2017年09月24日

夜間教室から「野菜1その2」

9月22日の夜間教室は野菜1の後半で、蓮根、椎茸、唐辛子でした。

vegitable1.jpg

蓮根では三墨法を使って、蓮根の両側を濃くし立体感を出す、
椎茸・唐辛子ではそれぞれ、直筆・側筆での練習をしました。

椎茸の側筆では、筆をフルに倒して描き、唐辛子では約45°に倒します。

色彩を用いない水墨画の場合、椎茸は茶色なので色を濃く、蓮根はベージュなのでそれよりも薄く、など、実際の色味に合わせた墨色できちんと描くと、よりそれらしく感じられます。

みなさん、基本の運筆や三墨法にもかなり慣れたように思います。

renkon3.jpg


renkon2.jpg


renkon1.jpg


来月は、10月27日(第4金曜日)大根・蕪・麦です。


<追記>

今月の教室で、「次のカリキュラム四君子の授業で刷毛を使うのでご準備ください」と
教室から一番近い「書遊」さんという書画用品屋さんを紹介しましたが
書遊さんでは刷毛の取り扱いがないそうです。
画箋堂さんには確実に置いてありますが、他のお店に行かれる場合は確認してから行かれた方がいいかもしれません。
約6センチくらいで、ステッチのあるものの方がいいと思います。

hake3.jpg


タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 23:49| Comment(0) | 京都烏丸夜間教室

2017年09月14日

水墨画と野菜


今月の夜間教室は通常通り第4金曜日の9月22日、「野菜1」の後半です。

カリキュラム表ではトウモロコシになってますが、「椎茸、蓮根、唐辛子」を先に練習します。
先月に引き続き、基礎で学んだ直筆・側筆・三墨法の応用です。


ところで、水墨画では、しばしば野菜がテーマになります。
鎌倉時代、水墨画は仏教と共に中国から伝わりました。
仏教の殺生を避ける、食肉を避ける、という戒律から、伝統行事などにも野菜が使われてきました。

また、古来菜食中心だった一般市民にとっては命の糧でしたから、大地のエネルギーをいただくという事の他に、食すことで願をかけるという意味合いもあったのだと思います。
現代でも、おせち料理とかはそうですね。

ちなみに、今月の画題「蓮根」は、穴が空いていることから「見通しが明るい」とか、実が二連、三連、と連なっているので「子孫繁栄」とか、そういう縁起があるそうです。


lotus_shokokuji.jpg


お仕事帰りに夜間教室に来られる方は、突然に残業になったりすることもあるかと思うので、欠席せざるを得ない場合の連絡は、お仕事が終わってからでもかまいません。
また、18時30分ピッタリに来るのは難しいこともあるでしょうから、19時頃までに来られそうな場合は、遅刻になっても遠慮なくお越しください。画題の説明などは個別にフォローいたします。






タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 09:35| Comment(0) | 京都烏丸夜間教室

2017年08月26日

夜間教室から「野菜」1


今週の京都は、気温が36℃、37℃、、、。
まだまだ火照った身体に夏野菜がおいしく感じられる暑さが続いております。

8月25日の烏丸夜間教室は「野菜1」から、胡瓜・茄子・南瓜の練習をしました。

基礎知識で、筆を立てて描く・寝かせて描く、の運筆、そして調墨では三墨法を学びましたが、今月はその応用になります。

胡瓜は筆を立てて、茄子は筆を寝かせながらの曲線、
南瓜は三墨法の長方形を組み合わせて描いていきます。


胡瓜、茄子、、、F5サイズの紙にびっしり練習されてましたね。

時間内に小作品を仕上げてくださった方もいました。


vegetable1.jpg

vegetable2.jpg


ところで、教室の「ウィングス京都」は錦市場から目と鼻の先ですが、
錦市場といえば若冲。青物問屋の長男だった若冲の生家跡モニュメントが高倉通の入り口にあります。

若冲先生の南瓜は味のある線だけで描かれていますが、南瓜は存在感のある野菜なので、縦長の紙でも構図の工夫で素敵な作品になりますね。


jakucyupunmkin.jpg


来月は9月22日第4金曜日、野菜1の後編です。



タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 14:56| Comment(0) | 京都烏丸夜間教室

2017年08月17日

8月の夜間教室

今年は昨年のような大雨にもならず、五山送り火が無事に終わりました。

お盆のお休み中は、ご家族で過ごされた方も多いと思います。
ご先祖様の御霊のために精霊馬を作られた方もいらっしゃるでしょうか?

8月25日(第4金曜日)の夜間教室はカリキュラム『野菜1』より
「きゅうり・ナス・かぼちゃ」の描き方を学びます。

野菜はシンプルな画題ですが、伊藤若冲は野菜を主役にした作品を描いています。
京都ならでは、の画題とも言えるかもしれません。

jakucyuyasai.jpg


通常通り18時30分から会議室11です。
残業などで欠席される方は、仕事中では欠席の連絡をしづらいと思うので
お仕事が終わってからの連絡でも問題ありません。



posted by MASUI at 10:36| Comment(0) | 京都烏丸夜間教室

2017年07月29日

漫画の原点

7月28日の夜間教室は「鳥獣戯画」の模写でした。

模写したのは、有名な甲巻のウサギやカエルが擬人化されて描かれているパートです。

giga4.jpg

wikipediaによると戯画とは、おかしみのある絵、または戯れに書かれた絵のことで
鳥獣戯画は「漫画の原点」とも言われています。

漫画やアニメは、今や日本を代弁する文化の一つになっていますが、古い古い歴史があったのですね。
サブカルチャーではなく、由緒正しき伝統ですね。

教室でも、皆さん楽しんで描いてくださいました。

giga3.jpg


giga2.jpg


日本人なら子供から大人まで多くの人が知っていて、そして描いても楽しい。
これほど親しまれている国宝は、他にないかもしれません。

さて来月は8月25日(第4金曜日)「野菜」です。
シンプルなモチーフで没骨法の運筆の練習をします。



タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 16:17| Comment(0) | 京都烏丸夜間教室

2017年07月18日

基礎-線描きの練習-


最近は夕方頃から毎日のようにゲリラ雷雨に見舞われておりますが。。。
ちょうど夜間教室の時間に、豪雨にならないことを祈るばかりです。

今月の夜間教室は7月28日(第4金曜日)18時30分から
カリキュラム1基礎のパート2で、線描きの練習として「鳥獣戯画」の模写をします。


flyer.jpg

京都では2014年の秋に、京都国立博物館で開催された展覧会をご覧になった方もいるでしょう。
超有名な国宝で、4年がかりの修復を終えての登場ということもあり、大変な行列だったのは記憶に新しいですね。

お稽古では、面相筆もしくは削用筆を使います。
硯と墨をお持ちの方は持参してください。

それでは梅雨明け間近だと思いますが、熱中症・夏バテにはご注意ください。




タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 17:36| Comment(0) | 京都烏丸夜間教室

2017年06月24日

夜間教室第1回目

6月23日(金)は夜間教室の第1回目の授業でした。
お仕事が終わってからお疲れのところを、水墨画を学ぶために時間を作ろうとされるのですから、みなさん大変意欲のある方に違いありません。
お仕事との両立は大変だと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、初回の内容は「水墨画の基礎」から。
水墨画で使う用具や紙の種類と特徴などのお話のあと
基本の直筆・側筆の練習として、唐辛子と鮎を描いていただきました。

ayu.jpg

来月は7月28日(金)です。
墨を磨るところから始めたいと思いますので、硯をご準備ください。
墨は、ご自宅にあるもので構いません。
先日お見せした唐墨をご所望の方は教室でお声掛けください。


sumietool.jpg



タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 23:55| Comment(0) | 京都烏丸夜間教室

2017年05月27日

夜間教室がスタート


京都烏丸教室の夜間教室が6月23日(金)からスタートします。

第1回目なので、「水墨画の基礎知識」から。

水墨画の墨・紙・筆など用具のこと
基本的な運筆のこと、代表的な技法のこと
をお話致します。

筆、墨など、どれを選べばいいかわからない、という方、
来月の授業を聞いてからでも大丈夫です。
ただし、以下のものはご準備ください。

tool.jpg

・白いお皿 2〜4枚・・・小と大があるといいです。一枚150円くらいで買えます。
・筆洗・・・組み立て式のプラスチック製のものでいいです。
・文鎮・・・学童用のものは安価で売っています。
・雑巾
・下敷き・・・白いもので、教室で使うには40×60pくらいの大きさがあれば大丈夫です。来月までに準備できない場合はお貸しします。

ウィングス京都から一番近い書画用品専門店なら、高倉通り三条下がる「書遊」さん。
筆洗や文鎮なら、街の文房具店や画材店でも売ってると思います。

紙は「画仙紙」を使います。
ワークショップで使った紙は、教室でも購入することができます。
(50枚 1080円)


お部屋は同じく会議室11 18時30分からです。


よろしくお願い致します。

<追記>

国際墨画会のホームページが更に新しくなりました。
水墨画用具はサイトからも注文することができます。参考にしてください。

http://sumi-e.or.jp/infomation/goods/




タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 11:35| Comment(0) | 京都烏丸夜間教室