2019年03月15日

抽象的な表現の紫陽花


3月22日の烏丸夜間教室は、紫陽花の後半で、
花弁をまる・さんかく・しかくで描く抽象的な表現をご紹介します。

ぎっしり詰まった紫陽花の花弁の一枚一枚のアウトラインを抽出し、その集合体と想像してみると、たしかに四角や三角で表現できそうな気がします。

子供の頃のお絵描きで、蝶々の翅を「さんかく」に変換して描いた感覚に似てるかもしれません。
楽しめると思います。

ところで、「まる・さんかく・しかく」といえば、禅寺で見かける図形の画(画と言えばいいの?それとも書?)があります。
これは禅の教えを表しているのだそうです。


sengai.jpg




タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 17:42| Comment(0) | 京都烏丸夜間教室

2019年02月23日

2月夜間教室より紫陽花


2月22日の夜間教室は「紫陽花」の前半でした。
没骨法での練習と幾筆かで葉を描く練習です。

ajisai1.jpg

花弁は、水分量や筆の角度によって角ばったり丸くなったりします。
なんどもトライして加減を習得してください。

また植物には昆虫が相性がいいですね。
カタツムリを描いてくださった方もいました。


ajisai4.jpg


ajisai3.jpg


ajisai2.jpg


紫陽花のシーズンはまだ先ですが、葉の付き方や大きさなどを確認するため、今年は是非紫陽花の名所を訪れてください。


来月も通常通り3月22日(第4金曜日)です。
紫陽花の後半で、抽象的な表現を練習します。




posted by MASUI at 12:47| Comment(0) | 京都烏丸夜間教室

2019年02月14日

紫陽花を描く


烏丸夜間教室2月22日(第4金曜日)は、「いろいろな花を描く」のカリキュラムより、三つ目の画題「紫陽花」です。

テキストでは、ポピュラーな花が取り上げられているのはもちろんですが、それぞれに「葉」の描き方にも着目し、お手本以外の様々な花を描くときに、応用ができるような題材が紹介されています。

今月は、紫陽花のような大きめの葉っぱを描くときに使えるテクニックを学びます。

花の授業では、顔彩を使うと雰囲気が良くなりますので
お持ちの方は持参してください。


ajisai.jpg



タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 10:18| Comment(0) | 京都烏丸夜間教室

2019年01月26日

1月夜間教室より「白椿」

1月25日の烏丸夜間教室は鉤勒法で描く白椿の練習でした。

tsubaki8.jpg

水墨画では、白い花を描く際には、線描きで形をとり白抜きにすることが多いです。
京ツバキを代表する白椿に「‘加茂本阿弥’(かもほんなみ)」という品種があるそうです。
プリントで紹介した、尾形光琳筆「雪中柳椿図」(ミホミュージアム)の白椿は、ひょっとしたら‘加茂本阿弥’かもしれません。(私の想像です)

一重咲きの椿のほか、アレンジとして絞り模様の入った八重咲きの椿を書いてくださった方もいました。
素敵ですね。

tsubaki9.jpg


tsubaki10.jpg

先月からしっかり練習していただいている二筆で描く葉は、皆さんだいぶ会得されたようです。
この先の朝顔や薔薇のカリキュラムでもこの描法を駆使しますので、引き続き練習をお願いします。


まだこれからも椿のシーズンは続きますので、街で椿に出会ったら、立ち止まって観察してみてくださいね。


さて、来月は季節がグンと進み「紫陽花」を描きます。
顔彩がある方はお持ちください。

来月再来月通常通りのスケジュールです。

2月22日(第4金曜日)
3月22日(第4金曜日)


それではみなさまインフルエンザにご注意を!



タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 13:36| Comment(0) | 京都烏丸夜間教室

2019年01月18日

カメリア


1月25日(第4金曜日)の烏丸夜間教室は「椿」の後半で
先月の復習と鉤勒法で花を描く練習をします。


stubakiphoto.jpg


椿の学名はCamelliaカメリア。

「カメリア」と聞けば、女性ならファッションブランドの「シャネル」を思い浮かべる方もいるかもしれません。
誰もが知っている、あのCCマークとともに、ココ・シャネルが一番愛した花だったというカメリアは、不朽のアイコンとして知られています。


シャネルのカメリアは、五弁の椿ではなく八重咲きの椿です。
wikipediaによると、西洋へは19世紀に日本や中国の椿が渡り、その後品種改良がなされ、花弁がたくさんある豪華なイメージのものが多くなったそうです。
やはり東洋との美意識の違いでしょうか。
日本では侘助のような小型で控えめな花姿のものが好まれますね。


今月の教室では五弁の椿を線描きで描きます。
一つの画面に多数の花を構成する場合には、様々な角度からのものが必要になってきます。
撮影したりスケッチする時は、正面から、横から、裏側から、、、などバリエーションを揃えましょう。
写真やスケッチがある方はご持参ください。



さて、第19回の展覧会の締め切りまであと2ヶ月となりました。
出品の相談がある方は、今月の機会を逃さないようにお願いします。






タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 10:31| Comment(0) | 京都烏丸夜間教室

2018年12月21日

12月夜間教室より「紅椿」

12月20日の夜間教室は、年末の調整で第3木曜日に講義がありました。
今月と来月の画題は椿ですが、今月は没骨法での描き方を学びました。

tsubaki0.jpg

二筆で描く葉は、様々な画題で活用できるので、ぜひ習得してください。
花は、真ん中の花芯を白く残すように運筆します。

花と葉の練習をしっかりやっていただいたので、構図を取るところまでできなかった方も多かったみたいです。
来月は、引き続き没骨法の紅椿を。それと、線描きで描く白椿の練習をします。


tsubaki1.jpg


tsubaki2.jpg


tsubaki3.jpg


来年の展覧会に出品希望の方

締め切りは3月25日(国際墨画会本部必着)で、3月の夜間教室は22日(第4金曜日)
この日に最終確認ができれば、ギリギリ締め切りに間に合いますので
あと約3ヶ月時間があります。
チャレンジしてみたい方は、冬季休暇中にラフを仕上げて来月1月25日(第4金曜日)にお持ちください。
3月までにはお名前を彫った落款の準備も必要です。






タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 13:25| Comment(0) | 京都烏丸夜間教室

2018年12月12日

冬の花「椿」

今週に入り場所によっては降雪のニュースを聞くようになりました。
やっと、というかとうとう冬らしくなってきましたね。
街を歩いていると椿の花も開花しています。

tsubaki0.jpg


ちょうど夜間教室と阿南教室は「椿」のカリキュラムが巡ってきました。
綺麗だな、と思う椿に出くわしたら、観察したり撮影したり、さらに写真をもとにスケッチに描き起こしたりしてみてください。
よく知る花でも意外と葉は見落としがちです。
葉の付き方をあらかじめ知っておくだけでも違います。


さて、2018年も気が付けばあと20日ほど。
今月は今年最後の授業です。
烏丸夜間教室は、年末の調整により第3木曜日の12月20日に変更になっています。

2ヶ月続けて、白椿・紅椿の練習をしますが、比較的難しい没骨法で描く紅椿から始めたいと思います。
教科書「いろいろな花を描く」には顔彩で彩色されたお手本が掲載されています。
花は色彩で描くと華やかになるので、顔彩を使って描いてみたい方は常に持参されると良いでしょう。


急に冷え込んできたので、みなさん体調を崩さないように気をつけてくださいね。




posted by MASUI at 10:29| Comment(0) | 京都烏丸夜間教室

2018年11月22日

11月夜間教室より


11月22日の烏丸夜間教室は、線で描く花菖蒲の練習でした。

線での描法は「鈎勒法」と言い、線で描いたのち彩色をする描法は「鈎勒着色法」と言います。

irisline1.jpg

線は平坦にならないよう強弱をつけ、滑らかに描けるようにしましょう。
まずは花の構造がどのようになっているかを把握することです。
花菖蒲が咲くのはまだまだ先なので、ネットや図鑑などで実物を見て観察してください。

irisline2.jpg


irisline3.jpg


irislin4.jpg



来月も日程が変更になっているのでご注意ください。
12月20日(木)「椿」の描き方を学びます。






タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 23:51| Comment(0) | 京都烏丸夜間教室

2018年11月16日

11月は線描きで描く花菖蒲


最近はこの時期らしい寒さになってきました。
風邪などひかないように気をつけてくださいね。


今月の烏丸夜間教室は、お伝えしている通り11月23日が祭日で夜間の使用ができないため、11月22日(木)に変更になっています。

お間違えのないようにお願いします。


授業は先月に引き続き没骨法の練習および、新たに鉤勒法の練習をします。


ご自分で撮影された花菖蒲の写真から描き起こすのも練習になるので、写真やスケッチがある方はご用意ください。


oukyoiris.jpg

<円山応挙写生帖(の複製本)より>



タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 10:17| Comment(0) | 京都烏丸夜間教室

2018年10月27日

10月夜間教室より「花菖蒲」


10月26日の烏丸夜間教室は、今月からテキスト「いろいろな花を描く」に入り、没骨法で花菖蒲を描く練習をしました。

花菖蒲の仲間は、カキツバタやアヤメなど、すぐには見分けがつきにくい種類の花があります。
あいにく現在は花菖蒲の季節ではありませんが、それぞれに特徴があるので写真などでよく観察してみましょう。

iris3.jpg

花弁は2通りの描き方を学びましたが、短い時間では練習が足りなかったと思いますので、来月は引き続き今月の復習と、加えて鈎勒法の練習をします。

iris2.jpg

iris5.jpg

iris6.jpg


来月は再三お伝えしてる通り、日程が変更になります。

★11月22日(第4木曜日)・・・・変更
(23日は祭日のためウィングス京都は夜間の使用ができません)

よろしくお願いいたします。









タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 09:46| Comment(0) | 京都烏丸夜間教室