2017年12月04日

カリキュラム「野菜」が終了

12月3日の徳島阿南教室は、「トウモロコシ」でした。
烏丸夜間教室と同じく、今月で野菜のカリキュラムが全て終了したので
これまで学んだ様々な野菜を使って、小作品を描いていただきました。

vegetable5.jpg

皆さんの練習の様子を拝見していると、初めの頃よりもずいぶん筆や墨の使い方に慣れて来られたたように感じます。
時間内にF6のサイズに仕上げてくださった方もいらっしゃいました。

vegetable4.jpg

vegetable6.jpg

夜間教室と阿南教室での2時間はあっという間に時間が過ぎてしまいますので
ぜひご自宅でも練習してみてください。

来月、新春1月7日からはいよいよ「四君子」に入ります。
4回に分けて、竹の様々な表現方法を学びます。


タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 22:57| Comment(0) | 徳島阿南教室

2017年11月14日

阿南教室は「野菜2」

阿南教室も11月12日で3回目の野菜の授業を終えました。

daikon1.jpg

これまでいろいろな野菜を描いてきて、レパートリーも増えましたね。

今回は、カリキュラムの大根・蕪・ラディッシュを練習し、それぞれをレイアウトして小作品としてまとめる練習もしていただきました。

画面にたくさんのモチーフを並べる場合は、どれから、どのくらいの墨色で配置するかなど、あらかじめ考えてから描き始めましょう。

daikon2.jpg

daikon3.jpg

お稽古サイズのF5だと小さくて描きづらかったかもしれませんが
F6だと、もっと伸び伸びと描けると思うので試してみてください。

麦のように同じモチーフをたくさん描く場合は、濃淡の差をつけて遠近感が出るようにすると、画面がうるさくなりません。
横長の紙に麦をたくさん描いて、麦畑のように仕上げてもいいと思います。

mugi1.jpg


来月12月3日(第1日曜日)は、野菜2の後半で「とうもろこし」の練習をします。
来月で野菜のカリキュラムが終了し、新年から「四君子」に入ります。



posted by MASUI at 22:15| Comment(0) | 徳島阿南教室

2017年10月03日

徳島の蓮根と椎茸

10月1日の徳島阿南教室は「野菜1」の後半で、蓮根・椎茸・唐辛子でした。

蓮根といえば関東地方では茨城県産のものがスーパーに並んでいますが、関西では徳島県産がメジャーで、生産量は茨城に続き全国第2位となっています。
ご存知のように蓮根は「蓮」の「根」ですが、産地の鳴門では季節になると蓮根畑の蓮の花が壮観なのだそうです。

renkonanan3.jpg


蓮根の描き方は、三墨法を使い立体感を出します。
切り口の部分を丸くするための運筆は、今までにない運筆だったので最初は苦戦されてましたが、最後にはコツをつかんでくださったようです。
椎茸は側筆と直筆の使い分けで、表側と裏側を描きました。

renkonanan1.jpg

renkonanan2.jpg




ところで、阿南市では有名な「しいたけ侍」というブランドがあります。
キャラクターはしいたけの笠をかぶった侍なのですが、しいたけ侍のように肉厚でビッグサイズのものは、イシヅキも太く描きましょう。


来月からは「野菜2」で、11月12日(第2日曜日)は「大根・蕪・ラディッシュ・麦」
12月3日(第1日曜日)は「とうもろこし」です。


来月は第2日曜なので、お間違えのないようにお願いいたします。



タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 10:05| Comment(0) | 徳島阿南教室

2017年09月05日

阿南教室から「野菜1」

9月3日の徳島阿南教室も「野菜1」の前半、胡瓜・茄子・南瓜でした。

旬のお野菜ですし、ほとんど毎日見ている馴染みの野菜ばかりですが、絵にしたことはないかもしれませんね。

胡瓜、茄子(実の部分)は、直筆・側筆の正しい運筆で、一筆で描くことができます。

南瓜は三墨法を用い、輪郭線の味わいで南瓜らしさを強調します。
体験授業の「竹」で、きっちり三墨法の練習をしていただいたので
皆さんスムーズに描けていたように思います。

anan3.jpg


anan2.jpg


F6サイズに小作品を仕上げてくださった方も。

anan1.jpg


阿南では、ご自分で野菜を栽培している方も多いでしょう。
茄子や、胡瓜も、畑で育っている場面をスケッチしてみてください。
素敵な作品になると思います。


来月10月1日(第1日曜日)も「野菜1」の後半です。
しいたけ、唐辛子など簡単な野菜から攻めていきたいと思います。



anan4.jpg

タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 08:44| Comment(0) | 徳島阿南教室

2017年08月08日

徳島は台風でした

8月6日の徳島阿南教室は「鳥獣戯画」の模写でした。

ちょうど台風5号の影響を受けるのではないかと心配していましたが、無事に授業を終えることができました。
阿南はその日の夕方から徐々に雨が降り始め、翌日の7日は大荒れの天候で、1日ずれていたらアウトでした。


鳥獣戯画は京都栂尾山高山寺に伝わる国宝です。

京都の寺社仏閣等の貴重な文化財を保存・収集・研究・展示の役割を担っているのが京都国立博物館ですが、京博は今年2017年に開館120周年を迎えるそうです。
そして、その記念事業として今秋、特別展覧会『国宝』が企画されています。

ホームページの主な出品作品を見ると、残念ながら鳥獣戯画は掲載されていませんが、見逃せない作品群がラインナップされています。4期に渡り展示内容が変更されるようなので、おめあての作品が陳列されている時期をチェックしご観覧されてはいかがでしょうか。

kokuhou.jpg

来月は9月3日(第一日曜日)「野菜」です。
タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 23:39| Comment(0) | 徳島阿南教室

2017年07月28日

8月の徳島阿南教室

「暑い暑い、、(・´ω`・)」と言ってるうちにあっという間に7月もあと数日で終わり。
8月はもっと暑くなる、との予報なので、どうなることやら心配ですね。

ところで、徳島は関西地方のTV天気予報でも常に情報が出ていますが
南国のイメージはあれど、たいてい京都の気温の方が高いです。
阿南は海や川や山がすぐ近くにあり風が吹くので、京都より夏は凌ぎやすいかもしれません。

さて来月は8月6日(第1日曜日)で、京都夜間とおなじく「鳥獣戯画」の模写をします。

2014年京都、2015年東京、展覧会がかなり話題になったので図版や特集冊子をお持ちの方もいるでしょうか?持っている方は今一度本棚から引っ張り出して見てみてくださいね。


giga.gif


線画きの練習なので、面相筆か削用筆を使います。
硯と墨もご用意ください。




タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 11:13| Comment(0) | 徳島阿南教室

2017年07月05日

徳島阿南教室も今月から

7月2日(第1日曜日)は、徳島阿南教室の初授業でした。

徳島県阿南市は、私の生まれ故郷ですが
「徳島県」といえば。。。どんな印象をお持ちですか?

阿波踊り?四国八十八ヶ所?鳴門の渦潮? メジャーどころはこんなところでしょうか?

「阿南市」といえば。。。あまりご存知ないかもしれませんね。

今、一般家庭にもかなり浸透してきた「LED電球(発光ダイオード)」。
20世紀中の開発は難かしいとされていた青色LEDを開発し、世界を驚かせた「日亜化学工業」、実は阿南市に本社があります。

また、これもあまり知られていないかもしれませんが、竹林が多くタケノコの生産量も全国一です。
タケノコだけではなく、海の幸、山の幸に恵まれた、自然のお宝が満載の場所。
これから毎月美味しいものを食べに帰れるのが楽しみになりました。

ちなみに、、、、
週刊誌AERAの「全国の移住しやすい街」特集で、四国では唯一阿南市がランクインしたそうです。

https://www.iju-navi.soumu.go.jp/onl/tokushima/anan/



さて、前置きが長くなりましたが、「基礎」の授業ということで、いろいろな種類の和紙に「三墨法」はじめ、調墨の練習をしてみました。


kiso.jpg


kiso2.jpg


墨の量、水の加減などは、最初はコツがつかめないかもしれませんが
これからカリキュラムの画題を描いていくにつれ、習得できるようになります。

来月8月6日は「基礎パート2」として『鳥獣戯画』の模写をします。線描きの練習です。
できるだけ墨と硯をご準備ください。


タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 16:50| Comment(0) | 徳島阿南教室

2017年06月13日

徳島阿南教室がスタート

徳島阿南教室が、阿南市文化会館(夢ホール)工芸室で7月2日(日)からスタートします。

yumehole.jpg

徳島県阿南市はわたくし麻水の故郷です。
親しい友人から「ぜひ阿南でも水墨画教室を」と要請をいただき
6月10日に説明会&体験ワークショップを開催いたしました。

予想以上に多くの方々にお越しいただき、無事に教室を開設できることになりました。
地元ということもあり、様々な方々にご尽力を賜りましたこと、心より感謝致します。


さて、夜間教室と同じく、阿南教室も第1回目は「水墨画の基礎知識」から。

以下のものをご準備ください。

・白いお皿 2〜4枚・・・小と大があるといいです。一枚150円くらいで買えます。
・筆洗・・・組み立て式のプラスチック製のものでいいです。
・文鎮・・・学童用のものは安価で売っています。
・雑巾
・下敷き・・・白いもので、教室で使うには40×60pくらいの大きさがあれば大丈夫です。来月までに準備できない場合はお貸しします。
・硯・・・高価なものでなくとも構いません。ご自宅でお子様が使っていたお習字セットを探してみてください。硯や墨が眠っている可能性があります。

夢ホールから一番近い絵画用品店は「行雲堂」さん。チェックしてみてください。

※画仙紙は、ご用意します。
筆は、7月2日に授業で用具の説明を終えた後で注文を承ります。
すでにお手持ちの筆や道具がある方は、それをお持ちください。
何も持っていない方は、体験で使った筆をお貸しします。



それでは、新しく仲間に加わった京都烏丸夜間教室・徳島阿南教室をどうぞお見知りおき下さいませ。
よろしくお願い申し上げます。


タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 16:08| Comment(0) | 徳島阿南教室