2019年05月01日

5月の補講


先月から、画題をピックアップし、通常の教室のスケジュール外で、一定以上の人数が集まった場合に「補講」を開講しています。
参加は随時、申し込み制です。

4月は「建物のある風景」「びわ・栗」でした。

今月5月19日は「木・草」です。


24カリキュラムの後半には「山水画」が組み込まれています。
その最初のテーマとして、松、杉、雑木、季節感を表す描き方、etc、、、など風景画の中の樹木の描き方が紹介されています。


sansuitext.jpg


金曜日の夜間教室では山水はまだ1年ほど先、日曜日の教室は9ヶ月先になりますが、
来年の展覧会には風景画を描いてみたいという方もいると思うので
先行して履修したいという方はメールにてお申し込みください。


<定員あと2名>

5月19日(日) 13:00〜17:00
4階 会議室7

受講料は当日現金でお支払いください。


以上よろしくお願いいたします。


タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 12:19| 京都烏丸日曜教室

2019年04月30日

コラム


烏丸日曜教室に在籍している嘉本伊都子さんが、雑誌にコラムを掲載されたそうなのでご紹介します。
嘉本さんは京都女子大学現代社会学部教授で、専門は歴史社会学。

『逆欠如の日本生活文化ー日本にあるものが世界にあるかー』
『国際結婚の誕生ー<文明国日本>への道』
『国際結婚論!?』

など著書も多数。

雑誌は旅の文化研究所が発行している『まほら』の4月号で、京都特集になっています。

タイトルは「京女の嘘」

コラムの最後には、、、

「かんにん〜」が妄想を呼び覚ます街、京都
嘘か誠か、確かめにおいでやす。


とあります。


確かに。

私も高校を卒業して田舎から京都に引っ越してきた頃、京女(きょうおんな)の学校の友達が

「かんにん〜ハート️」

と言うのを聞いて、なにか呪文を唱えられたような、不思議な気持ちになったのを思い出しました(笑)。

興味のある方はチェックしてみてください。


『まほら』
■B5版 64ページ
■定価 580円 (本体537円)
■年4回発行(1月、4月、7月、10月)


kamoto.jpg


kamoto2.jpg




posted by MASUI at 11:34| 京都烏丸日曜教室

2019年04月29日

朝顔の葉の描きかた

GWの前半はどんよりと曇ったお天気が続いてますが
後半はいいお天気になりそうですね。

5月5日の徳島阿南教室は「朝顔」です。
葉の描きかたに特徴がありますが、椿の授業でさんざん練習した成果を、またここで発揮できます。
連休の締めくくりにぜひご参加ください。


natsunoshirabe.jpg


花は、岩滓を使った彩墨画が綺麗に見えます。
岩滓をご持参ください。



タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 20:06| 徳島阿南教室

2019年04月28日

4月日曜教室より「花菖蒲」


4月28日の烏丸日曜教室は「花菖蒲」でした。

shoubu1.jpg
※<竹紙>という、ややガサガサした感触の粗野な紙に描い他ので、仕上がりもラフなイメージになりました。



花菖蒲、燕子花、綾目など、人気の観光スポットに鑑賞しに行く機会はあっても、花の構造の細部までに目を向けることは少ないかもしれません。

わかっているようでも、実際描くと変なバランスになってしまい、うまく描けないということはよくあります。
もうすぐ花菖蒲の季節ですから、是非とも観察しに行ってみてください。


没骨法は、ちょっとした筆の角度、力加減如何で結果が変わってきます。

鈎勒法は技法としてはわかりやすいですが、これもまた、美しいバランスのものをスケッチするなどしてください。

shoubu2.jpg


shoubu3.jpg


shoubu4.jpg



来月5月26日(第4日曜日)は「いろいろな花を描く」の教科書から「椿」を練習します。
あらかじめ、ネットや図書館の花図鑑などで実物をチェックしておくと良いですね。








タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 19:01| 京都烏丸日曜教室

2019年04月26日

4月夜間教室より「朝顔」


4月26日の烏丸夜間教室は「朝顔」の前半で、花弁を鉤勒法と没骨法で描く練習をしました。

asago1.jpg


葉は、「いろいろな花を描く」のカリキュラムでずっと練習してきた運筆の応用でしたが、皆さんよく描けていました。

没骨法の花はとても苦戦していたみたいなので、連休中、時間のある方は練習してみてくださいね。

asago3.jpg

asago2.jpg

asago4.jpg


来月は予定通り第4金曜日5月24日です。
朝顔の後半で、抽象的な描き方を練習します。








タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 22:49| 京都烏丸夜間教室

2019年04月25日

若冲の掛け軸特別公開


伏見の石峰寺さんで開催中の伊藤若冲のお軸を拝見してきました。

若冲が晩年を過ごした石峰寺さんでは、春と秋の年2回、若冲の掛け軸を一般公開しています。
点数は7、8点と少なめですが、とにかく間近で拝見できるのが魅力です。

若冲がデザインしたという五百羅漢の石仏がある竹林は、昨年の台風被害でしばらく足を踏み入れることができなかったのですが、今年2月に復旧できたそうです。

竹林は綺麗に整備され、以前より全体的にすっきりとした印象になっていて、羅漢様が際立って見えてました。
(※五百羅漢は、写真の営利目的無断使用を避けるために撮影禁止)


4月28日(日)まで。
若冲の掛け軸は拝観と五百羅漢竹林入場料込みで1、000円。



sekihouji0.jpg


sekihouji1.jpg


sekihouji4.jpg


sekihouji2.jpg


sekihouji3.jpg


sekihouji5.jpg

木の枝のつるし柿は、鳥のために残してあるそうです。





posted by MASUI at 13:19| 京都烏丸日曜教室

2019年04月21日

G.W目前


ゴールデンウィークが目前です。
お勤めの方は10連休という方もいらしゃるでしょうか。
自営業、フリーランスは逆に連休中が忙しくなったりしますよね。


GW中に行ける、京都市内でのイベントを幾つかピックアップしてみましたので、よかったら参考にしてください。



『学んで伝える絵画のかきかた』

京都市学校歴史博物館  4月13日〜5月14日

京都の近代日本画における「絵画表現の学習」を振り返る企画展。
明治以降の画家たちの師弟関係に注目し、流派ごとに師匠と画家の作品を並べて展示しています。


kyoikurekishi2.jpg


kyoikurekishi1.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

石峰寺 春の伊藤若冲特別展示会

4月24日〜4月28日 9:00〜17:00

若冲のお墓がある伏見の石峰寺で、年に2度だけの特別公開です。
去年の台風被害で中止されていた、裏山の五百羅漢石仏の拝観も再開されています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第47回 和漢文房四寶展示即売会 主催 株式会社賛交社


みやこメッセ 4月27日(土)〜28日(日) 9:00〜17:00

墨・紙・筆・硯などの展示即売会
お買い得品、セール品多数あります。
メーカーさんも来ておられるので、お買い物する際はいろいろと質問してみるといいと思います。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『美を競う 肉筆浮世絵の世界』

京都文化博物館 4月27日(土) 〜6月9日(日)


国内でも有数の肉筆浮世絵コレクションを擁する、岐阜県高山市の光ミュージアム所蔵の珠玉の名品は今まで一挙公開される機会がなかったため、本展が初の大規模公開となります。、、、とのこと。


bunpaku.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


牡丹や藤はちょうど見頃でしょうかね。






タグ:展覧会
posted by MASUI at 15:42| トピックス

2019年04月20日

花菖蒲

4月28日の烏丸日曜教室は、「いろいろな花を描く』のテキストから「花菖蒲」の練習をします。

アヤメ科アヤメ属の植物は、ハナショウブの他にアヤメ、カキツバタ、シャガ、イチハツなどがあり、日本では9種、世界では150種が知られているそうです。

その中でもイチハツ(一初)は、一番先に咲くのでこの名がついてるのだとか。
京都市内では、上御霊神社、平野神社、得浄明院などで4月末ごろから咲き始めます。


ハナショウブ、カキツバタの見頃は例年G.Wを過ぎてからですが、渉成園ではもうカキツバタが咲いていました。

kakitsubata2.jpg


kakitsubata1.jpg




タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 23:29| 京都烏丸日曜教室

2019年04月19日

和の花「朝顔」


4月26日の烏丸夜間教室は「朝顔」です。

『いろいろな花を描く』のカリキュラムでは、花菖蒲・椿・紫陽花と
お馴染みの和の花を練習してきました。

今月の朝顔も和を代表する花です。
江戸時代には「朝顔ブーム」がおこったことがあり、園芸のみならず、絵画や浮世絵、着物や陶器など生活用品の図柄にもたくさん朝顔が描かれました。
水墨画のテーマとしても外せないモチーフです。

asagaohokusai.jpg
<葛飾北斎>


今月は、没骨法と鉤勒法での描き方を、来月は抽象的な表現を練習します。


タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 09:29| 京都烏丸夜間教室

2019年04月18日

5月のワークショップ


MASUI×GACCOH 水墨画ワークショップ 第五十三回
「円窓に描く・燕子花(かきつばた)」


kakitsubatacircle.jpg

五月は「円窓に描く」の第2弾で、ちょうどゴールデンウィーク頃が見頃の燕子花を描きます。

燕子花は2015年の琳派がテーマの年に取り上げて以来、4年ぶりです。
この機会にぜひご参加ください。


日時】2019年5月11日(土)

前半 12:30〜14:30
後半 15:00〜17:00
※前半、後半、ご希望の時間帯にご参加ください。



【会場】京都出町柳 GACCOH(京阪電車「出町柳駅」2番出口より徒歩5分)
【参加費】各回一般:2,500円 / 高校生以下:1,500円 
(材料費込み。道具もこちらでご用意しておりますので特に必要な道具はございません。)

参加ご希望の方は、こちら申し込み専用のサイトからチケットを購入してください。


gaccohmap.jpg


posted by MASUI at 18:07| GACCOHワークショップ