2018年06月04日

春燦々


「春燦々」 相国寺承天閣美術館で開催中の展覧会です。

harusansan.jpg


伊藤若冲「鳳凰図」・狩野松栄「水辺花鳥図屏風」
円山応挙「牡丹孔雀図」・呉春「竹図屏風」
長谷川等伯「竹林猿猴図屏風」などなど。。。

フライヤーの絵は円山応挙筆「薔薇文鳥図」。


水墨画による春。
花、鳥、虫たち、春の情景を描いた彩色画が楽しめます。

6月24日まで。
タグ:展覧会
posted by MASUI at 07:28| Comment(0) | トピックス

2018年06月03日

蟷螂生(かまきりしょうず)

 6月2日ののMASUI×GACCOH水墨画ワークショップのテーマは
「蟷螂生(かまきりしょうず)」

水墨画の画題として、野菜と昆虫はよく描かれる組み合わせです。

直筆、側筆の練習となるシンプルなモチーフとカマキリを構成して描いていただきました。

最近は前半と後半の2部構成にしていますが、後半は6名の参加者のうち4名がイスラエル出身の方でした。
イスラエルからの旅行者の方は3名でしたが、京大に留学している京都在住の方が偶然同じクラスに参加されたので、通訳もバッチリ。大変助かりました。有難うございました。

kamakiri2.jpg


kamakiri1.jpg

kamakiri3.jpg

kamakiri4.jpg


常連の小学3年生のS君はトウモロコシとカマキリだけにしぼり、余白を生かした印象的な作品に仕上げてくださいました。

kamakiri5.jpg



次回7月8日(日)は「温風至(あつかぜいたる)をテーマに。
7月は祇園祭もありますし、「夏祭り」をイメージして金魚を描きます。



posted by MASUI at 09:03| Comment(0) | GACCOHワークショップ

2018年06月01日

没骨法で描く梅


6月10日の徳島阿南教室は「紅梅」の練習をします。

redshidareplum.jpg


先月の白梅は線描きで表現しましたが、紅梅は没骨法で面描きします。
加えて、老木の幹の様相を表現する「たらしこみ」の説明もいたします。

plummoss.jpg


古木の苔は「花白緑」というミントグリーンの顔彩を使い「たらしこみ」します。

ドーサ液・顔彩をお持ちの方はご準備ください。

次回は第2日曜日の6月10日なので、お間違えのないようお願いします。



タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 15:12| Comment(0) | 徳島阿南教室

2018年05月29日

第18回 国際公募 国際墨画会展

第18回 国際公募 国際墨画会展のお知らせ

2018dm.jpg

【会期】2017年6月13日(水)〜6月25日(月)※火曜日休館
    10:00〜18:00
    (入場17:30まで。最終日入場15:30)

【会場】国立新美術館 3階-A 入場無料

【主催】一般社団法人 国際墨画会

【後援】外務省 文化庁 東京都 朝日新聞社
    フジサンケイビジネスアイ 国立中国美術学院
    中国西泠印社

会場内に水墨画の無料体験ができるコーナーがあります。

第11回のワークショップの様子です。
今年の画題は当日会場でご確認ください。



13:30〜14:15・14:30〜15:15(平日)
15:30〜16:15(土日のみ)
最終日は13:30からの1回のみ


毎年、低学年のお子様や海外からの旅行者の方など、幅広く楽しんでいただいています。

ぜひ、展覧会と一緒にワークショップもお楽しみください。




2018年05月28日

烏丸日曜教室より「建物のある風景」

5月27日の烏丸日曜教室は「建物のある風景」でした。

教科書では原爆ドームがお手本として掲載されており
まず線で建物のアウトラインを描いてから、面や質感を加え仕上げていく方法で練習しました。

建物を斜めに見たアングルで、両側に奥行き(消点)がある遠近法です。


dome2.jpg



まず最初に構図を決める時、空の広さや建物の位置を工夫することによって、絵の印象も変わります。

落款を押す位置は、「画中の気の流れを止めない位置」に。
例えば、川の流れの行き着く先や、鳥が飛んでいく方向をふさぐような位置に押すのは良くありません。
建物の場合は、建物が向いている方向、光が当たっている方向とは逆の「陰の側」に押すのが良いでしょう。
構図を考える時に、落款を押す位置も予め考慮しておくと安心です。

tatemono1.jpg


後半は、各自、スケッチをもとに描いていただきました。
時間切れで途中になってしまった方は、ぜひ自宅で仕上げてみてください。


dome1.jpg


tatemono2.jpg


tatemono4.jpg


tatemono3.jpg



来月、6月24日(第4日曜日)は「雪景色」の練習です。刷毛をご持参ください。
7月22日は、「自由な風景」です。
ここでもスケッチが必要なので、準備してください。






2018年05月26日

5月夜間教室より「紅梅」

5月25日の烏丸夜間教室は「紅梅」でした。

koubaiyakan1.jpg

最初は梅の枝振りのデザインを決めるのが大変難しいです。
お手本を見ながら練習する場合も、あらかじめ木炭で構図の当たりをつけてから、紙面に集中して描くと良いと思います。

古木感を表現するためには「たらしこみ」と言う、幹に独特のムラ模様を加える方法を用いることがあります。
これは俵屋宗達が考案したと言われており、琳派の絵師がよく使った技法で、墨の上に違う濃度の墨や絵の具を垂らします。

苔を表現するときは「花白緑」というミントグリーンの顔彩を使います。

koubaiyakan2.jpg


紙を買い求めるときは「ドーサ引き」を。
ぜひ練習してみてください。



タグ:水墨画教室
posted by MASUI at 13:03| Comment(0) | 京都烏丸夜間教室

2018年05月23日

芳春院


大徳寺塔頭芳春院で竹内浩一画伯の襖絵が公開中です。

竹内画伯は栖鳳の孫弟子にあたるお方なのだとか。
繊細で柔らかいタッチの水墨画を拝観することができます。

2018年5月19日(土)〜6月10日(日)

芳春院は加賀前田利家の夫人によって建立されました。
境内には京都四閣の一つ「呑湖閣」があるので、訪れたことがある方も多いでしょうね。

呑湖閣に至る打月橋が架かる山水の庭は小堀遠州作。
お天気のいい日に行かれると美しさ倍増かと。

ちなみに京都四閣とは金閣・銀閣・飛雲閣・呑胡閣のこと。


京都の特別拝観・一般公開
https://kyoto-design.jp/special/tokubetsuhaikan

境内は全て写真撮影禁止なので、看板だけ撮らせていただきました。

housyunin.jpg



posted by MASUI at 09:26| Comment(0) | トピックス

2018年05月20日

水墨画で建物のある風景を描く

5月27日(第4日曜日)の烏丸日曜教室は「建物のある風景」です。

前半で、テキストのお手本「原爆ドーム」を。
後半で、自分でスケッチをした「建物がある風景」を元に描きます。
建物は寺社仏閣に限りません。近代的な建造物でもいいです。


sketch.jpg

参拝客の多い有名観光地の寺院は、ほぼスケッチ禁止だと思われます。
私の経験や情報からすると、寺院の場所や規模によっては、事前に申請すると許可されるところもあります。
その場合も、絵の具を使わず鉛筆でのスケッチだけにして、イーゼルや椅子を設置し場所をとらないように。
とにかく参拝客や寺院の迷惑にならないようにすることが必須です。

授業には、スケッチと一緒に写真があればご持参ください。
紙はいつものお稽古サイズでも大丈夫ですが、一回り大きなF6サイズに描いてみたい方は、各自でご自由に準備してください。


以上よろしくお願いします。





タグ:水墨画教室

2018年05月18日

紅梅

烏丸夜間教室は先月の白梅に続き、5月25日(第4金曜日)は「紅梅」の描き方を紹介します。

白梅を描くときは、線だけで花弁を白のまま残しますが
紅梅は花弁を墨、または顔彩などで「面」で描きます。


redplum.jpg

写真は八重咲きの紅梅ですが、授業では五弁の梅の練習をします。



ちなみに、紅梅と白梅の違いは、、、、
枝を切ってみると、紅梅は断面がピンク色に染まっているそうです。

その画像はこちらhttps://grapee.jp/461084



posted by MASUI at 08:45| Comment(0) | 京都烏丸夜間教室

2018年05月15日

6月のワークショップ


MASUI×GACCOH 水墨画ワークショップ 第四十二回
「蟷螂生(かまきりしょうず)」


七十二候で6月5日頃、カマキリが卵からかえる初夏の頃のことを言います。

画題は野菜にカマキリ。
野菜と昆虫は非常にポピュラーな組み合わせです。

どちらかというとカマキリより野菜がメインなってしまいますが、数種類の野菜の描き方を紹介し、基本の直筆・側筆の練習をたくさんしていただく予定です。
野菜は単純な運筆のものを取り上げますので、非常にわかりやすい内容になると思います。

kamakiri.jpg


【日時】2018年6月2日(土)
 前半 12:30〜14:30
 後半 15:00〜17:00
【会場】京都出町柳 GACCOH(京阪電車「出町柳駅」2番出口より徒歩5分)
【参加費】一般:2,500円 / 高校生以下:1,500円 
(材料費込み。道具もこちらでご用意しております。)

参加ご希望の方は、こちら申し込み専用のサイトからチケットを購入してください。


gaccohmap.jpg


posted by MASUI at 09:14| Comment(0) | GACCOHワークショップ