアドバイス通りの梅を描いてくださいました。

mini_shikishi.jpg


今回、集中講座は初めての企画でしたが、スペインの方の情熱と、日本語が堪能で日本美術にも詳しいオランダ、ロシアのお二人のサポート、そして場をいい雰囲気にしてくれた日本のお二人の参加のおかげで、無事に終える事が出来ました。

私自身も、参加者の皆様に多くの課題をいただく事が出来ました。
心より感謝申し上げます。



posted by MASUI at 10:23| Comment(0) | GACCOHワークショップ

2015年08月03日

水墨画ワークショップ「鵺」報告

8月2日のMASUI×GACCOH水墨画ワークショップは、「妖怪『鵺』」でした。
今回は夏の特別企画ということで、講師も妖怪に造詣の深い国際墨画会の柳葉保子先生に東京からお越しいただきました。

yanagi1.jpg

まずは描く前に「妖怪とは何か?」そんなお話からスタートし、
京都に縁のある「鵺」について更に詳しく、
鵺が題材になっている能の演目の話や、江戸時代に妖怪が主題のメディアが刊行され普及した話や、専門書のご紹介、
そして現在高台寺で公開中の「百鬼夜行絵巻」について、、など情報満載のレクチャー。

yanagi3.jpg

続いて、鵺を描く際に使う技法、鉤勒法(線画き)、渇筆(割筆)、三墨法、筋目画きの練習。
みなさんすぐコツをつかまれて三墨法や筋目画きも自在に操られてました。


yanagi4.jpg

yanagi2.jpg

今回ご参加くださったのは、妖怪界つながりの方、最近妖怪にハマりだしたという方、水墨画愛好家の方、水墨画初体験の方、ご家族が水墨画を描かれていたという、ご自身もすでに表現力をお持ちの方、ワークショップの常連の方、、、と、お客様の顔ぶれもバラエティ豊かでした。

出来上がった作品も、みなさまの妖怪への思い入れを反映してか、どれも素晴らしい出来映えでした。
(作品の集合写真を撮り忘れました。ごめんなさい!)

しかし、この日は気温が40℃近くまで上昇するという、今季最高の灼熱京都。
そして、8月2日は妖怪達の百鬼夜行があったとされている日だったという巡り合わせが、、、。
これはもしかしたら、、、妖怪のしわざだったのかもしれません。(笑)

兎にも角にも、この猛暑の中、遠方からもお越しいただき有り難うございました。
柳先生にも、開催にあたり膨大な労力と時間を拝借してしまいました。有り難うございました。


京都には、鵺だけではなく、たくさんの妖怪の伝説があるそうです。
柳先生手作りの「妖怪マップ」を片手に、紅葉の季節に史跡を巡るのも後日の楽しみです。

yokaimap.gif



さて、次回のワークショップは9月20日(日曜日)。
画題は「円」です。詳細はまた後ほどお知らせいたします!


posted by MASUI at 09:33| Comment(0) | GACCOHワークショップ

2015年07月14日

Sumi-e Summer School

MASUI×GACCOH水墨画ワークショップ 夏期集中コース『四君子』

8月は、2日の妖怪『鵺』に加え、夏休み期間中に合わせて4日間夏期集中コースを企画しています。

短時間で集中して水墨画を学びたいというリクエストがあり、それならば水墨画の基礎課題である「四君子」を、ということになりました。

四君子は4つの画題で基礎的な運筆の練習ができる、水墨画の入門編として普遍的な画題です。
この講座では、わかりやすい解説を書いたプリントを配布し、全く初めての方にも安心して参加出来るようにしたいと思っています。
通常のワークショップより時間もたっぷり(3時間)あります。

普段は忙しくて毎月お教室に通えない方や、夏休み中で時間がたっぷりある学生諸君も大歓迎です。
是非この機会にご参加ください。

shikunshi_web.jpg


◆日時:2015年8月9日(日 )・10日(月 )・11日(火 )・12日(水 )13:30-16:30

◆場所:京都出町柳 GACCOH(京阪電車「出町柳駅」2番出口より徒歩5分)

◆参加費:4日間 12,000円 / 学生 10,000円(画材費込み)

◆参加方法:こちら専用HPの「お申込みフォーム」からエントリーをお願いします。


gaccohmap.jpg



posted by MASUI at 22:32| Comment(0) | GACCOHワークショップ

2015年07月13日

夏だ妖怪!特別企画「鵺(ぬえ)」

「ヌエの鳴く夜は恐ろしい。。。」

ある一定の年齢以上のかたは、このフレーズにピンと来るかと思いますが。。。

8月2日のMASUI×GACCOH 水墨画ワークショップは「鵺」を描きます。
京都に出没していたという有名な妖怪です。

鵺は顔が猿、胴体が狸、手足が虎、しっぽがヘビ、という奇々怪々な姿をしており
この姿を借りて、鉤勒法・渇筆(割筆法)・三墨法・筋目画きを学びます。

今回は東京より妖怪博士として名高い柳葉保子先生を特別講師に迎え
京都にまつわる妖怪のお話などもお聞かせいただきます。

さらに、百鬼夜行から抜粋した妖怪の、自宅練習用お手本も用意してくださっているという、、大変充実した内容になると思いますので、是非この機会にご参加ください。

nuei_web.jpg

◆日時:2015年8月2日(日 )15:00-17:00

◆場所:京都出町柳 GACCOH(京阪電車「出町柳駅」2番出口より徒歩5分)

◆参加費:2,000円(画材費込み)

◆参加方法:こちら専用HPの「お申込みフォーム」からエントリーをお願いします。


gaccohmap.jpg


posted by MASUI at 10:53| Comment(0) | GACCOHワークショップ

2015年07月06日

水墨画ワークショップ「滝」報告


7月5日のMASUI×GACCOH水墨画ワークショップは「滝」でした。

前日まで雨の予報だったお天気も、午後から回復して久しぶりに晴れ間もあり
出町柳の鴨川では、鴨の親子が気持良さそうに泳ぐ姿も見れました。

demachi_kamo.jpg


今回のメインテーマは『岩石』の練習です。
流れ落ちる滝の両端の岩石を描くことで、余白部分の水流を表現します。
岩のゴツゴツ、ザラザラ、尖った感じをだすために「渇筆」の練習をしていただきました。

GACCOH_taki2.jpg

カスレ(渇筆)や筆の動かし方に慣れて来た所で、思い切り抽象化した滝を短冊に。
こっち側とあっち側をそれぞれひと筆で描きます。

「唯一の親孝行なのよ」と、お母様にいつも絵はがきを贈られているという女性の方、
素敵です!是非、短冊や色紙にも描いてお贈りして欲しいと思います。

GACCOH_taki.jpg


この日は終了後も参加者の皆様で、水墨画との関わりや思いを意見交換され
大変熱いワークショップでした。

さて次回は8月2日(日)、京の夏の風物詩ということで『妖怪』です。
妖怪の姿を借りて、鉤勒法、渇筆(割筆)、三墨法、筋目画きなど、たくさんの技法を学びます。
大変充実した内容になると思いますので、是非ご参加ください。




posted by MASUI at 15:07| Comment(0) | GACCOHワークショップ

2015年06月21日

ひんやりスポット

第14回MASUI×GACCOH水墨画ワークショップ(sumi-e workshop)は『滝』

現在は梅雨の真っただ中。
お天気がくずれると「梅雨寒」で肌寒い日があったりして
なのに、場所によってはガンガンに冷房がかかっていて
お天気のみならず体調もくずれがちです。

京都伝統の「蒸し蒸しの夏」はもうほんの少し先で
まだ貴船や鞍馬、渓谷などの避暑地に出かけられる方は少ないかもしれませんが
7月5日(日)のMASUI×GACCOH水墨画ワークショップは
夏のひんやりスポット代表の『滝』を描きます。

写真をそのまま写すようなリアルさを求めるのではなく
カスレや滲みを利用した「筆さばき」で描く技法をご紹介します。
抽象的だけど実存する対象物の特徴を表現するという、水墨画らしい画題です。


waterfall.jpg


◆日時:2015/7/5(日)15:00-17:00

◆場所:京都出町柳 GACCOH(京阪電車「出町柳駅」2番出口より徒歩5分)

◆参加費:2,000円(画材費込み)

◆参加方法:こちらの「お申込みフォーム」からエントリーをお願いします。

gaccohmap.jpg






posted by MASUI at 09:20| Comment(0) | GACCOHワークショップ